スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /剣道一筋の起業家が作る学習サポートツール「Funcoding corp」
インタビュー 2018.05.25

剣道一筋の起業家が作る学習サポートツール「Funcoding corp」

代表取締役 奥園哲行

2011年 早稲田大学 卒業2011年 ソフトバンクモバイル株式会社 入社2012年 株式会社ディバータ 入社2014年 ディテクター株式会社(現 株式会社ファンコーディング) 設立現在に至る

Previous

学習を学習するスマートノートリスト「Stock」

2018年度の国内e-ラーニング市場は堅調推移を重ね、2070億円付近に到達する見通しである。BtoC市場はその全体の60%を占めており、1400億円に達するといわれている。しかし、業界で流行の学習形態は基本的に専門知識や必要としている項目のみに特化している。時代の流れにあえて逆らう、知識に知識を重ねる芋づる式学習をAIによって自動推薦する「Stock」がローンチされた。

一言でいうと「人のスキルアップ、知識向上を助けるサービス」です。Stock は通常の学習とは異なり、周辺知識を多く取り込める振れ幅の多い学習をおこなえるのが特徴です。

「Stock」は「スマートノートリスト」と呼ばれており、単語をノート入力するだけでAIが自動的に関連する単語を提案してくれるという。

何かを勉強していて新しい単語に出会った時、それを調べて新しい知識を得る。Stockはその体験を自動化するサービスだという。

「Stock」は一見普通のノートアプリですが、ノートの内容をAIが学習し、次に学ぶべき単語を提案してくれるようになっています。多くの学習ソフトは必要としている項目しか表示されません。しかし、学習においては記憶の定着という観点でも周辺学習の方がより有意義と言われています。

ユーザーは主にアカデミックなエンジニアや博士課程などの、多くの周辺知識を必要としている方たちが多いです。どちらかという集中的に学習をするというよりも、幅広く学習をしたいユーザーに好まれます。 

実際に単語を登録している画面だ。上記の事例では「ペイズ理論」という単語をメモすることにより、下の「ニューラルネットワーク」と「連鎖率」が自動で紐付けられている。

競合サービスについてきいた

書く、調べる、届く、「Stock」ではこの3拍子をテーマとしています。従来型のサービスは書く、調べるまでを手助けしますが、我々はその一歩先「届く」という部分に独自性を持たせています。

我々の特徴としてはその類似語検索のギミックにあります。機械学習を用いて単語と単語の関連性を紐付けることにより、より幅広い知見を広げるシーンで役に立ちます。通常の学習では目的としているモノに対してですが、我々は知識向上を目的としています。必要ないと思われていたことでも、役に立つものは多く、無駄にはなりません。

学習を試みるユーザーはなにを調べればいいかわからないことが多い。そこを一つの単語によって連鎖的に他の単語を見出すしくみは多くの学習意欲の高いユーザーを助けるだろう。

人々の知識やスキルの向上を助けたい

なぜ創業したのかをきいた。

僕は23年剣道を続けてきました。精力的に続けていたこともあってか、今は海外からの依頼も増えてきました。
そこで気が付いたのですが、海外の剣道レッスン、形こそは上手くできていますが細かい部分で見るとかなり抜けもれが多いのに気が付きました。たとえば素振りの部分、ぱっとみよくできているが振るスピードや間隔もみんなバラバラです。
日本ではこういう感覚的な部分は先生のマネをすればできますが、海外から修行にきた方はそう長く滞在することもできません。学習において定量的な部分を、上手に間違いなく伝えるのは長らく課題とされてきました。

細かい技術を伝えられないのは他の学習でも同じです。僕はそういった学習の部分で人の手助けになれるようにサービスづくりをしてきました。上で話した「Stock」も、最近準備している学習特化型ウエアラブルサービスも学習の役に立ちたい、その思いが根底にあります。

その根底にあるのは、人々の学習を助けたいという思いだ。

剣道×iotの「スマート木刀Swing」を開発中

将来の展望を聞いた。

将来的には人の知識レベル全体を向上できるようにしたいと思っています。「stock」だけでなく、学習特化型ウエアラブルの開発研究も進めています。今は剣道に特化をしており、素振りの回数測定を行っていますが、今後は素振りの角度、間隔などを個人で測定・修正できるようにします。
デバイスに最適な人物データを学習させることによって、憧れの選手などの動きを個人で再現。距離時間関係なく、まるで目の前にプロがいるかのごとく練習をすることができるようになります。そうすることによって、世界全体の知識やスポーツなどのレベルの底上げが行えるようになります。

「Stock」のみならず、新商品である「スマート木刀Swing」も非常に楽しみである。Funcodingのこれからに期待だ。

Funcodingを知る

編集後記

取材担当中山

剣道家23年?のエンジニアさんの会社です。皆さん連絡が届かないときは、ポーランドで剣道を教えてるらしい。本当に魅力的な背景をもっている社長さんです!

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

転職理由は本音で話すべき?638人に聞いたアンケートを元に解説!

22年卒予定の学生に聞いた「就職活動中での企業の採用選考時の対応に関する意識調査」就活中、企業の対応によって志望度が上がった経験のある人が70%強 ~半数以上が「下がった経験がある」と回答。企業と学生が対等に選びあう時代に~

26の大学発ベンチャーのタネを一挙公開!京阪神スタートアップアカデミア・コアリション【KSAC】 Demo Day 2022開催!

「GET IN THE RING OSAKA 2021 -Sustainable Business-」優勝企業が決定。世界大会への挑戦権を獲得!

Job総研『2021年ニュースランキング』調査を実施

採用管理システム「sonar ATS」、対話型AI面接サービス「SHaiN」とAPI連携を開始 ~「SHaiN」の面接情報を「sonar ATS」で確認・管理が可能に~

音声SNS「Wacha」で、”人肌感がありながら、 自分を自由に表現できる世界”を創る。 〜Coeto創業ストーリー〜

IoT、ロボット、各種アプリなど情報通信分野に絞ったピッチイベント「ミライノピッチ2021」受賞者決定!

M&A総合研究所が上場企業M&A動向レポート【2021年10月版】を発表 。建築・土木業、IT・ソフトウェア業のM&Aが大幅に増加〜

採用管理システム「sonar ATS」、タクシーCMを放送開始 ~「頑張るだけじゃ、良い人材は採用できない」採用現場の現状と「採用業務のデジタル化」の重要性を表現~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK