スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /元大手ITの人事担当が描く友達が仕事を紹介してくれる世界「YOUTRUST」
インタビュー 2018.07.11

元大手ITの人事担当が描く友達が仕事を紹介してくれる世界「YOUTRUST」

岩崎由夏

大阪大学理学部を卒業後、2012年に株式会社ディー・エヌ・エーに新卒入社。1年目より新卒採用、中途採用、経営管理を4年経験。その後、株式会社ペロリに出向し経営企画を担当。2017年12月に株式会社YOUTRUSTを設立。現在は取締役のエンジニアと副業のエンジニア、デザイナと4名で「YOUTRUST」を運営。

Previous

信頼のできる友達が仕事を紹介してくれる「YOUTRUST」

まだまだ売り手市場が続く中、人材紹介の市場規模は3000億を超えている。人々の転職に対して、さまざまな手段で支援を試みようとしている。しかし、ユーザーにとって満足のいく転職は、信頼できる人からの紹介ではないか。既存の転職システムに反旗を翻す、友達による転職紹介に挑戦する「YOUTRUST」に直撃した。

友達の転職・副業意欲が見える「YOUTRUST」

 

一言で言うと「友達の転職・副業意欲が見える」サービスです。YOUTRUSTは、facebookと連携をしており、facebookフレンドが友達候補としてYOUTRUSTにでてきます。YOUTRUST内で友人とつながると、お互いの転職・副業意欲を閲覧することができます。

サービスの概要を聞いた

一つは自分の転職・副業意向をYOUTRUST内で公開です。転職・副業意欲などを登録することにより、自分の友人や更にその友人のリクルーターからオファーを受けることができます。

更に、通常アカウントでも採用は可能ですが、採用向けの特別なリクルーターアカウントとして登録することもできます。通常、YOUTRUST内では、自分の友人までしか閲覧できませんが、リクルーターは友達の友達までその転職・副業意向を閲覧しスカウトすることができます。まったく知らない人と転職の相談をするより、何かしらつながりを持っている人の方がうれしいじゃないですか。

競合サービスについて聞いた。

尊敬しているサービスはWantedlyさん、ビズリーチさん、やはり情報量がかなり豊富ですよね。私たちはちょっと違う視点で、「本人の意欲」という点に着目しました。あくまでも転職・副業意欲を確認できるというのが強みですね。また、友人関係が肝になりますので、そこの信頼というポイントも大事。スキル要件のみを重視した採用ではなく、友人の紹介という信頼ありきの転職に。そんなサービスを作りたいです。

職業の内容や、案件ありきではなく、友人の信頼がカギのサービスのようだ

人事だからわかる、転職における課題を解決する

サービスを立ち上げた経緯について聞いた。

前職はDeNAにいました。まさかの新卒からいきなり人事をやらせてもらいました。担当は中途採用、日程調整からリクルーター、採用計画策定、予算管理まですべてやらせていただきました。

その頃から転職市場の仕組みに疑問を持っていました。転職はエージェントさんに頼ることも多いですよね。その場合、誰が悪いという話では一切なくそういうビジネスモデルなので仕方ないのですが、紹介フィーを高く提示した会社が優遇されることが多いです。紹介フィーって一人あたり200万円とかするんです。前職のような大きな会社からすると払える金額なのですが、これから伸びるスタートアップからするとあまりにも高い。求職者にとっても、そういう理由で大きな会社だけ紹介されたりするのって、本当にキャリアや人生に関係があるのかずっと疑問に思っていました。

また、紹介される方も自分の個性などを加味されて紹介されているわけでもありません。どちらかというと履歴書・経歴書という書類をベースにその人のスキルと企業の求めるスキルをマッチングされていました。本当にこれがあるべき姿なのかと違和感を感じていました。

そこからは本当に自然な流れで気がつくと起業していた、という感じです。むしろ当初は普通に転職活動をしていました(笑)。ずっとバックオフィスの人間だったので自分がサービス作りをするという考えが全くなく「転職市場をなんとかしたい」という思いだけだったのですが、前職からお世話になっていた先輩起業家に相談させていただいたところ「事業を作れば解決できるかもしれないよ」と背中を押していただいき、独立を決意しました。

個人の信用情報が可視化される世界に

将来の展望を聞いた。

私たちが作ろうとしているのは、仕事探しのプラットフォーム。その先に見える世界は信用情報の可視化だと思っています。転職をする人、したい人、紹介をする人、みなさんが使えば使うほど、実績が信用となります。それを見える化していくのが次のミッションです。信頼社会を構築し、もっとエモい(感情的な)業界にしていきたいですね。「誰から信頼されているか」という事実は、その人の実績です。自分で書くプロフィールより、もっと安心感があるかなと思っています

やっぱり現状の業界には、思うところが多くあります。本人の実力や努力とは関係ないところでキャリアが誘導される実態は正直違和感を感じることもあります。そういう本人の実力や努力と関係ないものに左右されない、個人の信用がものを言う世界にしていきたいです。

現在の転職市場の仕組みそのものを作りかえる、友人の紹介ベースの転職サービス「YOUTRUST」は旋風を巻き起こすのか。

YOUTRUSTを試す

編集後記

取材担当中山

素敵なお姉さま。話し出すとすごく理論的な方でした。サービス自体は今まであった、「いい企業あるんだけど、話きく」と友人から話を受けるのをサービス化したイメージですね。実際見えないですもんね、「友達の転職意欲」

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

敬老の日を前に、高齢者の電話詐欺被害防止を考える! グローバルデータベースを持つ 迷惑電話対策アプリ「 Whoscall 」が伝える 詐欺電話 被害 状況 と防止策

スマートロッカーによるラストワンマイル物流改革ソリューション「ECD (Easy Collect & Drop)」inアフリカ

「ものづくり」を包括的に支援するGood Thingsのサービス

株式会社Merが、世界大手CRMサービス企業Pipedriveの日本国内のおけるマスターパートナーに就任

「まるで現実でコミュニケーションをとっているような感覚が味わえるバーチャルスペース「Ovice(オヴィス)」ーー株式会社NIMARU TECHNOLOGY」

お店に着くと、できたての料理をすぐに食べることができるサービス「SmartDish(スマートディッシュ)」

スタートアップを考える起業家が専門家と無料で相談できる「カベウチ」、モック版をリリース

未上場企業の株主総会が最短1日で完結!「FUNDOOR」の新機能”オンライン株主総会”をローンチ!!

社会人向けOB訪問サービス「CREEDO」が、オンライン社員訪問を通じた無料の採用支援ツールを発表!

アフターコロナ時代の非対面営業ツール『TANOMU』ーー株式会社タノム

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK