スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /VR×e-sportsという新たなジャンルに挑む、ActEvolve社はe-sports業界に革命をもたらすのか
インタビュー 2018.08.01

VR×e-sportsという新たなジャンルに挑む、ActEvolve社はe-sports業界に革命をもたらすのか

加藤 卓也

Cluster.の加藤さんと間違えられがち。 XRコンテンツスタートアップCEO←カプコン企画←スポーツチャンバラアジア王者

Previous

次世代の技術で、新しいゲームの形を創造する「ActEvolve」

先端技術として期待されているVRと近年海外で盛り上がりを見せるe-sportsは両者ともに、業界人が注目をするジャンルである。現在の技術面では両者に交わりはないが、XR技術とゲーム競技は親和性が高いともいえる。XR×e-sportsを開発するスタートアップ「actevolve」が織りなす世界観とは。

VR×e-sportsのactevolve社のファーストタイトル「Blitz Freak」

一言でいうと「次世代の機器で新しいコンテンツを模索する」会社です。今回リリースした「Blitz Freak」は僕らの代表作ともいえます。e-sportsのゲーム性、競技性を上手に取り入れたVRゲームです。

サービスの概要を聞いた

実はVRのゲームって制作するのも実装するのも大変なんですが、ユーザー側にフィットをさせづらいのも課題なんです。一番わかりやすいのが、3D酔いです。VRってやっぱり画面がぐるぐる回るので酔いやすい。なので多くのゲームはワープで移動します。しかし、e-sportsである以上、ワープ移動は外から見てて全く面白くないんです。

僕らのゲームは自由移動の上に酔わない。そういった工夫がされているゲームなんです。

一般的な自由移動といわれると、より酔いやすいイメージだが、これは驚きだ。

やはり、日本ですごく売れるというイメージは持っていません。やっぱりVRが浸透するのは時間がかかりますしね。僕らの商品は主に、VRが定着しつつある韓国での販売を予定しています。韓国人は今カラオケをするような感覚でVRゲームをしにいきます。様々な業態のお店が、お店の一部をVR空間にする事業を進めています。そこに積極的に導入していきたいですね。

展開はあくまでも、韓国の若者対象に展開するという。

競合サービスについて聞いた。

e-sportsというジャンルでいうと、僕らみたいにVRゲームを作っているメーカーは少ないですね。ただ僕らの立ち位置は1メーカーではありません。フォーカスしたいのは新しい形のe-sportsゲームを作ること。研究開発プラスメーカーのような立ち位置でいうと競合は大手ゲームメーカーといえますね。

元大手ゲーム会社、スポーツ用品の開発を得てたどり着いた

サービスを立ち上げた経緯について聞いた。

前職は、カプコンにいました。ここでは言えませんが、さまざまなタイトルにかかわってきましたね(笑)みなさんが知っている有名なタイトルの開発もしてきました。

その中で、モンハンを狂ったようにやっていた同期もいたんですけど、僕はあまりゲーム自体が好きじゃなかったんですよね。どちらかというとスポーツが好きで、人々が熱狂するものに興味がありました。3年目で独立を決意して、最初はスポーツ用品なんかを自社で作っていました。1ヶ月位で撤退しました。

e-sporstとXRに興味を持った理由なんですが、大きな世界観は自分でももっているし、未来的なスポーツはそのうち来るだろうとは常々思っていました。新しい技術でその中でも全人類に行き渡る可能性があるものと考えたときに、VR、ARコンテンツだなと思いました。

現在の技術を駆使して、人々に受け入れられやすい未来を作るつもりだという。

スポーツでもゲームでもイケてない、そんな人に新しい選択を作りたい

将来の展望を聞いた。

作りたい世界観はSAO(ソードアートオンライン)のような、まるで現実世界のようなゲーム世界を作りたいです。僕らが作る世界観って、たぶん普通のゲームでも一流じゃない、現実世界のスポーツでも一流じゃないけど、この世界のこの競技ならだれにも負けないというプレイヤーが生まれる世界です。

勿論一般のユーザーにも楽しんでほしいんですけど、競技としても成り立つようなサービスづくりをしていきたいと思っています。「Blitz Freak」はあくまでも第一段、ドンドン新しいものを作っていきますよ!

VR×e-sports、業界に更なる盛り上がりをもたらそうとする「ActEvolve」を引き続き追っていきたい。

ActEvolveに参加してみたい

編集後記

取材担当中山

取材の最初はめっちゃテンションの低かった加藤さん、僕がe-sportsプレイヤーだということを明かしたら、一気にテンションが上がりました。基本e-sportsサービスをやろうとする人ってあまり興味がない人が多いんですけどね(偏見かも)加藤さんからは確かに愛を感じました。応援してます

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

誇りまみれで世界を変える2月1日、「おそうじ革命」がリブランディングをスタート!

関西圏の12大学の頂点を決めるピッチコンテスト【KANSAI STUDENTS PITCH Grand Prix 2022】開催!

スマートホームオフィスブランド『PAXTON』働く人のために開発された「仕事用ゲーミングチェア」を発売!

採用管理システム「sonar ATS」、12,000 社以上の導入実績を誇る 適性検査「CUBIC for WEB」と API の本格連携を開始

Job総研『2022年 バレンタイン実態調査』を実施

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【関西の若手起業家向け】IPO経験者に聞く、事業成長に向けた本気の少人数トーク会参加者募集のご案内

採用管理システム「sonar ATS」、Web 面接・録画面接システム 「インタビューメーカー」の「録画面接機能」との API 連携が決定

キャリア相談・転職エージェント最前線の3人が語る 「ワーママ転職成功のカギ」 2/24(木)21:30~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK