スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /100万人の機械学習コミュニティを目指す「Team AI」
インタビュー 2018.08.28

100万人の機械学習コミュニティを目指す「Team AI」

石井 大輔

株式会社ジェニオ代表取締役。 1975年岡山県生まれ。京都大学卒業後、1998年伊藤忠商事に入社し繊維カンパニーでPaulSmith等を担当。ロンドン、ミラノでの駐在を経て、2011年ジェニオを創業。2015年、シリコンバレーの起業家育成組織OneTractionの指導のもと米国で事業推進。2016年、人工知能(AI)に特化した人材紹介 & 受託開発のTeam AIを立ち上げる。FinTech、医療など産業別のデータ分析ハッカソンやAI研究会を毎週渋谷で開催し、オープンイノベーションコミュニティ会員3000人を形成。メディアAI NOWの”人工知能業界著名人Twitter10選”として選出。

Previous

AIエンジニアに特化した人材紹介サービス「Team AI」

AI業界の市場規模は年率140%の成長が見込まれ、今後2兆円に到達しようとしている。近年の日本の課題である労働力不足は、ここのジャンルにも影響を与えているようだ。市場規模の増加に伴い労働先が増える一方、AIの研究開発を行えるエンジニアの数は少ない。国家としての課題でもある労働力不足をコミュニティづくりによる人材育成を試みる「Team AI」が解決するつもりだ。

100万人の機械学習コミュニティを目指す「Team AI」

一言でいうと「AIエンジニアに特化した人材紹介」をやっています。僕らが作っているのはAIの研究家コミュニティ。参加してくれた人には教育コンテンツを無料で提供。その就職先などもサポートするのが特徴です。

僕らが目指すのは100万人のAIエンジニアを育成できるコミュニティです。開始したのは約2年前、今は毎日イベントと定期的なハッカソンなどを行いコミュニティの維持と拡大を目指しています。専門家を呼んでLTや充実したAI教材が僕らのコミュニティの売りです。参加していただけるとAIに関する知識だけではなく、就職先の支援もしています。

渋谷で毎日イベントをやっているようだ。

利用するユーザーについてきいた。

コミュニティの参加者としては、修士課程が7割博士が1割と大学院卒の方が多いですね。

参加企業側はAIのエンジニアを採用したい企業が多いですね。大企業や研究所などがほとんどです。

大学院卒の参加者が全体の8割を占めているという。

競合サービスについて聞いた。

競合はいますが、僕らがやっているのはあくまでも教育がメイン。なので中々みなさん離れないでいただいているのが印象ですね。研究会にも特化していて、大事にコミュニティを育てています。転職がうまくいかなかったらまた戻ってきてくれる、そんな農耕型のコミュニティづくり、人材紹介を行っています。

伊藤忠商事、シリコンバレーを経験しAIに興味を持つ

サービスを立ち上げた経緯について聞いた。

僕は元々京都大学で数学を研究、その後伊藤忠商事に就職して知的財産などの新規事業をやっていました。担当していたエリアが欧米ということもあって、LAに行くこともあったんですね。そこでシリコンバレーのITのすごさを目の当たりにしました。当時はゴリゴリの日系企業だったので、全く違う世界でしたね。憧れありきで、会社をやめアメリカに移住しました。

シリコンバレーで仕事をしていましたが、向こうってすごくミートアップが盛んでそこに参加してAIに興味を持ち始めました。ミートアップってすごく役にたつんですよ、情報がたくさん手に入りますし、技術ベースになるとどれが最新か一人ではわからなくなりますからね。これを日本でもやりたいと思い、帰国して創業しました。

シリコンバレーにあこがれて、移住したのが創業の原点のようだ。

技術に投資をして、ビジネスとして結果を出す

将来の展望を聞いた。

現在僕らはコミュニティ5000人までいきました。国内でAIエンジニアが5000人いるのは僕ら「Team AI」だけです。これをリアルイベントだけで、10万人規模にしていきたいですね。また、海外の優秀な人材も入れたいと思っています。やはりミートアップですので、人種も国籍も関係ないですよね。

今AIの人材紹介のニーズはすごく高いんですね、なので自社AI製品も販売したいと思っています。(HR領域)

100万人のコミュニティを目指す「Team AI」は今後日本のエンジニア不足問題を解決できるのか。彼らの努力がAI領域において日本に利益をもたらすのは間違いない。応援している。

Team AIが気になって仕方ない

編集後記

取材担当中山

ジェニオの石井さんでした(記事中社名出てこなかったですね笑)シリコンバレー経験っていうのは本当にかっこいいです。いつかじっくり話を聞いてみたい。中山もシリコンバレーいきたい!

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

サービスリリースから2ヶ月で3,000店舗以上の契約達成!各店舗のGoogleマイビジネスやSNSアカウントを一括管理できるサービス「Canly(カンリー)」ーー株式会社Leretto

対話力を磨くクラウド・トレーニング・システム「Reflectle(リフレクトル)」を使って質の高い人材育成を実現するーーCo-Growth株式会社

挑戦者たちが『変化』する機会を提供するカベウチが、アイディアソンを開催

SDGs×AIで未来の地球環境をより良くする会社『Recursive(リカーシブ)』

東京都運営アクセラレーターASAC 10期 Demo Day 大賞は「子ども一人ひとりが本来もつ異才を発見し、未来の可能性を伸ばすラーニング体験を全国へ届けるEdtech」のGo Visions

「教えない教育」で次世代のエジソンを育みたい!失敗と挑戦が許容された子どものための仮想都市「ぎふマーブルタウン(こどものまち)」一般社団法人Nancy

最短5分で即戦力エンジニアを紹介!驚くほど候補者が集まる「クイックエージェント」ーー株式会社ポテパン

HP制作の困りごとをプロが無料で解決!”初心者でも失敗しない”が叶うサービス「Web幹事」ーー株式会社ユーティル

質の高いカウンセリングで肌質と悩みに合ったスキンケア商品を提案するサービス「AI美容部員」ーーエーアイエージェント株式会社

データの統合・分析・施策実行でマーケターとDXを実現するーー株式会社シンカー

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK