スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /Qast-法人向け、社内版知恵袋でスムーズな情報共有を
インタビュー 2018.11.14

Qast-法人向け、社内版知恵袋でスムーズな情報共有を

吉田 和史

福岡県出身。西南学院大学を卒業後、広告代理店に勤務。 その後、株式会社アイモバイルにてアドネットワークのメディア営業を行う。 オウンドメディアの立ち上げや、新規広告フォーマットの開発にも携わり、 2014年にグッディア株式会社にジョイン。カジュアルゲームアプリの企画・マーケティング・マネタイズを担当し、数百のアプリをリリース。 2016年にany株式会社を創業し、現在は法人向けSaaS「Qast」を運営中。

Previous

社内版知恵袋「Qast」

社内のナレッジ共有がいまだに属人的である。これは多くの法人が抱える問題の一つだ。社内版知恵袋サービス「Qast」を展開するany株式会社はこの課題解決に挑む。

「Qast」は一言でいうと「社内版知恵袋」のようなサービスです。ナレッジマネジメントのツールであり、質問に回答する事で社内のナレッジが蓄積されていく仕組みです。最近はメモ機能も追加され、自発的にナレッジを共有する事も可能です。

誰でも簡単に質問でき、回答をすることができる。蓄積された質問&回答は社内のナレッジとしていつでも検索できるようになる。

匿名での質問が可能になっており、役職階級を無視した課題解決ができる。

メモシステムにより、自発的にナレッジ共有もできるという。

現在はIT業界を中心に、120社の企業様にご利用いただいています。既にツールを導入していてもうまく活用されていなかった企業様が、Qastを使ってみると投稿が増えるようになった、というフィードバックをいただけているのは本当に嬉しいです。

Anything is possible.いろんなことにチャレンジをしていきたい。

起業の経緯について聞いた。

最初はサッカーのWebメディアをやっていました。自分の強みを活かしていろんなことにチャレンジをしたいと思って作ったのがこのanyという会社。起業したての頃は食べていくのが精一杯でしたが、それではダメだと思い、世の中の課題を解決するサービスをゼロから作ろうと思ったのがQastを始めたきっかけでした。

Qastをきっかけに、法人向けに役立つツールを作っていきたい。

将来の展望を聞いた。

Qastの語源は「Q&Aをストック」すること。まずは社内のQ&AをQastに集約し、わからない事があれば「Qastで検索すれば解決できる」という状態を目指してプロダクトを磨いていきたいと思います。世の中のあらゆる情報が検索可能である中で、社内の情報はまだまだ検索できない事が多い。ここを本質的に解決できるプロダクトを目指します。

法人に役立つサービスを作る、anyの今後を引き続き追っていきたい。

Qastを知る

編集後記

取材担当中山

anyの吉田さんでした!

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

米調査会社Startup Genome発行「The Global Startup Ecosystem Report 2022」に大阪が掲載

Job総研『転職と年収に関する実態調査』を実施

フルカイテン、事業拡大を見据えたオフィス移転と採用強化のお知らせ事業成長には社員が「幸せ」を感じることが必要不可欠

AIによる表情解析などを手掛ける「リモートウェル」、総額約2.4億円の資金調達を実施 ビデオ接客ツールのユーザー拡大とAI解析に関する開発を加速

支援対象者決定!令和4年度「スタートアップ・イニシャルプログラムOSAKA(SIO)」

Job総研『2022年 転職年齢に関する意識調査』を実施

sonar ATS主催、第二回「採用あるある川柳2022」 応募総数900句から大賞作品決定! 【大賞:本当は 自分も悩む キャリアプラン】 佳作5作品ほか受賞作品も発表。今と未来の採用市場が垣間見える川柳が多数

Job総研『2022年 夏ボーナス実態調査』を実施

Repro、カスタマージャーニーに沿った コミュニケーションを実現する シナリオ機能(β版)の提供を開始

「すべての人に、ロボットの応援を。」  一般社団法人 ロボット応援団設立のお知らせ

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK