スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ インタビュー /AIが遠隔で複業したい世界中のIT人材と日本企業をつなげる「SPOTECH」(スポテック)
インタビュー 2019.02.19

AIが遠隔で複業したい世界中のIT人材と日本企業をつなげる「SPOTECH」(スポテック)

三好 真

大学入学前にジャニーズやナベプロへ所属した事が人生の転換点に、芸能の幅を広げる為に大学受験を決意。全教科偏差値38以下から2ヶ月で全国模試の部門1位へ、そこから慶應大へ入学。入学後は国際会議出席や0→1で「ヒルカツ」を代表として創業、早期売却を経験。また、ビジコンで入賞した約500万円を基に「Webtest.jp」を営業統括者として買収。卒業後はデロイトのタイ支社で新規事業を立ち上げ、その後はGlobal Startup DB「TechHarbor」の企画責任者としてクロスボーダー案件に従事。退社後、父親の仕事を手伝う傍、フリーランスとしてSPOTECHの初期投資家の事業推進に従事。COO渋谷氏の働き方をAIで代替する案を思い付き、上記投資家や渋谷氏と共にSPOTECHを創業。

Previous

世界中のIT人材を、スポットタイムでAIがマッチングする「SPOTECH」(スポテック)

IT業界では様々なプロジェクトがある。そのプロジェクトをこなすために社員は存在しているが、必ずしも常駐の社員がいるからプロジェクトが上手くいくわけではない。副業や複業が騒がれている中、スポット単位での仕事を産み出すサービスがグローバル領域でiOSアプリをローンチした。スポット単位でIT人材をマッチングする「SPOTECH」だ。

「SPOTECH」は一言でいうと「世界中のIT人材と依頼者をスポットタイムでAIがマッチングする」サービスです。私達はWEBサービスとiOS/Androidでのローンチを予定しています。IT業務の依頼者と業務遂行者をマッチングするのが大まかな仕組みです。サービス内にはトピックがあり、そのトピック単位で仕事を発注します。サービス登録者は自分のスキルに見合った案件が推奨され、AIによりマッチングされるという仕組みです。

サービスに登録するIT人材は現在4種類。言語障壁が一番低いエンジニアからデザイナー、マーケター、セールスまで。彼らはエキスパートと呼ばれ、審査を通過した高スキルセットを伴うという。

発注側はIT関連の日系企業や、海外企業。業務遂行に必須なスキルや必須言語を指定することができ、AIによるマッチングで誤差を回避できる仕組みだ。

私達のサービスは世界中の海外人材と日系企業や海外企業をマッチングさせるサービス。そこにはどうしても言語の障壁が存在します。その部分を解消する機能により、できるだけ誤差がないようマッチングをさせて頂きます。

またスタート段階では、受注者は自己評価をしますが初回業務完了後は他者からの評価で個人与信を積み立てていきます。より個人与信の高い受注者はより高報酬かつ多数の仕事を受けられる仕組みですね。

元ナベプロから起業家へ、起業の道を諦められなかった。

起業の経緯について聞いた。

実はこのアイデア2018年の8月に生まれたんです。すごく最近ですよね。私の人生を少しお話しします。私は慶應大学に入学する前、高校ではジャニーズ事務所、高校卒業後はナベプロに所属する俳優でした。その後、学生起業でサービスを立ち上げてイグジットや企業買収を経験、起業の道を学生時代で一度終了しました。

大学卒業後は新卒でデロイトに、その後すぐにタイで自動車大手メーカーの新規事業立ち上げを上司不在の中、2人で成功させました。海外での就業経験を経て、スタートアップの道に。間にフリーランサーを挟んだりと色々やってみました。気がつけば起業に対してまた夢を持ち始めました。そこからはすごく早く、昨年8月に独立。今のサービスを立ち上げました。

僕らは一生自社オフィスを持たない、スポットで世界中のメンバーが働く会社になります。

将来の展望を聞いた。

SPOTECHはスポットとTECHを掛け合わせた言葉。僕らがやりたいのは業務レベルでを世界中の案件をスポット解決したいと思っています。スポット業務を成果報酬型で行えれば、時給制というITにそぐわない働き方を解消できると思っています。

ITの流れから今後AIは必ず来ます。なので2020年からは人的リソースを最適化するプラットフォームを作っていきたいと思っています。

またスポット業務を推進する企業な為、私達は一生自社オフィスを持ちません。当然今のサービスもスポット単位、CEO以外が全員複業者の中でコーディング、COOの渋谷悠佑のディレクションにより作り上げました。

ITの働き方を再定義する、新進気鋭のスタートアップ「SPOTECH」は今年注目にあたる一社だ。

SPOTECHを知る

編集後記

取材担当中山

2/5リリースされました、SPOTECH。CEOはなんと以前俳優をやっていた三好さん。イケメンで起業家ってもう凄すぎて何も言えないです。

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

「AI.Accelerator」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

日本から中国の大学生をサポート。Jicooが時差があるオンライン面談の日程調整を効率化!

忙しいビジネスパーソンの味方! 会員数15,000人突破の日程調整サービス「スケコン」を運営する

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK