スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /「東京に、家を持とう。」のオープンハウス事例:米国不動産の新規事業を支えたカギ
ニュース 2019.06.01

「東京に、家を持とう。」のオープンハウス事例:米国不動産の新規事業を支えたカギ


「東京に、家を持とう。」をキャッチコピーに急成長している総合不動産会社、オープンハウス。同社は2017年より、米国不動産を日本の富裕層に販売する「ウェルス・マネジメント事業」を展開している。不動産の購入となると、日本でも煩雑な手続きが必要となる。ましてやこれが米国不動産となると、法律や商習慣が大きく違うため、一筋縄ではいかない。特に売買契約書類の確認・署名のハードルが高い。この難しいチャレンジを成功させたカギとは何だったのか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

【第1弾にJR東海】 上質なコーヒーを無人で提供。AIカフェロボット「root C」正式リリース 5月6日(木)より東京駅丸の内中央ビルに設置

自分らしく働くヒントがここに!『働くこと』に悩む双極性障害の方に向けたWebメディア「双極はたらくラボ」ーー株式会社リヴァ

産官学金38機関で構成する大学発ベンチャー創出支援プラットフォーム JSTのSCORE事業で研究開発課題の募集開始 総額予算3億円規模で起業推進

公開記事数は約800!就活生のあらゆる悩みを解決する就活専門ブログ「就活攻略論」ーー株式会社L100

睡眠の質を向上させるブランド寝具のサブスクリプションサービス「SLEEPX(スリープエックス)」ーー株式会社レアリスタ

ミートキャリア、法人向けサービスを拡充 オンボーディング(定着・離職防止)・女性管理職育成を支援

日本のキャリアSNS「YOUTRUST」がiOSアプリを正式リリース

参加者の募集から購入品の分配までを一括で行えるグループオーダーアプリ「comono」で、特別な購入体験を分かち合える世界にーーcomono株式会社

SONAR ATS、4月27日(火)に採用担当者向けオンラインイベント「どこよりも早い23採用~求める応募者を採用するためのKPI&フロー設計~」を開催

横浜で活動するアーティストやクリエイターを支援 2021年度アーツコミッション・ヨコハマの助成募集開始!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK