スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /「東京に、家を持とう。」のオープンハウス事例:米国不動産の新規事業を支えたカギ
ニュース 2019.06.01

「東京に、家を持とう。」のオープンハウス事例:米国不動産の新規事業を支えたカギ


「東京に、家を持とう。」をキャッチコピーに急成長している総合不動産会社、オープンハウス。同社は2017年より、米国不動産を日本の富裕層に販売する「ウェルス・マネジメント事業」を展開している。不動産の購入となると、日本でも煩雑な手続きが必要となる。ましてやこれが米国不動産となると、法律や商習慣が大きく違うため、一筋縄ではいかない。特に売買契約書類の確認・署名のハードルが高い。この難しいチャレンジを成功させたカギとは何だったのか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK