CATEGORY ニュース

ニュース

薬剤師の転職応援メディア「薬剤師KING」を運営。株式会社アヴァロン。

(ご本人希望によりモザイク処理してあります。) 村田正秀 株式会社アヴァロン代表取締役。 薬剤師の転職応援メディア「薬剤師KING」を運営。株式会社アヴァロン。 日本には30万人もの薬剤師いる。しかし、薬剤師が転職しようとすると、情報の信憑性の問題により正確な情報を集めることは難しい。今回は、薬剤師の転職応援メディア「薬剤師KING」を運営する株式会社アヴァロンを紹介する。 ーーサービスについて教えてください! サービスを一言で言うと、薬剤師の転職を応援するメディアです。 具体的には、複数人の薬剤師の声を聞き、中立性の高いメディア運営を行い、自己実現する薬剤師を増やすことを目的に活動するメディアです。 当メディアの特徴は2点あります。 1点目は、多くの薬剤師の声に耳を傾け適切な情報を届けています。ですので、現職の転職エージェントの声を聞き本当に役立つメディアを運営しています。 2点目は、最適な薬剤師転職サイト診断ができます。転職サイトの良し悪しは星で評価されがちなため、指標がわかりづらく、どの転職サイトが自分にとって良いか把握しづらい現状があります。そこで当サイトでは薬剤師転職サイト診断を行っており、質問に答えていくとたった1分で自分に最適なサイトが分かります。  ーーどんなユーザーさんがいらっしゃいますか? 男性の薬剤師はあまり転職しないことがですが、女性は結婚や出産などのライフスタイルの関係で転職が多いです。ですのでユーザーは、30代から40代の女性を想定しています 競合はドラおじさんの転職相談室という転職サイトです。そのサイトの運営している方はかなり前に薬剤師をやっていたので、サイト情報もかなり正確です。 ーーどのようなきっかけで起業したんですか? 今までは副業としてウェブメディアを運営しており、株式会社アヴァロンはウェブメディアのために設立しました。その後メディアを売却し、「何か新しいもの作りたい」と思っていたところ、ネット上の情報は未だに誤りが多く、偏った情報発信が多い点が気になっておりました。その中で、情報の誤りが多かった薬剤師にフォーカスし、薬剤師KINGを作りました。 ーー将来の展望について教えてください! 今後1年での目標は、薬剤師KINGを収益化をすることです。そして企業としては、社会的に認知されるような広報活動に力を入れていきたいです。ユーザー数としては30000UUくらいを目指していきたいと思います。 今後5年間でウェブメディアで社会を豊かにしていきたいと思います。薬剤師の転職で困った時に思い出してもらえるようなメディアになりたいです。 これから多くの薬剤師さん利用されそうですね!ありがとうございました! 編集後記

ニュース

「企業・著名人向けYouTubeチャンネル企画運営サービス」開始のお知らせ

「企業・著名人向けYouTubeチャンネル企画運営サービス」開始のお知らせ企業・著名人対応に特化したYouTubeチャンネル、企画制作サービスのお知らせ ————————————- 動画の企画制作から広告運用まで、動画全体のコンサルティングも手掛けているAd Arch株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:白川 裕喜)は、企業・著名人向けのYouTubeチャンネル企画制作・運営サービスを開始しました。 ————————————- ■「企業・著名人向けYouTubeチャンネルの動画企画制作サービス」 YouTubeチャンネルの運用では、広告運用費を要する広告動画に限らず、「定期的に」・「ライトに」・「企業の特色をテーマに」お客様と繋がることができるとされています。 一方、コンテンツ発信の際に「動画の品質」が企業ブランド力に多大な影響を及ぼすため、多くの企業様が様々な理由から、定期的な情報発信に至らず、YouTubeチャンネルの運用は広告動画のみで展開となっています。 そこでアドアーチでは、企業のブランド力向上・物販のPRなど、ビジネス動画に特化した動画制作ノウハウを活かし、YouTubeチャンネル用動画の企画制作サービスを開始しました。 ■YouTube動画制作を定額制で 動画PRで最も課題となる、「制作内容に応じての制作費上下」を解決し、安心して定期発信を行って頂けるよう、YouTubeチャンネルでの動画企画制作発信をサブスクリプションモデルに。 月次予算はもちろん、予算内でPR・改善を継続的に実施。よりPR効果の高い動画プロモーションを実施します。 ■アドアーチの動画企画制作サービスの特徴 1、代理店を介さない直接取引での企画制作実績 企画制作から運用までワンストップでの動画制作が全体の90%超。 制作状況を直接やりとりすることで、ご要望を確実に叶えることができます。 2、少数精鋭での制作で、人件費削減。浮いた人件費は制作費に上乗せ。クオリティを向上。 スタッフ数が多くなりがちな動画制作。マルチスキルを持ったクリエイターが少数精鋭で対応することで、人件費を削減。削減した人件費は、制作経費に活用します。 3、広告制作実績を持つスタッフが企画運用 企業が公式で発信する動画。ブランディングやプランニングが必須。動画広告実績を持つスタッフがYouTubeチャンネルの動画発信を行います。 ■リリース記念、3社限定キャンペーン中 この度、「YouTubeチャンネル。企画制作サービス」リリースを記念して、先着3社限定の特別価格にてご利用頂ける、導入促進キャンペーンを実施しております。サービス内容、料金プランやサポート体制など、ウェブサイトのお問い合わせからご案内いたします。 Ad Arch 企業・著名人向けのYouTube動画企画制作サービス 【ウェブサイト】 CONTACT ■「Ad Arch(アドアーチ)」について アドアーチは、広告課題に対し、動画を中心とした視点でPRをワンストップでサポートしています。広告代理店を介さない直接取引で、大手クライアント企業様とお取引を行わせて頂いています。 今後も動画制作の目的を達成するため、企画制作・展開における動画コンサルを始め、制作後の動画ABテスト・次回作のクリエイティブ改善など、長期視点で動画を用いた効果向上サービスを提供しています。 【サービス運営会社概要】 会社名:Ad Arch(アドアーチ)株式会社 所在地;東京都港区南青山2-15-5 FARO1F 設立:2016年1月 代表取締役:白川 裕喜 運営会社URL: https://www.adarch.co.jp

ニュース

エイシングが、エッジAIアルゴリズム専門の開発チーム 「Algorithm Development Group(ADG)」を設立

エイシングが、エッジAIアルゴリズム専門の開発チーム 「Algorithm Development Group(ADG)」を設立エッジAIスタートアップのエイシングがこの度、エッジAIアルゴリズムに特化した研究・開発を推進する専門チーム「Algorithm Development Group(アルゴリズム ディベロップメント グループ:ADG)」を、1月7日(火)に設立したことを発表。 これまでクラウド上で実行されることが一般的であったAIの情報処理をエッジ側で実行する「エッジAI」への注目、そして実装への具体的な取り組みが近年増加しており、自動運転や第四次産業革命といった、より注目を集めている分野で特にその需要が高まっている。 エイシングでは、エッジAIの領域において、導入機器単体でクラウドを介することなくリアルタイムに自律学習・予測することが可能な独自AIアルゴリズム「AiiR(AI in Real-time)」シリーズを研究・開発するとともに、顧客のシステムへの実装までを技術的にカバーする体制づくりを進めることで、顧客の先進的なニーズに対応してきた。 ■新たなアルゴリズム開発の加速に向け、エッジAIに特化した専門開発チームを設立 エッジAIの領域では、AIを組み込む対象のコンピュータスペックに応じた、より軽量・高速・高精度なアルゴリズムのニーズが高まっており、エイシングではこれまでも、Armの「Cortex-A」や「Cortex-M」シリーズに組み込み可能なアルゴリズムを開発してきた。この度設立した「ADG」では、強みである組み込み技術を活かした開発体制の強化をはじめ、新たなエッジAIアルゴリズムの商用化に向けた活動へさらなる投資を加速することで、顧客のニーズに適したソリューションの提供をより一層進める狙い。 ■独立した専門開発チームの設立により、AIアルゴリズム開発人材の育成を推進 AIアルゴリズムの研究・開発には、高度な構造化思考やプログラミング能力といった技術力と優れた知見が求められる。特に、当社の注力するエッジAI領域においては、エッジデバイスにおけるコンピュータリソースの制約をクリアできる専門性も必要となり、こうした技術力・専門的知識を持つ研究者は、日本においても非常に限られた人材である。「ADG」では、新たなアルゴリズムを生み出すという革新的な取り組みの中で、開発人材の育成への投資も進める。 ■「Algorithm Development Group(ADG)」概要 名  称:「Algorithm Development Group(ADG)」 設立日:2020年1月7日(火) 設立目的:・エッジAI領域における顧客ニーズに対応した独自AIアルゴリズムの研究・開発       ・AIアルゴリズム開発人材の育成 研究内容:エッジAIアルゴリズムの研究・開発

ニュース

英国との⽂化交流プログラムを横浜で開催!フォーラム「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト」

英国との⽂化交流プログラムを横浜で開催!フォーラム「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト」アーツコミッション・ヨコハマ(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)とブリティッシュ・カウンシルは、2020年1月20日に『フォーラム「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト~クリエイティブ・ダンディーを迎えて」』を開催します。これは「東京2020オリンピック・パラリンピック」の事前キャンプを横浜で行う英国との文化交流プログラムです。 スコットランドの美しい港町「ダンディー市*」は、デザイン、デジタルコンテンツで経済成長を続けています。その創造産業におけるキープレイヤーとして活動する中間支援団体が「クリエイティブ・ダンディー(Creative Dundee)」です。https://creativedundee.com/ クリエイティブ・ダンディーは、民間セクターとして行政と連携し同市の創造産業におけるプロモーション、ネットワーキング、政策提言などを行っています。芸術・文化と創造性が都市の発展において欠かせないとして活動されている思いは、横浜市の文化芸術創造都市施策の推進をはかるアーツコミッション・ヨコハマと同じです。 今回、クリエイティブ・ダンディー ディレクターのロリ・アンダーソンと横浜市内外で活躍するクリエイターやオーガナイザー、編集者などを迎え、「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト」と題してフォーラムを行います。 この交流を通じて、企業や行政、クリエイター、起業家など様々なプレイヤーがつながることで社会に生まれる価値について、その考え方や仕組みを互いに学びあい、都市における創造性の役割を明らかにしていきます。 フォーラム「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト~クリエイティブ・ダンディーを迎えて」 *ダンディー市(City of Dundee)・・・古くは貿易都市として礎を築き、繊維から造船等の工業で栄え、一時経済が停滞、戦後の電子、近年はソフトウェア、バイオ、デジタルコンテンツ産業が都市経済を動かしている。現在、ユネスコ創造都市ネットワークのデザイン都市としてデザインを都市政策の中心に据え、ウォーターフロントの開発を2001年からの30年計画を実施中で、2018年には隈研吾氏が設計したヴィクトリア&アルバートミュージアムの分館がオープン。 ・こんな方におすすめ! ―デザイン、アート、クリエイティブに関わる方 ―クリエイティブ、イノベーションに関心がある経営者・企業担当の方 ―プラットフォーム、ワークスペース運営を担当する方 ―行政・民間問わず公共サービスに関わる方 ―横浜で多様なジャンルの仲間をつくり何かを起こしたい方 ・こんなことが学べます! ―創造性を育む環境・組織・人材について ―人材のネットワーク(仲間)づくりについて ―創造性の社会的・経済的価値および可能性について ・開催概要 フォーラム「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト~クリエイティブ・ダンディーを迎えて」 日時:2020年1月20日(月) 18:30~21:00 会場:YOXO BOX(横浜市中区尾上町1−6) 料金:1,000円 *同時通訳あり 申込:https://acy-dundee.peatix.com/ 内容: ●キーノート「クリエイティブ・ダンディーの取組み」 クリエイティブ・ダンディー ディレクター  ロリ・アンダーソン ●プレゼンテーション「アーツコミッション・ヨコハマの取組み」 アーツコミッション・ヨコハマ プログラム・オフィサー 杉崎栄介 ●ライトニングトーク こくぼひろし(ひとしずく株式会社 代表/CHART project 主宰/一般社団法人ソーシャルグッド 代表理事) 秋山 怜史(一級建築士事務所秋山立花 代表/NPO 法人全国ひとり親居住支援機構 代表理事) 加藤 佑(IDEAS FOR GOOD 編集長/ハーチ株式会社代表) ●クロストーク「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト」 ファシリテーター:太刀川英輔(デザイン・ストラテジスト)、 ロリ・アンダーソン(クリエイティブ・ダンディー ディレクター)…

ニュース

昆虫食×伝統食=未来の国民食 昆虫食レトルトカレー『いもむしゴロゴロカレー』を産学連携で開発!

昆虫食×伝統食=未来の国民食 昆虫食レトルトカレー『いもむしゴロゴロカレー』を産学連携で開発!昆虫食の輸入製造会社の㈱昆虫食のentomo(代表:松井崇、本社:大阪府和泉市)は、この度、病院食・災害食の専門家で、昆虫食を災害食として研究している東大阪大学短期大学部実践食物学科長の松井欣也教授と産学連携で昆虫食レトルトカレー「いもむしゴロゴロカレー」を開発しました。 製品化に向けて2019年12月8日よりマクアケにてクラウドファンディングを開始。2020年春よりリターン品として支援者に発送するとともに、自社サイト、レトルトカレー専門店より販売します。 特徴①国連推奨・未来のタンパク源「昆虫食」をアフリカの伝統食をヒントに再構築! アフリカではイモムシは伝統的にトマトと玉ねぎを使った煮込み料理に使われています。また昆虫はエビやカニに近い種で、味もエビやカニに似ています。そこで「シーフードカレーがあるのなら昆虫カレーもあってもいいのでは?」との発想から、アフリカの伝統的イモムシ料理をベースにして、トマトと玉ねぎをふんだんに使った「いもむしゴロゴロカレー」を開発しました。 特徴②アフリカの食用昆虫の製品化は日本初! (entomo社は日本唯一のアフリカ昆虫食の輸入商社) シアバターで知られるシアの木に生息する食用イモムシを使用。日本名がない昆虫のため、entomo代表の松井崇が「シアワーム」と名前をつけ、日本で初めて輸入しました。西アフリカの最貧国ブルキナファソの生産者からフェアトレードで購入し、現地の経済発展にも寄与します。 特徴③産学連携!病院食・災害食が専門の教授がレシピ開発! シアワームは約6割がタンパク質と高タンパクで、約5%が食物繊維とゴボウなみに豊富。レトルトのため長期間保存可能。災害時に不足しがちなタンパク質と食物繊維も補うことができ、災害食にも!

インタビュー

農産物のCtoCからこだわっている全ての生産者を支えるプラットフォームに「食べチョク」

秋元 里奈 Rina Akimoto 株式会社ビビッドガーデン代表取締役 CEO 神奈川県相模原市の農家に生まれる。慶應義塾大学理工学部を卒業した後、株式会社ディー・エヌ・エーへ入社。webサービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験した後、スマートフォンアプリの宣伝プロデューサーに就任。2016年11月にvivid gardenを創業。 こだわっている全ての生産者さんを支えるマーケットプレイス「食べチョク」 ▼前回の記事はこちら その後の「食べチョク」の進展について ー「農産物のCtoC」から「こだわっている全ての生産者さん向けのサービス」とありますが、以前のサービス内容からどのように変わったのでしょうか。 わたしの実家がもともと農家を営んでいるということもあり、サービス開始当初は農家さんに絞って、農作物を扱っていました。そして最近は農産物だけでなく、水産物や畜産物、酒やジュースをも扱うようになりました。 ー新しい追加された機能について教えてください。 ▼食べチョクコンシェルジュ 消費者向けtoCの方は、事前に登録された購入者一人ひとりの好みの食材に合わせて、オススメの農家から野菜セットが定期的に届くサービス「食べチョクコンシェルジュ」を導入し、「どの生産者/農作物を選んで良いかわからない」という方にも柔軟に対応できるようになりました。 ▼食べチョクpro 法人向けの「食べチョクpro」では、素材にこだわる飲食店の方向けに、厳選された旬の新鮮食材をお届けしています。各生産者の出荷データやどの作物がどれほど、いつ出荷できるか、など各生産者の情報を豊富に持っていることで、他の宅配サービスより「早い」「新鮮」「豊富な種類」を強みとしています。 ▼共同購入 注文したいけど量が多いな、と感じている一人暮らしの方などでもサービスを利用しやすいように、「共同購入」の機能を搭載しました。商品を注文する際に、何人で分けるかを設定しておくと、農家さんが梱包するときに、分けやすい分量に調整して送ってくれます。そうすれば、送料の負担も少なくて済み、野菜も新鮮なうちに使える分だけを注文することができます。 ー取り扱う品目についてはどうですか。 サービス当初はお客様にサービスを定着させるために野菜にフォーカスしていましたが、最近は様々な種類の食材を取り扱うようになりました。野菜もさらに品数が増えましたが、それだけでなくフルーツ、魚、肉、卵、蜂蜜、酒、ジュースなど、日常で使う食材全般を網羅してきています。 「食べチョク」の今後の展望 ーこれまで凄まじい成長を遂げていますが、今後さらにどのようにサービスを展開していきますか。 今まで農作物にフォーカスしてきたので、売上の大半は農作物が占めています。今後は水産や畜産の方にもさらに力を入れて、日常の食物を全て食べチョクで網羅していきたいです。PRが苦手な生産者さんでも、こだわりの作物をきちんと消費者に届けることができるような仕組みを確立させて、生産者さんの課題を解決し、人々の日常に新鮮で安心な美味しい食材を届けていきたいですね。 編集後記

ニュース

インシュアテックのjustInCase、AIを活用した「クレカ付帯保険チェッカー」の利用者数が約2.5倍に 年末年始の旅行シーズンに需要増

インシュアテックのjustInCase、AIを活用した「クレカ付帯保険チェッカー」の利用者数が約2.5倍に 年末年始の旅行シーズンに需要増最新テクノロジーを活用し、新たな保険体験を提供する株式会社justInCase(本社:東京都千代田区、代表取締役 畑 加寿也、以下「justInCase」)が提供する「クレカ付帯保険チェッカー」は、2019年9月18日にAI(人工知能)による画像認識の活用に伴い、正式リリースして以来、11月30日まで利用者数が約2.5倍に増加しました。年末年始の旅行に向けて利用していただく機会が増えていることで、今後益々利用者が増えていくと予想しています。 justInCaseアプリでクレジットカードを撮るだけで、クレカに付帯されている旅行保険の情報を確認できるサービス「クレカ付帯保険チェッカー」は、利用者の要望に応じて、独自のデータベースを強化し、対応クレカ数を3倍に増やしました。さらに、対応クレカ画像認識の判定確率は約99%となります。これからもより使い勝手のよい便利なサービスとなるよう、利用者の声を生かしていきます。 「クレカ付帯保険チェッカー」に登録いただいているクレカブランドは、1位が楽天カード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-card/)、2位がビックカメラSuicaカード(https://www.jreast.co.jp/card/first/bic/)、3位が楽天プレミアムカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/)となっています。 利用者ごとの登録クレカ枚数は、半数以上が1枚、25%が2枚、10%が3枚と続きます。 「クレカ付帯保険チェッカー」には、以下の特徴があります。 AI(人工知能)により画像認識で、お持ちのクレジットカードを簡単に登録できる(名前やカードナンバーなどの個人情報は読み取らない) クレカに付帯されている国内・海外旅行保険の詳細をアプリ上で手軽に確認できる 利用付帯・自動付帯という付帯条件も確認可能 justInCaseアプリ上の無料サービスとして提供(※justInCaseとの保険契約は不要) justInCaseアプリ: https://apps.apple.com/jp/app/justincase-app/id1399826603?ls=1 「クレカ付帯保険チェッカー」の詳細については、以下のページをご覧ください。 https://justincase.jp/cards 【会社概要】 株式会社justInCase 少額短期保険業者として、テクノロジーの力でこれまでにない保険の価値というミッション を掲げ、誰もが安心して暮らせる「あんしんの民主化」の実現およびテクノロジーで保険業を変革することを目指し、インシュアテック事業を展開。機械学習や保険APIを活用することで、今までに存在しなかった保険商品を、これまでとは異なる販売方法で世に広めていきます。 株式会社justInCaseTechnologies 2019年に設立。株式会社justInCaseおよび他の保険・事業会社向けの保険・金融に関連するテックサービスを開発・提供。 【お問い合わせ先】 担当:Elaine Tung(イレイン・タン)、寺尾なつみ pr@justincase.jp https://justincase.jp/ https://justincase-tech.com/ 〒100-0004 東京都千代田大手町1-6-1 Finolab 4F

ニュース

ロケーションデータ解析から商圏把握と来店予測を可能にする「AI商圏」と 広告配信・効果測定まで可能な「AI集客」の2種類でマーケティング担当者を支援

ロケーションデータ解析から商圏把握と来店予測を可能にする「AI商圏」と 広告配信・効果測定まで可能な「AI集客」の2種類でマーケティング担当者を支援News Release                         2019年12月19日             東京都渋谷区恵比寿南1-2-9 小林ビル6F                    クロスロケーションズ株式会社                       代表取締役 小尾一介 ============================================================== 位置情報データ活用プラットフォーム「 Location AI Platform™ 」 利用企業のニーズに合わせてサービスプランを改訂 ~ロケーションデータ解析から商圏把握と来店予測を可能にする「AI商圏」と 広告配信・効果測定まで可能な「AI集客」の2種類でマーケティング担当者を支援~ =============================================================== 
 位置情報データ活用クラウド型プラットフォーム「 Location AI Platform™️ (ロケーションエーアイプラットフォーム、以下「LAP」) 」を開発・提供するクロスロケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小尾一介、以下クロスロケーションズ)は、2019年 12月 19日より、LAPのサービス利用料金プランを改訂します。LAPの独自解析エンジンが行うロケーションデータの解析結果に基づき、隠れた商圏の把握や競合比較、消費者の動態などを把握するベーシックな利用プランの「AI商圏」、および店舗への実集客を目的とした「AI集客」の2種類の利用プランを提供開始します。
 
 1.背景  従来のエリアマーケティング/GIS(地理情報システム)は、高性能なツールではありますが、操作が難しいだけでなく導入費用も高額なため、大手企業で且つ選任スタッフがいなければ運用できないのが通例でした。また搭載されているデータは5年に一度実施される国勢調査の人口・世帯データ等の統計情報が中心なため、リアルタイムな商圏の実態を把握することが難しい現状があります。そのため、近年位置情報を活用できる時代になってきた中でも、従来のGISではリアルタイム性の高い位置情報データを使った分析は極めて困難な上に、分析結果からダイレクトに販促活動が実施できないため、リアルな商圏把握には不向きと思われてきました。 
 また、販促・集客の点からみても、DMやポスティングなどの活動を重要視する企業は多いものの、従来の方法では居住地ベースでの配布エリア設定となっているため、地域ならではの消費者の行動傾向や実勢商圏・有効なエリアが判別できず、隠れた優良商圏を見逃し、効果の低いエリアに配信を続けている場合も多く見られます。さらに、消費者が実際に広告を見たのか否かの確認ができないことから、広告による来店効果の測定も難しいのが現状です。そのため企業担当者は、DMやポスティングに加え、モバイル広告も活用する中で、広告予算の無駄うち防止やより効果の高い場所への予算投下が求められています。 
 2.サービスプラン概要 クロスロケーションズの位置情報データ活用クラウド型プラットフォーム「 Location AI Platform 」は、AIが位置情報ビッグデータから消費者行動の分析・視覚化を行った上でエリアマーケティングの実施と効果測定が一気通貫で実行できるプラットフォーム製品です。 
 上記の時代背景から、クロスロケーションズではより顧客ニーズに応える形で2つの新しいサービスプランを提供開始します。一つ目は、膨大なロケーションデータからエリアマーケティングを実現する「AI商圏」、もう一つは、分析結果をダイレクトに集客活動(オンライン広告&オフライン広告)へつなげ、広告の無駄うちを防ぎ、来店効果を高める「AI集客」です。 
 
 AI 商圏 本サービスでは、ロケーションデータの解析結果に基づき、実勢商圏の把握・競合からの影響や顧客行動傾向など、消費者を知る分析が可能です。膨大なデータに基づき経年比較も行え、これまで比較分析の難しかった消費者の実行動に基づいた消費者分析が可能です。顧客情報を保有していない場合でも利用可能です。 ロケーションデータはプリセットされており、すぐに分析を開始することができます。 AI 集客 「AI商圏」の基本的な分析機能に加え、「AI集客」では、ロケーションデータの解析情報に基づき、効果的な販促活動および来店効果計測が行えます。 AIが予測した来店可能性の高い人々・エリアにダイレクトなリーチが可能になるとともに、広告の無駄うちを防ぎます。デジタル広告に加え、ポスティングなどオフライン広告も対応しており、オフラインDMの情報量とオンライン広告の即時性やリーチ力を生かして連携をさせる新しい販売促進施策も実現可能です。 また、来店計測により、各施策からの来店人数を把握できます。仮説立案・施策実行・効果検証をワンストップで実現し、素早いPDCAにつなげます。

ニュース

【レブコム】プライバシーマーク取得のお知らせ

【レブコム】プライバシーマーク取得のお知らせ営業支援サービス・ミーテルを提供する株式会社レブコム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史 以下、レブコム)は、2019年12月3日一般社団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より「プライバシーマーク」の認定を受けたことをお知らせいたします。 個人情報の取り扱いに関する社会の関心が高まるなか、弊社は音声データを取り扱う企業として、個人情報保護やセキュリティの重要性を認識し適切な取り扱いを推進してまいりました。その結果、日本産業規格JISQ15001「個人情報保護マネジメントシステムの要求事項」に基づき、個人情報管理責任者の設置、個人情報保護方針の策定、社内規程及び各種業務マニュアルの策定、社員への個人情報保護教育など保護管理体制を整備する活動を行い、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者として、プライバシーマークの使用が認められました。 今後も、お客さまから信頼いただけますよう本取組みを推進してまいります。 ■プライバシーマーク取得の背景 当社はこれまでも音声認識・AIを活用したクラウドサービス『MiiTel』をご利用いただくため、情報セキュリティマネジメントの構築に取り組んでまいりました。今回の認証により、弊社の情報セキュリティにおける管理体制が第三者機関に認められたことになります。 ■プライバシーマーク制度とは プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q15001個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。 https://privacymark.jp/index.html 《認定概要》 登録組織:株式会社RevComm 登録番号:第17003754(01)号

ニュース

ロケーションデータ解析から商圏把握と来店予測を可能にする「AI商圏」と 広告配信・効果測定まで可能な「AI集客」の2種類でマーケティング担当者を支援

ロケーションデータ解析から商圏把握と来店予測を可能にする「AI商圏」と 広告配信・効果測定まで可能な「AI集客」の2種類でマーケティング担当者を支援News Release                         2019年12月19日             東京都渋谷区恵比寿南1-2-9 小林ビル6F                    クロスロケーションズ株式会社                       代表取締役 小尾一介 ============================================================== 位置情報データ活用プラットフォーム「 Location AI Platform™ 」 利用企業のニーズに合わせてサービスプランを改訂 ~ロケーションデータ解析から商圏把握と来店予測を可能にする「AI商圏」と 広告配信・効果測定まで可能な「AI集客」の2種類でマーケティング担当者を支援~ =============================================================== 
 位置情報データ活用クラウド型プラットフォーム「 Location AI Platform™️ (ロケーションエーアイプラットフォーム、以下「LAP」) 」を開発・提供するクロスロケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小尾一介、以下クロスロケーションズ)は、2019年 12月 19日より、LAPのサービス利用料金プランを改訂します。LAPの独自解析エンジンが行うロケーションデータの解析結果に基づき、隠れた商圏の把握や競合比較、消費者の動態などを把握するベーシックな利用プランの「AI商圏」、および店舗への実集客を目的とした「AI集客」の2種類の利用プランを提供開始します。
 
 1.背景  従来のエリアマーケティング/GIS(地理情報システム)は、高性能なツールではありますが、操作が難しいだけでなく導入費用も高額なため、大手企業で且つ選任スタッフがいなければ運用できないのが通例でした。また搭載されているデータは5年に一度実施される国勢調査の人口・世帯データ等の統計情報が中心なため、リアルタイムな商圏の実態を把握することが難しい現状があります。そのため、近年位置情報を活用できる時代になってきた中でも、従来のGISではリアルタイム性の高い位置情報データを使った分析は極めて困難な上に、分析結果からダイレクトに販促活動が実施できないため、リアルな商圏把握には不向きと思われてきました。 
 また、販促・集客の点からみても、DMやポスティングなどの活動を重要視する企業は多いものの、従来の方法では居住地ベースでの配布エリア設定となっているため、地域ならではの消費者の行動傾向や実勢商圏・有効なエリアが判別できず、隠れた優良商圏を見逃し、効果の低いエリアに配信を続けている場合も多く見られます。さらに、消費者が実際に広告を見たのか否かの確認ができないことから、広告による来店効果の測定も難しいのが現状です。そのため企業担当者は、DMやポスティングに加え、モバイル広告も活用する中で、広告予算の無駄うち防止やより効果の高い場所への予算投下が求められています。 
 2.サービスプラン概要 クロスロケーションズの位置情報データ活用クラウド型プラットフォーム「 Location AI Platform 」は、AIが位置情報ビッグデータから消費者行動の分析・視覚化を行った上でエリアマーケティングの実施と効果測定が一気通貫で実行できるプラットフォーム製品です。 
 上記の時代背景から、クロスロケーションズではより顧客ニーズに応える形で2つの新しいサービスプランを提供開始します。一つ目は、膨大なロケーションデータからエリアマーケティングを実現する「AI商圏」、もう一つは、分析結果をダイレクトに集客活動(オンライン広告&オフライン広告)へつなげ、広告の無駄うちを防ぎ、来店効果を高める「AI集客」です。 
 
 AI 商圏 本サービスでは、ロケーションデータの解析結果に基づき、実勢商圏の把握・競合からの影響や顧客行動傾向など、消費者を知る分析が可能です。膨大なデータに基づき経年比較も行え、これまで比較分析の難しかった消費者の実行動に基づいた消費者分析が可能です。顧客情報を保有していない場合でも利用可能です。 ロケーションデータはプリセットされており、すぐに分析を開始することができます。 AI 集客 「AI商圏」の基本的な分析機能に加え、「AI集客」では、ロケーションデータの解析情報に基づき、効果的な販促活動および来店効果計測が行えます。 AIが予測した来店可能性の高い人々・エリアにダイレクトなリーチが可能になるとともに、広告の無駄うちを防ぎます。デジタル広告に加え、ポスティングなどオフライン広告も対応しており、オフラインDMの情報量とオンライン広告の即時性やリーチ力を生かして連携をさせる新しい販売促進施策も実現可能です。 また、来店計測により、各施策からの来店人数を把握できます。仮説立案・施策実行・効果検証をワンストップで実現し、素早いPDCAにつなげます。

ニュース

ミートキャリアのオンラインイベント 1月末まで毎週動画配信!

ミートキャリアのオンラインイベント 1月末まで毎週動画配信!報道関係各位 2019年12月19日株式会社fruor 株式会社fruor(所在地:東京都港区、代表取締役 CEO:喜多村 若菜)が運営する、自分に合った働き方を見つけるためのキャリア支援サービス「meetcareer(ミートキャリア)」では2019年12月19日(木)から2020年1月30日(木)まで、オンラインイベントに代わる動画を毎週1本ずつ計6本を配信します[1本550円税別](※1/2を除く)。年末年始の帰省移動中に、家事をしながら、夜の1人時間に、視聴することができます。サービスURL:https://www.meetcareer.net/meetcareer(ミートキャリア)では子育てなどのライフステージに合った働き方を選択しつつキャリア形成を図りたいと考える方を対象に、自身の強みを認識したり、多様な働き方を知るイベントを平日夜や土日にオンラインで開催しています。イベントは満席になる回もあり、好評を得ています。年末年始の休暇中は働き方やキャリアについて考える良い機会であるものの、子育て中の方が定刻のイベントには参加しづらいことを踏まえ、好きな時間に見ることができる動画報道関係各位2019年12月19日株式会社fruor株式会社fruor(所在地:東京都港区、代表取締役 CEO:喜多村 若菜)が運営する、自分に合った働き方を見つけるためのキャリア支援サービス「meetcareer(ミートキャリア)」では2019年12月19日(木)から2020年1月30日(木)まで、オンラインイベントに代わる動画を毎週1本ずつ計6本を配信します[1本550円税別](※1/2を除く)。年末年始の帰省移動中に、家事をしながら、夜の1人時間に、視聴することができます。サービスURL:https://www.meetcareer.net/meetcareer(ミートキャリア)では子育てなどのライフステージに合った働き方を選択しつつキャリア形成を図りたいと考える方を対象に、自身の強みを認識したり、多様な働き方を知るイベントを平日夜や土日にオンラインで開催しています。イベントは満席になる回もあり、好評を得ています。年末年始の休暇中は働き方やキャリアについて考える良い機会であるものの、子育て中の方が定刻のイベントには参加しづらいことを踏まえ、好きな時間に見ることができる動画配信としました( 一部音声配信)※。 動画はmeetcareer(ミートキャリア)で実施したオンラインイベントの人気講座(90分)を個別フィードバックの時間などを除いて15~30分に再構成し、録り直したものです。 本日12/19(木)の「週3勤務でキャリアアップも実現したい!」を皮切りに毎週木曜10時に1本ずつ配信し、各2週間限定で申込を受付ます( 視聴は※1カ月間)。申込者はPCやスマホから視聴や、グループチャットでの質問や感想投稿ができます。 ■動画配信スケジュール※配信は10:00~/申込期日は配信から2週間/視聴可能期日は配信から1カ月 ■価格1本(約30分) 550円税別 ■視聴方法 ①meetcareer(ミートキャリア)に登録(無料)し、ログイン ②イベント&カウンセリングページから見たい動画を選び、「視聴する」ボタンを押す(申込可能期間:配信から2週間) ③マイページの個人チャットで支払い~視聴方法を案内 ④PCやスマホで視聴(視聴可能期間:配信から1カ月間)※ZOOMを利用しての配信です。ブラウザで再生が可能です。動画のダウンロードはできません。 ※チャットの利用は公開から1カ月間です。質問や感想は講師がピックアップしてまとめて回答します。 ※運営対応時間:平日10時~17時、土日11時~15時、12月31日~1月3日は土日扱い ※お支払い後のキャンセルは視聴の有無に関わらずできません。 <本 件に関する報道各位からのお問い合わせ先>ミートキャリア広報担当TEL:080-7570-5089Email:pr@f-ruor.com <一 般の方からのお問い合わせ先>ミートキャリアお問い合わせ窓口Email:info@f-ruor.com meetcareer(ミートキャリア)では今後も、登録者のキャリア形成の悩みや働き方の希望 に応え、様々なテーマや形式でオンラインイベントやコンテンツ配信を行うとともに、新しい選択肢を見つけるための個人キャリアカウンセリングサービスを提供してまいります。meetcareer(ミートキャリア)とはライフステージに合った働き方を選択しつつキャリア形成を図りたいと考える子育て中の方たちを中 心に、1対1の個人キャリアカウンセリング、自己分析や多様な働き方のヒントとなるワークショ ップやセミナーなどを通じ てサ ポートをしています。meetcareer(ミートキャリア)は、誰もがどんなライフステージにあっても夢中になれる仕事に出会える社会の実現を目指します。 meetcareer(ミートキャリア)では今後も、登録者のキャリア形成の悩みや働き方の希望 に応え、様々なテーマや形式でオンラインイベントやコンテンツ配信を行うとともに、新しい選択肢を見つけるための個人キャリアカウンセリングサービスを提供してまいります。meetcareer(ミートキャリア)とはライフステージに合った働き方を選択しつつキャリア形成を図りたいと考える子育て中の方たちを中 心に、1対1の個人キャリアカウンセリング、自己分析や多様な働き方のヒントとなるワークショ ップやセミナーなどを通じ てサ ポートをしています。meetcareer(ミートキャリア)は、誰もがどんなライフステージにあっても夢中になれる仕事に出会える社会の実現を目指します。[代表取締役 CEO喜多村 若菜 &会社プロフィル]神戸大学経済学部卒。2016年、アクセンチュア株式会社に新卒入社。 基幹系システ ム開発のコンサルティングに従事。 その後、GOB Incubation Partners株式会社にて、子どもの遊び場を運営するPAPAMO事業部の 立ち上げに参画。2019年1月、子育て中の方のキャリア支援事業として株式会社fruorを起業 。2019年3月からmeetcareer(ミートキャリア)β版を公開し、11月から 正式サービス開始。事業には 男女 、未既婚 、子どもの有無に関わらず、多様な年代のメンバーが参画している。全員フルリモートで複業。 [会社概要]会社名 : 株式会社fruor(フルオル) 代表者 : 代表取締役…

ニュース

日本初のオーガニックプロテインバーオープン!

日本初のオーガニックプロテインバーオープン!糖質制限を愛する方々向けのプロテインバー。 (日本初のプロテインスムージー販売店舗) 日本初の1リットルプロテイン(ステーキ300G相当)や91種 類の栄養素が含まれた食事1日これイッポンなどの独特の メニューをポップなデザインのキッチンカーにて販売中。

ニュース

保険スタートアップのjustInCase、 シリーズAラウンドで10億円の資金調達

保険スタートアップのjustInCase、 シリーズAラウンドで10億円の資金調達最新テクノロジーを活用し、新たな保険体験を提供する株式会社justInCase及び株式会社justInCaseTechnologies (本社:東京都千代田区、代表取締役 畑 加寿也、以下「justInCase」)は、第三者割当増資により新たに合計約10億円を調達いたしました。 【シリーズAラウンドの投資家一覧】(五十音順) 新規投資家 – 伊藤忠商事株式会社 – グローバル・ブレイン株式会社 – 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA) – 新生企業投資株式会社 – SBIインベストメント株式会社 既存投資家 – 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ – Coral Capital(旧500 Startups Japan) – LINE Ventures株式会社 justInCaseは、テクノロジーの力で、これまでにない保険の価値を提供することをミッションに掲げ、デジタルプラットフォームを主戦場とした保険商品、保険APIおよびシステム事業を展開している会社です。今回調達した10億円の資金は、人材及びインフラ構築を中心に今まで以上の圧倒的なスピードで事業を進めるために使う予定です。 資金使途 1. 採用拡大 2. 経営体制の強化 3. 大企業とのパートナーシップ強化のためのインフラ構築 4. 新規事業開発の加速 【justInCase 代表取締役 畑 加寿也のコメント】 「なぜ調達したのか?」と訊かれたら、こう答えます。 「最高の仲間たちと一緒に、まだ誰もみたことのない景色を造るために」 僕たちには、色んな想いが寄せられています。 愛する家族を失いたくないという方々の想い お客様のために日々現場で奮闘している保険会社の方々の思い 良いプロダクトを作りたいという仲間たちの想い 寄せられたたくさんの想いをつなげ、「あんしん」をいう形でお返ししたいです。 それこそが、誰でも手軽に安心を手に入れられる「あんしんの民主化」の実現であると信じています。 創業してから3年間、仲間たちと一緒に、たくさんの苦境を乗り越えてきました。 Hard Thingsが無かったかと言えば、それなりにあったかもしれません。 これからは、何倍にも増えた最高の仲間たちとともに、ここまで経験したことの無いレベルのHard Thingsを冒険として楽しんでいきたいと思います。 これを夢と呼ばずに何と呼ぶのでしょう。…

ニュース

世界初、AppsFlyerが過去に遡った不正アプリインストールの検出を実現した新機能「ポストアトリビューションテクノロジー」リリース

世界初、AppsFlyerが過去に遡った不正アプリインストールの検出を実現した新機能「ポストアトリビューションテクノロジー」リリースモバイルアトリビューションとマーケティングアナリティクスのプラットフォームを提供するAppsFlyer Japanは、世界的に被害が増加し、その攻撃の手法が巧妙化している不正広告に対して、世界で初めて、リアルタイムで検知できなかった過去の不正なアプリインストールを検出し除去することができる新機能「ポストアトリビューションテクノロジー」を、2019年12月よりリリース。この機能は既存の不正防止ソリューション「Protect 360(プロテクトスリーシックスティー)」にさらなる機能拡充として追加され、再び増加傾向にある不正広告のブロックと広告費の最適な運用を実現する。 ■世界的に増加する「不正広告」− 2019年上半期だけで総額23億ドルが被害に 無効なインプレッションやクリックによって成約件数や効果を不正に水増しすることで、広告主や広告代理店から広告費を奪い取る詐欺「不正広告(アドフラウド)」の被害が世界的に再び増加している。2019年に発表した「State of Mobile Fraud」では、2019年上半期(1〜6月)だけで、実に23億ドルもの広告費が不正なアプリインストールに対して支払われたものであることがわかっている。 また、アプリの普及や、不正業者の攻撃手口が急速に進化・巧妙化していることを背景に、特に「アプリインストール詐欺」の脅威が目覚ましく拡大。さらに、現在被害が増加しているアプリインストール詐欺のうち16%は、リアルタイムで検知し、防ぐことができず、捕捉が困難であることがわかっている。 ■新機能「ポストアトリビューションテクノロジー」により、過去の不正広告を検出・除去することで広告費の最適な運用が可能に AppsFlyerは、グローバルシェア72%を超える世界No.1のモバイルアトリビューションプラットフォームを提供しており、年間2.1兆円以上の広告予算、12兆以上のイベント数、84億以上のデバイスを計測してきた実績をもとに、近年その深刻化が叫ばれつつある「不正広告」問題の解決を実現すべく本サービスを開発。既存の不正防止ソリューション「Protect 360」の拡充機能として、これまでのリアルタイムな不正広告の防御に加え、世界で初めて、リアルタイムには検知できなかった不正広告を過去に遡って検出し除去することが可能に。広告主およびパートナーは、事後に検知した不正を含め、レポートをニーズに応じてカスタマイズし作成することができ、ベンダー、パブリッシャーおよびサブパブリッシャーに支払する前に全面的に分析を行い精査が可能となる。 本機能の搭載により、リアルタイムの防御だけでは完全には防ぎきれない、インストールハイジャックやボットといった多様化する不正業者の攻撃を事後的に封じることができ、広告主や広告代理店が消化する膨大な広告費の最適化が可能となる。

ニュース

エイシング、従来型に対して予測精度最大17.9%向上を実現した独自の高速型AIアルゴリズム「DBT-HS2」をリリース。より複雑なタスクへ対応可能に

エイシング、従来型に対して予測精度最大17.9%向上を実現した独自の高速型AIアルゴリズム「DBT-HS2」をリリース。より複雑なタスクへ対応可能にエッジAIスタートアップの株式会社エイシングは、従来の高速型AIアルゴリズム「DBT-HS(High Speed)」をバージョンアップした「DBT-HS2」を2019年12月10日(火)にリリース。「DBT-HS2」は「DBT-HS」に対し、データをより高い最適度で学習させるための処理を組み合せることで、高速性を保ちつつ、予測精度を最大17.9%向上。 エッジAIにおけるAIアルゴリズムには、クラウド接続を必要とせず導入機器側で学習データの更新が可能な自律学習型と、クラウド接続が必要なクラウド型の2種類があり、エイシングが提供する独自のエッジAIアルゴリズム「DBT」は自律学習型に分類される。「DBT」は、高精度、軽量かつオンライン学習が可能という特徴を持っており、エイシングでは、高精度型の「DBT-HQ(High Quality)」と、マイクロ秒単位での高速動作が可能な「DBT-HS(High Speed)」を、提供先の導入目的や適応対象に合わせて提供している。 ■多大な前処理作業を必要とせずに高速度・高精度の処理を実現 これまで、従来型の「DBT-HS」では、ユーザーにおいて精度を上げるための前処理に多大な作業を要するという課題があったが、この度、前処理作業量を低減したいといったニーズに対応するため、アルゴリズム内部で処理を行う技術を組み込むことで、多大な前処理作業を行うことなく高い精度での処理を実現した「DBT-HS2」を開発。従来型の「DBT-HS」と新たにバージョンアップした「DBT-HS2」において、手書き英字の特徴量からアルファベットを特定する検証の結果を比較したところ、最大17.9%の予測精度向上が見られた。 ■バージョンアップにより、多くの要素が絡む複雑なタスクにも対応可能に 「DBT-HS2」では、データをより高い最適度で学習させるための処理を組み合わせることにより、化学系メーカーなど多種のセンシングデータを扱うような、多くの要素が絡む複雑なタスクにも対応が可能に。

ニュース

RPAで3日かかる建設設計・CAD作業を1時間に! Windowsアプリケーションを外部から自動制御するAI×RPAを開発 ~画面解像度などの制約がなく、業界特化型アプリケーションにも対応~

RPAで3日かかる建設設計・CAD作業を1時間に! Windowsアプリケーションを外部から自動制御するAI×RPAを開発 ~画面解像度などの制約がなく、業界特化型アプリケーションにも対応~株式会社アンタス(本社:北海道札幌市、代表取締役 佐藤敏彦)は、Windowsアプリケーションを外部から自動制御できるAI×RPAを開発しました。画面のサイズや解像度の制約を受けずオペレーションを自動化し、かつ、AIにより人手の判断も自動化するソリューションの提供を開始いたします。 国内で主流となっているRPAは、画像認識を行い画面上のマウスの動きを記録して自動化するものが多く、画面の解像度やディスプレイのサイズが異なる環境では同じ動作ができないという課題がありました。 このたび当社が開発したAI×RPAでは、人が作業する際と同様にWindowsアプリケーションを外部からダイレクトに操作する仕組みを開発。画面による制約を受けず、業界特化型アプリケーションにおける作業自動化も可能にしました。 ■事例:設計作業の工数削減に成功!ノウハウを持つ設計者が3日かかる作業を1時間に 開発経緯として、社会インフラ(建設)業界の建設設計・CADを手掛ける企業様から、「設計経験者がノウハウに基づき行っている作業を軽減したい」というご要望により開発いたしました。 長年の知識・経験をもつベテラン設計者であっても、計算システムを使い最適解を求める作業に約3日かかり、かつ、作業に特化したデスクトップアプリが普及している業界でもあることから、RPAを導入しにくいという課題がありました。 これを受け当社では、業界特化型のアプリケーションに対応できるRPAの開発を実施。実際に人が作業を行うのと同様にRPAが外部からアプリケーションを操作する技術を開発し、設計者が考えるやり方と作業を自動化。3日かかっていた作業を1時間以内で実行することに成功しました。 また、この企業様の例では、設計経験者がもつ知識をAIに学習させRPAと組み合わせた作業自動化を実現。業務の負荷分散ソリューションとして提供予定です。 ■社内で活用中の業界特化型アプリケーションにも対応、デジタル化の第一歩に最適なRPA  企業のデジタルトランスフォーメーションの推進が求められる一方、長年使用してきた独自開発システムや、開発元がすでにメンテナンスできないアプリケーションを使用してる企業様も多くあります。当社が開発した最先端のRPAは、一般的に普及しているRPAでは対応できなかった作業も自動化が可能です。 また、デジタルトランスフォーメーションを進めるには、現在使用中のシステムの見直しや選定にも人手と時間が必要であることから、業務量を削減できるRPAはデジタル化の第一歩として有効と考えられます。 ■アンタスが提供する最先端RPAソリューションの特長 ・人が作業する際と同様に、Windowsデスクトップアプリをあたかも人が操作するかのごとく自動制御 ・画面のサイズや解像度による制限を受けることなくRPAの安定稼働を実現 ・社内の独自システムや、業界特化型のアプリケーションにも対応 ・RPAにAIを組み合わせることで、人の思考ルーチンも自動化し、高度な業務自動化を実現 ■アンタスが提供する最先端AIソリューションの特長 ・特定要素の大量画像の特徴点から人の思考ルーチンをAIにより自動判定 ・手書き文字画像をAIによりテキストデータ化 ・最新の単語リファレンス・単語データを教師データとし、トレンドワードを抽出・拡張 【会社概要】 会社名 株式会社アンタス https://antas.co.jp 設立日 2004年5月20日 資本金 2,400万円 代表者 代表取締役 佐藤敏彦 事業内容 MOBILE・CLOUD・AIを核としたマーケティングテクノロジーのサービス開発

ニュース

水泳×ITのスイムテックが「スイミング求人NEXT」をプロデュース!

水泳×ITのスイムテックが「スイミング求人NEXT」をプロデュース!12月1日より、水泳コーチに特化した求職者支援サービス「スイミング求人NEXT」をプロデュースします。「スイミング求人NEXT」はスイミング業界の人材難の問題を解決するサービスです。水泳コーチ人口の最大化と働き方改革に貢献します。

ニュース

自身も学生起業家の経営者が学生向け起業相談を無料提供

自身も学生起業家の経営者が学生向け起業相談を無料提供50代以上のシニアに特化した人材紹介、人材派遣を提供する(株)シニアジョブ(本社:東京都新宿区/以下、シニアジョブ)は、2019年11月17日より学生向け起業相談の受付を開始しました。自身も学生起業家としてキャリアをスタートさせた代表取締役の中島康恵が無料で起業の相談に乗ります。 代表取締役の中島は、自身も学生起業家として学生時代に事業を起こし、紆余曲折を経て2014年にシニアジョブを起業しました。その後、前年比300%に及ぶ成長を続けて現在の規模へと事業を成長させた中島は、自身もいまだ20代ながら、後進の育成にも力を注いでおり、平均年齢25歳の社内で、20代の幹部が多数活躍しています。2019年は創業以来初となる新卒採用にチャレンジし、10月14日の内定式開催時点で8名に内定証を発行しました。 そうした新卒採用の面接で、就職活動を行っている大学生の中にも起業に興味がある学生が多いことを知り、自身も起業を志した際に、何をしたらよいかわからず、不安や孤独だった経験から、「少しでも力になりたい」という思いで、この学生向け起業相談を始めようと考えました。 今回受け付ける相談は、学生もしくは24歳以下の方からの起業に関するものであれば、内容は問いません。具体的なビジネスモデルの相談でも、ビジネスモデルがなくその考え方でも構いません。起業を志した場合、孤独や不安を感じ、まだ信用もないスタートとなりますが、それでも自分の夢に正直に一歩を踏み出し、世界を変えたいと願う方のために、中島はお手伝いをしたいと考えております。 ■学生向け起業相談の概要 受付開始:  2019年11月17日より受付開始 相談資格:  学生、もしくは24歳以下 相談時間:  40分 相談日時:  いつでも可 相談料金:  無料 相談内容:  起業に関わる相談ならどんなことでも可 【 学生向け起業相談の申し込み方法 】 学生向け起業相談のお申し込み・お問い合わせは、下記いずれかの方法にてご連絡ください。 (1)Facebookの中島のアカウントに友達申請の上、メッセージで「起業相談希望」と明記の上、ご連絡ください。 https://www.facebook.com/drome5 (2)シニアジョブホームページのお問い合わせフォームより、「起業相談希望」と明記の上、ご連絡ください。 https://corp.senior-job.co.jp/contact 【会社概要】 株式会社 シニアジョブ 代表 : 代表取締役 中島 康恵 本社 : 東京都新宿区大久保1-14-15 三辰ビル7F  TEL : 03-6908-9822 URL : https://corp.senior-job.co.jp/ 事業内容 : シニアの人材ビジネス提供 ご取材に関するお問い合わせ先 株式会社シニアジョブ 広報部 安彦(あびこ) TEL:080-4107-5851 e-mail:m-abiko@senior-job.co.jp

ニュース

ウェブメディアに革命を。――スマホでも雑誌のような世界観を表現「Scrmbl.」

ウェブメディアのUIは画一的であることが多い。また紙媒体の雑誌のような世界観を表現できているとも言いづらい。 そんな今までの既存のウェブメディアのイメージを打破できるサービスが登場した。 株式会社Scrmblの開発した「Scrmbl.」だ。スマホでも雑誌のような世界観を表現できる。 どんなサービスなのだろうか。詳しく見ていこう。 プロフィール 代表 吉玉 元和 スマホでも雑誌のような世界観を表現できる「Scrmbl.」 ――Scrmbl.について教えてください。 Scrmbl.はビジュアルで楽しめる雑誌風のウェブメディアが作れるサービスです。 特徴は、専門知識なしで使えること。テンプレートを豊富に用意しているので、コンテンツを当てはめるだけで使えるようになっています。 カスタマイズももちろん可能。PowerPointのようにデザインを自由に調整できます。 ――Scrmbl.のユーザーについて教えてください。 Scrmbl.は主にウェブメディアに使っていただけるサービスです。 一般的な雑誌でもデザインが求められているようなファッションや旅行、スポーツ、コスメなどの領域で多く使っていただけます。 それ以外にも、LPでの利用も可能。出版社もターゲットになります。 ――Scrmbl.の強みについて教えてください。 Scrmbl.はテンプレの豊富さに強みがあります。最新のスタイリッシュなフォーマットを多数用意。 他にもスマホのデザインに特化していることも特徴です。スマホデザインに特化しているのは、スマホ読者が9割のメディアをターゲットにしているから。 他にもレスポンシブ対応にしてしまうとスキルが必要になってしまうため、ユーザーの工数を上げないという意図もあります。 やりたいことに向かって進め! ――サービスを立ち上げた経緯について教えてください。 もともと学生時代に起業しました。当時はオンラインホワイトボートサービス「Realtime Board」を開発。Open Network Labにも採択していただきました。 そこで学んだことは、やりたいことに向かって進むことが大事だということ。外部がなんと言おうと、自分の進みたい方向へ進むことが大事だと知りました。 その後はフリーのエンジニアとして活動していました。当時から自分でもサービスをやりたいと思っていましたね。 ――それからScrmbl.を立ち上げたのはどうしてですか? ウェブメディアが紙媒体の雑誌の世界観を表せていないと思ったからです。電子雑誌のUIは古く、動画メディアも組み込まれていませんでした。 そのため、自分のCMSでコンテンツを集め、プラットフォームを構築させていきたい。 最終的には、電子雑誌に代わるサービスを創っていきたいですね。 webのフォーマットをアップデート ――Scrmbl.の今後の目標について教えてください。 Scrmbl.は出版社に使ってもらえることが目標です。しかし、最初のトラクションのない段階で出版社にもっていっても相手にされないでしょう。 だからこそ、ウェブメディアにつかってもらいながら実績を作っていきたい。 最終的には、Scrmbl.を使っていないとメディアは面白くないという社会の空気を作っていきたいと思っています。 ――Scrmbl.の目指している世界を教えてください。 私たちはwebのフォーマットをアップデートしていきたい。まずは電子雑誌の領域から取り組んでいきます。 書店で雑誌のコーナーに行くとワクワクしませんか?そのようなワクワクできるプラットフォームを創っていきたいと思っています。 編集後記 AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらやこちら。

ニュース

RPA特化型のマッチングサービスで、理想の働き方を実現。―Peaceful Morning株式会社「RPA HACKフリーランス』」

現在、RPAに注目が集まっている。 RPAは「Robotic Process Automation」の略称で、コンピューター上で繰り返し行う各種作業を自動化できる。 最近では、RPAエンジニアも現れ、フリーランス・副業として活躍する人も増えてきた。 今回は、そんなRPAの専門知識を持ったフリーランス・副業人材と企業をマッチングするプラットフォームサービスを紹介したい。 Peaceful Morning株式会社が運営している『RPA HACKフリーランス』だ。 どんなサービスなのだろうか。詳しくみていこう。 プロフィール 代表取締役社長 藤澤 専之介 RPAのプロと出会えるプラットフォーム「RPA HACK フリーランス」 ――「RPA HACK フリーランス」のサービス内容について教えてください、 「RPA HACK フリーランス」は、フリーランスや副業のRPAエンジニア・導入コンサルタントと企業をマッチングするプラットフォームです。 RPAに関する専門スキルを活かしてフリーランスとして働きたい方や、副業でRPAのプロジェクトに参画してみたい方に会員登録をしていただき、フリーランス案件を紹介します。 現在、180人にご登録していただいています。 RPA HACK フリーランスの仕組み ――どんな方が登録しているのですか? 現在ご登録いただいているのは、フリーランスや副業でRPAのプロジェクトに取り組みたい方ですね。 具体的には、SIerで企業にRPAの導入支援をしている方や、事業会社の中でRPAの内製化に取り組んでいた人などです。 このような専門スキルを、さまざまな場所で活かせるようなサービスを提供しています。 サービス活用のメリット ――サービスの強みについて教えてください。 RPA HACK フリーランスの強みは、180人もの副業・フリーランスのRPAエンジニア・導入コンサルタントが集まるプラットフォームを構築していることです。 RPAを使いこなせる人が集まっており、さまざまな課題を解決することができます。 自分の時間と仕事を両立したい。Peaceful Morning株式会社を立ち上げた想いに迫る。 ――起業した想いについて教えてください。 私が起業したのは、現在の働き方を変えたいと思ったからです。こう思ったのは、自分自身の経験がありました。 私には子どもがおり、共働きをしていたんです。ここで、仕事と家庭の両立の難しさを痛感しました。 たとえば保育園に子どものお迎えに行くには、早く帰らなければいけません。自分の時間を作るために、仕事の時間を犠牲にしなければなりませんでした。 このように、自分の時間と仕事はトレードオフになりがちです。趣味の時間や好きなものの時間と仕事もトレードオフになることもあります。 このような現状から、多くの人が自分の時間と仕事を両立できないかと考えました。 そこで、RPAなどの新しいテクノロジーを通じて、より自分の要望に沿った働き方を実現できるサービスを提供しようと思ったんです。 そこで生まれたサービスがRPA HACK フリーランスでした。 RPAがデジタルレイバーとして、広く活躍する社会の実現へ―。 ――今後、プロダクトはどんな進化をしていきますか? 現在、副業・フリーランスの方のためのプラットフォームを構築しています。 今後は、既存の世の中にある開発ニーズにフリーランスの人が解決できるようにしていきたい。 RPAを使いこなせない企業に対して、システムを開発し、サービスを提供できるようにしていきます。…