スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作る(6:SlackBOT編)
ニュース 2019.06.01

Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作る(6:SlackBOT編)


はじめに
ゆる〜く学ぶ。みんなのWeb勉強コミュニティー。 「にゅ〜ぶる会」を運用中です。
https://newburu.github.io/
そこで、何か教育用のコンテンツが欲しいなぁ〜と思い立ち、今回の企画をスタートしました!
Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作ります!
最終目標
問題・回答の登録は、Scaffoldで簡易でOK
APIを用意して、ランダムに問題を抽出する機能を追加する
TwitterBOT、LINEBOT、SlackBOTが出来たら良いな
履歴
1:構築編
https://qiita.com/newburu/items/ed59f47ac645b19620f6
2:日本語化(i18n)編
https://qiita.com/newburu/items/4f12fdb61bf6cd601545
3:親子関係、登録編
https://qiita.com/newburu/items/f2a20289be5ec1fc1b77
4:親子関係、参照編
https://qiita.com/newburu/items/51b11bd02691efc2cc0d
5:API編
https://qiita.com/newburu/items/89f9f847a2648bdd006c
6:SlackBOT編
本ページ
今回やる事
登録された問題からランダムで問題を呟くSlackBOTを作ります
SlackBOTを作ります
1. SlackにBOTを追加します。
BOTのトークンが必要になりますので、
以下のURLからBOTを追加し、トークンをメモしておいて下さい。
https://api.slack.com/bot-users
2. ランダムで問題を取得するメソッドを追加します。
まずは、モデルに必要なメソッドを追加しましょう。
※もちろん、selfをつけてクラスメソッドですね!
app/models/question.rb
def self.random()
Question.all.sample
end
うん、これは、一度全レコードを取得しちゃうので、メモリ圧迫するし遅いからダメですね。。。
app/models/question.rb
def self.random()
Question.find( Question.plu

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ZAIKOの新サービス「+Archive」適用イベントを対象とした「総額1億円キャッシュバックキャンペーン」がスタート!

デジタルマーケティングのナレッジマネジメントSaaS「GrowthPlanet(グロースプラネット)」ーー株式会社LeanGo

ニュース記事に特化した文章要約AI「タンテキ」β版(無料)リリース

【第1弾にJR東海】 上質なコーヒーを無人で提供。AIカフェロボット「root C」正式リリース 5月6日(木)より東京駅丸の内中央ビルに設置

自分らしく働くヒントがここに!『働くこと』に悩む双極性障害の方に向けたWebメディア「双極はたらくラボ」ーー株式会社リヴァ

産官学金38機関で構成する大学発ベンチャー創出支援プラットフォーム JSTのSCORE事業で研究開発課題の募集開始 総額予算3億円規模で起業推進

公開記事数は約800!就活生のあらゆる悩みを解決する就活専門ブログ「就活攻略論」ーー株式会社L100

睡眠の質を向上させるブランド寝具のサブスクリプションサービス「SLEEPX(スリープエックス)」ーー株式会社レアリスタ

ミートキャリア、法人向けサービスを拡充 オンボーディング(定着・離職防止)・女性管理職育成を支援

日本のキャリアSNS「YOUTRUST」がiOSアプリを正式リリース

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK