スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作る(6:SlackBOT編)
ニュース 2019.06.01

Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作る(6:SlackBOT編)


はじめに
ゆる〜く学ぶ。みんなのWeb勉強コミュニティー。 「にゅ〜ぶる会」を運用中です。
https://newburu.github.io/
そこで、何か教育用のコンテンツが欲しいなぁ〜と思い立ち、今回の企画をスタートしました!
Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作ります!
最終目標
問題・回答の登録は、Scaffoldで簡易でOK
APIを用意して、ランダムに問題を抽出する機能を追加する
TwitterBOT、LINEBOT、SlackBOTが出来たら良いな
履歴
1:構築編
https://qiita.com/newburu/items/ed59f47ac645b19620f6
2:日本語化(i18n)編
https://qiita.com/newburu/items/4f12fdb61bf6cd601545
3:親子関係、登録編
https://qiita.com/newburu/items/f2a20289be5ec1fc1b77
4:親子関係、参照編
https://qiita.com/newburu/items/51b11bd02691efc2cc0d
5:API編
https://qiita.com/newburu/items/89f9f847a2648bdd006c
6:SlackBOT編
本ページ
今回やる事
登録された問題からランダムで問題を呟くSlackBOTを作ります
SlackBOTを作ります
1. SlackにBOTを追加します。
BOTのトークンが必要になりますので、
以下のURLからBOTを追加し、トークンをメモしておいて下さい。
https://api.slack.com/bot-users
2. ランダムで問題を取得するメソッドを追加します。
まずは、モデルに必要なメソッドを追加しましょう。
※もちろん、selfをつけてクラスメソッドですね!
app/models/question.rb
def self.random()
Question.all.sample
end
うん、これは、一度全レコードを取得しちゃうので、メモリ圧迫するし遅いからダメですね。。。
app/models/question.rb
def self.random()
Question.find( Question.plu

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK