スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作る(6:SlackBOT編)
ニュース 2019.06.01

Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作る(6:SlackBOT編)


はじめに
ゆる〜く学ぶ。みんなのWeb勉強コミュニティー。 「にゅ〜ぶる会」を運用中です。
https://newburu.github.io/
そこで、何か教育用のコンテンツが欲しいなぁ〜と思い立ち、今回の企画をスタートしました!
Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作ります!
最終目標
問題・回答の登録は、Scaffoldで簡易でOK
APIを用意して、ランダムに問題を抽出する機能を追加する
TwitterBOT、LINEBOT、SlackBOTが出来たら良いな
履歴
1:構築編
https://qiita.com/newburu/items/ed59f47ac645b19620f6
2:日本語化(i18n)編
https://qiita.com/newburu/items/4f12fdb61bf6cd601545
3:親子関係、登録編
https://qiita.com/newburu/items/f2a20289be5ec1fc1b77
4:親子関係、参照編
https://qiita.com/newburu/items/51b11bd02691efc2cc0d
5:API編
https://qiita.com/newburu/items/89f9f847a2648bdd006c
6:SlackBOT編
本ページ
今回やる事
登録された問題からランダムで問題を呟くSlackBOTを作ります
SlackBOTを作ります
1. SlackにBOTを追加します。
BOTのトークンが必要になりますので、
以下のURLからBOTを追加し、トークンをメモしておいて下さい。
https://api.slack.com/bot-users
2. ランダムで問題を取得するメソッドを追加します。
まずは、モデルに必要なメソッドを追加しましょう。
※もちろん、selfをつけてクラスメソッドですね!
app/models/question.rb
def self.random()
Question.all.sample
end
うん、これは、一度全レコードを取得しちゃうので、メモリ圧迫するし遅いからダメですね。。。
app/models/question.rb
def self.random()
Question.find( Question.plu

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

世界の同年代の学生とリアルタイムで意見交換!オンライン授業から世界平和を目指すーー株式会社With The World

採用管理システム「SONAR ATS」を提供するThinkings、シリーズAで9.5億円の資金調達を実施 ~採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。「SONAR ATS」「SONAR Marketplace」の事業拡大を推進~

M&Aで気を付けておくべき点について解説した資料「【永久保存版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK