スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作る(6:SlackBOT編)
ニュース 2019.06.01

Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作る(6:SlackBOT編)


はじめに
ゆる〜く学ぶ。みんなのWeb勉強コミュニティー。 「にゅ〜ぶる会」を運用中です。
https://newburu.github.io/
そこで、何か教育用のコンテンツが欲しいなぁ〜と思い立ち、今回の企画をスタートしました!
Railsで基本情報技術者試験の過去問題サイトを作ります!
最終目標
問題・回答の登録は、Scaffoldで簡易でOK
APIを用意して、ランダムに問題を抽出する機能を追加する
TwitterBOT、LINEBOT、SlackBOTが出来たら良いな
履歴
1:構築編
https://qiita.com/newburu/items/ed59f47ac645b19620f6
2:日本語化(i18n)編
https://qiita.com/newburu/items/4f12fdb61bf6cd601545
3:親子関係、登録編
https://qiita.com/newburu/items/f2a20289be5ec1fc1b77
4:親子関係、参照編
https://qiita.com/newburu/items/51b11bd02691efc2cc0d
5:API編
https://qiita.com/newburu/items/89f9f847a2648bdd006c
6:SlackBOT編
本ページ
今回やる事
登録された問題からランダムで問題を呟くSlackBOTを作ります
SlackBOTを作ります
1. SlackにBOTを追加します。
BOTのトークンが必要になりますので、
以下のURLからBOTを追加し、トークンをメモしておいて下さい。
https://api.slack.com/bot-users
2. ランダムで問題を取得するメソッドを追加します。
まずは、モデルに必要なメソッドを追加しましょう。
※もちろん、selfをつけてクラスメソッドですね!
app/models/question.rb
def self.random()
Question.all.sample
end
うん、これは、一度全レコードを取得しちゃうので、メモリ圧迫するし遅いからダメですね。。。
app/models/question.rb
def self.random()
Question.find( Question.plu

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

日本から中国の大学生をサポート。Jicooが時差があるオンライン面談の日程調整を効率化!

忙しいビジネスパーソンの味方! 会員数15,000人突破の日程調整サービス「スケコン」を運営する

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK