スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /gccの-rdynamic option 調査メモ
ニュース 2019.06.02

gccの-rdynamic option 調査メモ


はじめに
gccの-rdynamic optionの調査メモ。
gcc 9.1.0, glibc 2.29を対象に調査した。
基本内容に差はないと思うが、target archはx86_64-pc-linux-gnu。
TL;DR
-rdynamicオプションはリンク時のみ効果がある。
-rdynamicオプションを適用すると、共有ライブラリから実行ファイルのシンボル情報を動的に取得できるので、バックトレースの表示などに使われる。
-rdynamicオプションを適用することで、共有ライブラリとして利用可能な実行ファイルを作成できる。
-rdynamicオプションを適用するとシンボルバッティングや意図せず共有ライブラリに制御されてしまうリスクが増えるので、明確に目的がないなら通常は無効にしておく。
gcc,glibcのソースコードは面白い。
gccのspecファイルむずい。
公式ドキュメント
GCCには大量の起動オプションがあり、manだと少し見づらい。
そんなときは公式ドキュメントのOption Indexで確認すると楽。
https://gcc.gnu.org/onlinedocs/gcc-9.1.0/gcc/Option-Index.html#Option-Index_op_letter-R
-rdynamic
Pass the flag -export-dynamic to the ELF linker, on targets that support it. This instructs the linker to add all symbols, not only used ones, to the dynamic symbol table. This option is needed for some uses of dlopen or to allow obtaining backtraces from within a program.
曰く、-rdynamic optionは、Link Options。
すなわち、オブジェクトファイルから実行ファイルを生成するときにのみ作用し、リンクステップがない場合無視される。
そして、-rdynamicオプションがgccに渡された場合、リンカに-export-dynamicオプションを渡す。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK