スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /gccの-rdynamic option 調査メモ
ニュース 2019.06.02

gccの-rdynamic option 調査メモ


はじめに
gccの-rdynamic optionの調査メモ。
gcc 9.1.0, glibc 2.29を対象に調査した。
基本内容に差はないと思うが、target archはx86_64-pc-linux-gnu。
TL;DR
-rdynamicオプションはリンク時のみ効果がある。
-rdynamicオプションを適用すると、共有ライブラリから実行ファイルのシンボル情報を動的に取得できるので、バックトレースの表示などに使われる。
-rdynamicオプションを適用することで、共有ライブラリとして利用可能な実行ファイルを作成できる。
-rdynamicオプションを適用するとシンボルバッティングや意図せず共有ライブラリに制御されてしまうリスクが増えるので、明確に目的がないなら通常は無効にしておく。
gcc,glibcのソースコードは面白い。
gccのspecファイルむずい。
公式ドキュメント
GCCには大量の起動オプションがあり、manだと少し見づらい。
そんなときは公式ドキュメントのOption Indexで確認すると楽。
https://gcc.gnu.org/onlinedocs/gcc-9.1.0/gcc/Option-Index.html#Option-Index_op_letter-R
-rdynamic
Pass the flag -export-dynamic to the ELF linker, on targets that support it. This instructs the linker to add all symbols, not only used ones, to the dynamic symbol table. This option is needed for some uses of dlopen or to allow obtaining backtraces from within a program.
曰く、-rdynamic optionは、Link Options。
すなわち、オブジェクトファイルから実行ファイルを生成するときにのみ作用し、リンクステップがない場合無視される。
そして、-rdynamicオプションがgccに渡された場合、リンカに-export-dynamicオプションを渡す。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

日本から中国の大学生をサポート。Jicooが時差があるオンライン面談の日程調整を効率化!

忙しいビジネスパーソンの味方! 会員数15,000人突破の日程調整サービス「スケコン」を運営する

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK