スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /Macでbashからzshへお引越しする方法
ニュース 2019.06.05

Macでbashからzshへお引越しする方法


お断り
筆者はbashにもzshにも疎いです。そして、この記事はmacOSが対象です。
そしてそして、n番煎じの記事です(n>2)
予めご了承ください。
前置き
前日のWWDC2019にて、 macOS Catalinaが発表されたのはこの記事を読まれている皆さんの記憶にも新しいかと思います。
ところで、macOS Catalinaからは、新規ユーザーの設定時にデフォルトのログインシェルが bash から zsh になるようです。参考リンクはこちら
ということで、これを機に母艦であるMacにてbashからzshに 可能な限り既存の設定を引き継いで zshに乗り換えつつ、良い感じに整えてみたので、自分が行った手順を残しておこうかと思います。
参考になれば幸いです。
前提環境
筆者が行った際の環境は以下の通りです。
macOS 10.14.5 (Mojave)
iTerm2 3.2.9
Homebrew 2.1.4導入済み
また、これまでzshをインストールしたことがない環境への導入を行うものとして説明を行います。
セットアップ手順
前提環境にもあるように、ここでの手順はHomebrewを導入していることを前提に手順を記します。
また、以下の説明にて実行するコマンドの先頭には$をつけています。
1. zshをインストール
zshに乗り換えるので、これがないと始まりません。
Homebrew経由でzshをインストールします。
$ brew install zsh
2. zsh-completionをインストール
zshの補完機能を強化するzsh-completionをインストールします。
$ brew install zsh-completion
インストール後、設定を行うよう促される表示が出ますが、一旦無視します。
3. zshを起動してセットアップしてみる
おもむろに以下のコマンドでzshを起動します。
$ zsh
すると、以下のような表示が出るかもしれません。
This is the Z Shell configuration function for new users,
zsh-newuser-install.
You are seeing this message because you have no zsh startup files

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK