スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /Macでbashからzshへお引越しする方法
ニュース 2019.06.05

Macでbashからzshへお引越しする方法


お断り
筆者はbashにもzshにも疎いです。そして、この記事はmacOSが対象です。
そしてそして、n番煎じの記事です(n>2)
予めご了承ください。
前置き
前日のWWDC2019にて、 macOS Catalinaが発表されたのはこの記事を読まれている皆さんの記憶にも新しいかと思います。
ところで、macOS Catalinaからは、新規ユーザーの設定時にデフォルトのログインシェルが bash から zsh になるようです。参考リンクはこちら
ということで、これを機に母艦であるMacにてbashからzshに 可能な限り既存の設定を引き継いで zshに乗り換えつつ、良い感じに整えてみたので、自分が行った手順を残しておこうかと思います。
参考になれば幸いです。
前提環境
筆者が行った際の環境は以下の通りです。
macOS 10.14.5 (Mojave)
iTerm2 3.2.9
Homebrew 2.1.4導入済み
また、これまでzshをインストールしたことがない環境への導入を行うものとして説明を行います。
セットアップ手順
前提環境にもあるように、ここでの手順はHomebrewを導入していることを前提に手順を記します。
また、以下の説明にて実行するコマンドの先頭には$をつけています。
1. zshをインストール
zshに乗り換えるので、これがないと始まりません。
Homebrew経由でzshをインストールします。
$ brew install zsh
2. zsh-completionをインストール
zshの補完機能を強化するzsh-completionをインストールします。
$ brew install zsh-completion
インストール後、設定を行うよう促される表示が出ますが、一旦無視します。
3. zshを起動してセットアップしてみる
おもむろに以下のコマンドでzshを起動します。
$ zsh
すると、以下のような表示が出るかもしれません。
This is the Z Shell configuration function for new users,
zsh-newuser-install.
You are seeing this message because you have no zsh startup files

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

【アップサイクルから日本のシルク産業再建へ「WOWフラッフィーソープ」伊勢丹新宿店での発売開始リリースのご送付】

ラピュタロボティクスとみずほリースが資本業務提携

Job総研『2022年 職場の上司に関する調査』を実施

部下タイプ別1on1シーンのAI分析による調査報告 〜適性検査×トーク構成分析で、SDGs「働きがい」を醸成できる職場づくりのためのウェビナーを開催〜

ウェビナー「中小企業のためのデータ分析導入ケーススタディ~鹿児島県曽於市小迫ストアーの挑戦~」を6/3(金)に開催します

更なる成長をめざすスタートアップの事業拡大を支援!「スタートアップ発展支援プロジェクト「RISING4.0!」」参加者募集

採用ベストマッチングへの取り組みを表彰する 「Best Recruit Matching Award 2022」、受賞企業10社を発表

Job総研『2022年 脱マスクに関する意識調査』を実施

プレスリリースタイトル ヘルスケア分野に特化したビジネス創出プログラム!【大阪公立大学ヘルステックスタートアップス2022】プログラム参加者募集開始

Jicoo(ジクー)、時間の使い方を分析できる統計機能を提供開始

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK