スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /元商社マン、カキ養殖に挑む 徳島「リブル」 魅力的な水産業を追求
ニュース 2019.06.05

元商社マン、カキ養殖に挑む 徳島「リブル」 魅力的な水産業を追求


大手商社のインドネシア駐在員を辞めた早川尚吾さん(32)と高畑拓弥さん(29)が4月、徳島県南部の海陽町でカキ養殖を始めた。地元の漁師が「子供に継がせたくない」と嘆く水産業を魅力的な仕事に変えてみたい。オーストラリアで開発された生産手法を導入し、粒ぞろいのカキを育てる。

◆移住を即決

PR

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

Jicoo(ジクー)、セミナー・イベント対応予約機能の提供開始

企画生産からワンストップでP2Cをサポート「Brand-Box」

電話DXのIVRy、アルフレッサシステム社において出社率の低いコロナ禍での電話業務の効率化に成功

習慣化アプリ「みんチャレ」、資生堂とピアサポートによる健康美の実現

オンライン中古車フリマ"Cartree"事前登録スタート!

「提案型キャリアカウンセリングを学ぶ1日体験講座」 10月9日(土)開催

京阪神スタートアップアカデミア・コアリション キックオフ・カンファレンス ~未来をつくる~ 様々な分野で活躍する、未来をつくる人々が大集合!

AnyMind Group、株式会社プラリタウンとの業務提携に合意 国内法人のデジタル化推進へ

関西最大級スタートアップの祭典「Hack Osaka2022」開催!~今年で9回目の開催!関西最大級のスタートアップの祭典でピッチコンテストに参加しませんか?~

ライボ ワクチン接種特別休暇制を度導入しました

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK