スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)創造産業振興のための助成を開始!「新商品・サービス開発部門」「事務所開設奨励部門」
ニュース 2019.07.08

アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)創造産業振興のための助成を開始!「新商品・サービス開発部門」「事務所開設奨励部門」

アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)創造産業振興のための助成を開始!「新商品・サービス開発部門」「事務所開設奨励部門」

3行で言うと…
ヨコハマ創造産業振興助成開始!「新商品・サービス開発部門」「事務所開設奨励部門」
本助成プログラムを通じて、クリエイター、企業、大学等が行う革新的、創造的な取組を支援し、創造産業へ積極的に行動する街・横浜を目指します。

アーツコミッション・ヨコハマ(略称:ACY、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団運営)は、“つなぐ、ふやす、アートの現場”を標語に、横浜市文化観光局が掲げる「文化芸術創造都市・横浜」施策に基づき、横浜都心臨海部にクリエイターを多数迎え、様々な担い手と協働し、実験的な取組を行い、横浜ならではの魅力を生み出すことに寄与しています。

この一環として、この度新たに「ヨコハマ創造産業振興助成」制度を設け、2部門「新商品・サービス開発部門」「事務所開設奨励部門」の募集を開始します。
本助成プログラムを通じて、クリエイター、企業、大学等が行う革新的、創造的な取組を支援し、創造産業へ積極的に行動する街・横浜を目指します。皆さまのご応募をお待ちしております。

<クリエイター、企業、大学等が行う革新的、創造的な取組を支援>
■ヨコハマ創造産業振興助成

「新商品・サービス開発部門」
市内に優れた中小企業等が多数存在することを背景に、クリエイターと企業・大学等によるアイデアや技術力のかけあわせを通じて新たなビジネスが生まれ、横浜ならではのデザイン・ものづくりなどが国内外に発信されることを支援します。
※2019年7月26日〆切/必着
詳細|http://acy.yafjp.org/grants/raise/sozosangyo-kaihatsu2019.html

「事務所開設奨励部門」
革新的な取組を行うクリエイティブ企業の関内・関外地区での拠点開設を支援します。
※随時受付・都度審査(事務局までお問い合わせ下さい)
詳細|http://acy.yafjp.org/grants/raise/sozosangyo-jimusyo2019.htm

問合せ:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 アーツコミッション・ヨコハマ
〒231-0023 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル1階
TEL:045-221-0212 FAX:045-221-0216
来館の場合の営業時間:平日9:00~17:00

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

世界の同年代の学生とリアルタイムで意見交換!オンライン授業から世界平和を目指すーー株式会社With The World

採用管理システム「SONAR ATS」を提供するThinkings、シリーズAで9.5億円の資金調達を実施 ~採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。「SONAR ATS」「SONAR Marketplace」の事業拡大を推進~

M&Aで気を付けておくべき点について解説した資料「【永久保存版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK