プロフットボールプレーヤーのイニエスタ選手が リブ・コンサルティング“CEO”に就任

プロフットボールプレーヤーのイニエスタ選手が リブ・コンサルティング“CEO”に就任

3行で言うと…
株式会社リブ・コンサルティングは、2019年7月1日(月)よりChief Evangelistic Officer(チーフ・エバンジェリスティック・オフィサー/最高理念伝導責任者、以下CEO)に、Jリーグ「ヴィッセル神戸」に所属しプロフットボールプレーヤーとして活躍中のアンドレス イニエスタ選手が就任したことを発表。イニエスタCEO就任を機に、ベンチャーコンサル事業強化に取り組む。また就任を記念して、イニエスタ選手と代表の関厳との対談動画も公開。
 株式会社リブ・コンサルティング(本社:東京都千代田区、代表取締役:関厳)は、2019年7月1日(月)よりChief Evangelistic Officer(チーフ・エバンジェリスティック・オフィサー/最高理念伝導責任者、以下CEO)に、Jリーグ「ヴィッセル神戸」に所属しプロフットボールプレーヤーとして活躍中のアンドレス イニエスタ選手が就任したことを発表。

 伝説的なゲームチェンジャーであり、礼節を尊び思いやりがある模範的性格、そして何より巧みなプレーで見せる賢明さを併せ持つイニエスタ選手と、リブ・コンサルティングが目指す、挑戦者として業界を変えるマインドを持つこと、周囲から尊敬される企業であること、そしてコンサルタントとしてチームの頭脳であるべき、と考えるビジョンが大きくシンクロすることに互いに感銘を受け、今回のCEO就任が実現。

 リブ・コンサルティングは「“100年後の世界を良くする会社”を増やす」という経営理念を掲げており、イニエスタ選手はプロフットボールプレーヤーとして、弊社はコンサルティング企業としてともに”100年後の世界を良くする“ことを目指す。

 リブ・コンサルティングはコンサルティング部門の中でもベンチャー支援の事業強化に取り組む。外部の支援によって飛躍的に成長する可能性を秘めるベンチャー企業を支援することで未来を担う企業が増えることを狙う。

 イニエスタ選手は、ベンチャー企業の支援事業を強化していく取り組みに参加。広告をはじめとして、社員向けの映像出演など、内外からの事業活性化を行っていく。

■イニエスタ選手とリブ・コンサルティング代表 関厳との対談
イニエスタ選手と代表の関厳(せき いわお)との対談動画を公開。イニエスタ選手からは、“アイデアや信念、哲学を持つことが重要”であるという考えや、“日本の企業もサッカーもまだまだ可能性がある”という意見が聞かれた。
今回の対談内容及びベンチャー企業の支援事業に関する取り組みは特設サイト
(https://www.libcon.co.jp/venture/)にてご覧いただける。

■アンドレス イニエスタ選手プロフィール
1984年生まれ、スペイン・フエンテアルビージャ出身。
12歳でFCバルセロナの下部組織に加入以来、FCバルセロナで22年間を過ごし、2015年からはキャプテンに就任。リーガ・エスパニョーラ制覇9回。
スペイン代表としては欧州選手権を 2 度制覇し、 2010FIFAワールドカップ
南アフリカ大会では決勝点を挙げ、スペインの初優勝に貢献。
2018年よりJリーグ、ヴィッセル神戸に加入。

■株式会社リブ・コンサルティング
事業内容:総合経営コンサルティング業務/企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営
所在地:[本社]東京都千代田区大手町1丁目5-1 大手町ファーストスクエア ウエストタワー 19階/20階
    [拠点]大阪、韓国(ソウル)、タイ(バンコク)
設立:2012年7月
社員数:145名 
代表者:代表取締役社長 関 厳(せき いわお)
コーポレートサイト:https://www.libcon.co.jp/
特設サイト:https://www.libcon.co.jp/venture/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *