エイシングが、新たなイノベーションを生み出す社内制度として、 勤務時間を自身の選んだ研究テーマに充てられる「ゼミ制度」をスタート

エイシングが、新たなイノベーションを生み出す社内制度として、 勤務時間を自身の選んだ研究テーマに充てられる「ゼミ制度」をスタート

3行で言うと…
エッジAIスタートアップのエイシングは、導入機器側でリアルタイムな自律学習・予測が可能な独自のAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリー(以下、DBT)」を開発・提供。
この度、社内より新たなイノベーションを生み出すための制度として、勤務時間の一部を社員が自身で選んだ研究テーマに充てられる「ゼミ制度」を、2019年8月22日(木)より開始。
自社の研究活動からイノベーションを創出することで、インダストリー4.0の推進に寄与することを目的とし、今後は社外からの参加者も募集。
エッジAIスタートアップのエイシングは、導入機器側でリアルタイムな自律学習・予測が可能な独自のAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリー(以下、DBT)」を開発・提供。
この度、社内より新たなイノベーションを生み出すための制度として、勤務時間の一部を社員が自身で選んだ研究テーマに充てられる「ゼミ制度」を、2019年8月22日(木)より開始。
自社の研究活動からイノベーションを創出することで、インダストリー4.0の推進に寄与することを目的とし、今後は社外からの参加者も募集。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *