ユーフォリア、「ONE TAP SPORTS」に「リハビリ管理」機能を追加

ユーフォリア、「ONE TAP SPORTS」に「リハビリ管理」機能を追加

3行で言うと…アスリートのコンディション・体調管理システムの「ONE TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)」に、リハビリ管理機能が搭載されました!さらに便利になりました!
〜負傷した選手のリハビリ計画を見える化し、ワンストップで管理が可能に〜

アスリートのコンディション・体調管理システム「ONE TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)」を開発・提供する株式会社ユーフォリア(本社:東京都千代田区 共同代表:橋口 寛/宮田 誠、以下 ユーフォリア)は、「リハビリ管理」機能をリリースしました。

■「リハビリ管理」機能の開発背景・概要
従来、トップスポーツのアスリートが外傷・障害によりリハビリテーションを行う際、リハビリ計画の策定や経過管理は、チームドクターやトレーナーなどのメディカルスタッフが、一人一人の怪我の状況に応じて計画を策定し個別にファイル管理を行うことが多いため、共有しづらく煩雑になりがちでした。
今回、「リハビリ管理」機能が追加されたことにより、コンディションやパフォーマンスの管理を行う「ONE TAP SPORTS」をプラットフォームとし、ワンストップでリハビリ計画の策定、既往歴の蓄積、リハビリ中選手の一覧を表示できるようになりました。
インターネットから「ONE TAP SPORTS」にアクセスすれば、スタッフ間でデータを共有できるため、チーム内のリハビリ状況に関するコミュニケーションもスムーズになり、属人的になりがちなファイル管理を避けることができます。
なお、すでに「ONE TAP INJURY(スポーツ外傷・障害管理機能)」をご利用いただいているチームは、本機能を追加料金不要でご利用できます。

■ONE TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)について(https://www.one-tap.jp/top)
「ONE TAP SPORTS」は、「ONE TAP CONDITIONING」機能・「ONE TAP INJURY」機能で構成され、試合や練習を通じて得られる行動データに加えて、食事メニューやケガの状態など組み合わせて分析することにより、トレーナー・コーチ・監督等の指導者がアスリートへ適切な指導やアドバイスを行うことを可能にするシステムです。
アナログでの情報収集・管理・指導が主流だったスポーツの現場において、アスリートのコンディションなどさまざまな情報を「見える化」し、コンディション管理・パフォーマンス向上の実現をサポートしています。現在、ラグビー日本代表をはじめとする日本代表では14競技、プロチームを中心に国内外で40競技・350チーム以上に導入されています。

■株式会社ユーフォリア について
ユーフォリアは「データドリブンでコンディションを科学する」をミッションに、アスリートのコンディション管理、ケガ予防のためのSaaS型データマネジメントシステム「ONE TAP SPORTS」を開発・提供するスポーツテック企業です。より安全で楽しく、かつ効率的にスポーツを行う環境整備にデータ面から貢献してまいります。

本社  :東京都千代田区六番町5-5 飯田ビル2階
設立  :2008年8月18日
代表者 :代表取締役/共同創業者 橋口 寛・宮田 誠
事業内容:スポーツデータサイエンス/スポーツ領域における
  システム開発・保守・コンサルティング
URL   :https://www.eu-phoria.jp/

【本件に関するお問合わせ先】
株式会社ユーフォリア 広報担当 E-mail:pr@eu-phoria.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *