スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /ベンチャーバンク主催『第2回ビジネスプランコンテスト』開催決定!
ニュース 2020.02.03

ベンチャーバンク主催『第2回ビジネスプランコンテスト』開催決定!

ベンチャーバンク主催『第2回ビジネスプランコンテスト』開催決定!

3行で言うと…賞金総額最大 400万円!!
『第2回VentureBankビジネスプランコンテスト』開催決定
競争力を発揮できる実現性のあるプランであればビジネスのジャンルは問いません!
昨年開催されたベンチャーバンク主催の『 ビジネスプランコンテスト2019』は、賞金総額300万円をかけ、280を超える応募があり、最終17名が受賞となりました。
そして早くも今年2月より、第2回のビジコン開催が決定しました。

賞金総額最大 400万円!!
ベンチャーバンクが主催するビジネスプランコンテストは、所属や年齢制限などは特に設けていないため、幅広い層が参加できるビジコンとなっています。
賞金総額は前回を上回り、賞金総額最大400万円!
受賞特典は最優秀賞 賞金100万円に加え、Venturebank賞 賞金30万円、入賞があり、今回、新たに設置されたVenturebank賞では、最終プレゼン会場で審査員がその場でジャッジし、審査基準をクリアした最大10名に、その日に賞金30万円を受け取れることができるという、ベンチャーバンクならではの面白い企画となっています。
また、受賞者全員にさまざまな起業家やベンチャーキャピタルの強力な支援プログラムが付与される点もこのビジコンの魅力のひとつだといえます。
コンテスト募集要項
<開催地>
 東京都内

<応募資格>
1.年齢制限は無し
2.日本在住で日本語での会話が可能な方
3.所属制限は無し。個人・法人、またはグループでの応募も可能
4.6月中旬開催の「最終プレゼン会」及び6月下旬の「授賞式」に参加できること(交通費は自己負担)

<募集内容>
1.ビジネスプランの一部、またはその全てにおいて既に事業化していないもの。
2.過去に同様のコンテスト、インキュベーションプログラムやアクセラレータープログラム、またはそれらに準ずるものに応募した内容ではないもの。
3.ジャンルは問いません。昨今のビジコンでは社会課題や地域活性化など方向性が定められているものが多いですが、独創的なサービスや商品によって他との差別化が図られ、競争力を発揮できる実現性のあるプランであればビジネスのジャンルは問いません。
熱意のある「ビジネスアイデア」を持ち、起業家になりたいと考えている方とたくさんお会いできることを楽しみにしています。

<審査基準>
下記1~3を総合的に評価
1. 独自性
2. 市場優位性
3. 成長性
4. 実現性(収益性を含む)

スケジュール
一次応募受付期間
2020年2月1日(土)~4月15日(水)23:59まで

応募はこちら
https://venture-bank.net/competition/14/

公式サイト
https://venture-bank.net/

<会社概要>
会社名 :一般社団法人 ベンチャーバンク
代表 :成瀬 美希
福岡オフィス:福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル7F
東京オフィス:東京都千代田区有楽町2丁目10-1 東京交通会館6F

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

プログラミング転職大陸のリリース|株式会社プルチーノ

ICTの力で先生たちの業務負担を軽減!保育業務支援システム「Hoisys」

飲食店の経営に役立つサービスを見つけられる情報比較メディア「CAROT(キャロット)」ーーキャロット株式会社

ホテルの客室、ラウンジや朝食会場などの遊休空間を活用し、スキマ時間に働く場所を提供するワークスペースサービス「Threes(スリーズ)」ーートーキョーサンマルナナ株式会社

イメージ通りの曲が作れるAI作曲クラウドサービス「SOUNDRAW」で楽曲制作の民主化を実現するーーSOUNDRAW株式会社

AppsFlyer、“永年無料”のアプリマーケティングツール利用サービス「Zero Plan」リリース

ベネフィット・ステーションの福利厚生サービスとして、 5月からミートキャリアのカウンセリングを提供開始!

Nishikaが新たなデータサイエンスコンペティション「日本絵画に描かれた人物の顔分類に機械学習で挑戦!」をスタート

【業界初】フリーエンジニアの悩みを一挙に解決するサービス「Stanfit」始動!

高度な営業企画書をオンライン上で自動生成。クラウド型提案書作成サービス『YAORDER』β版の事前登録を受付開始。

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK