スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /自動車業界向けのオンラインBtoBの受発注システム「モタガレPack」を運営。MiddleField株式会社。
ニュース 2020.02.18

自動車業界向けのオンラインBtoBの受発注システム「モタガレPack」を運営。MiddleField株式会社。

中山翔太

MiddleField株式会社代表取締役。法政大学キャリアデザイン学部卒。自動車のアフターパーツメーカーである株式会社SARDにて、同社が運営するレーシングチーム”LEXUS TEAM SARD”のスポンサー営業やプロモーション等の運営業務に携わる。モータースポーツに関わるファンやレーサー、スポンサーとの接点を多く持つ中で、IT化の遅れや労働人口の減少、業界の高齢化等の自動車業界が抱える課題に気づき、それらを解決すべく起業を決意。2015年12月にMiddleField株式会社を設立。

Previous

自動車業界向けのオンラインBtoBの受発注システム「モタガレPack」を運営。MiddleField株式会社。

みなさん車の整備に関して困ったことはあるだろうか。例えばガソリンスタンドでオイル交換をしようと思っても、電話やFAXのみでの対応しかないといったIT化の遅れが自動車業界の課題としてある。今回はそのような課題を解決する、自動車業界向けのオンラインBtoBの受発注システム「モタガレPack」を運営するMiddleField株式会社を紹介する

サービスを一言で言うと、「自動車業界向けのオンラインBtoBの受発注システム」です。

モタガレPackは地域の商社を介さず、メーカーと店舗を直接マッチングさせるプラットフォームとなっています。

モタガレPackでは、カー用品のメーカーが販売するパーツをモタガレPackに掲載し、自動車整備工場やパーツ販売店、ガソリンスタンドがパーツを検索し、注文することができます。

モタガレPackの特徴は商品検索機能です。モタガレPackでは商品適合情報をデータベース化しているだけでなく、約4億SKUもの商品から欲しい商品を探すことができます。それだけでなく、メーカーや車の車種専用のページからその車にて適合するパーツを簡単に探し購入することができます。

また、車を持っている方であればガソリンスタンドでエンジンオイルやタイヤの交換等を勧められた経験がある方もいると思いますが、これらのほぼすべての企業の注文は電話かFAXです。受注や在庫管理はホワイトボード、顧客管理に至ってはノートや頭の中で管理しているということも珍しくありません。

現在、モタガレPackは受発注管理が主な機能ですが、今後は顧客や在庫、車両データなどを管理できるクラウドツールとして提供し、そういった課題を解決します。

ユーザーとして、売り手側はカー用品のメーカーさん、買い手側は中古車屋さんやガソリンスタンド、パーツショップさんを想定しています。

競合は、インフォーマートさんあたりが競合になってくると思います。私たちの強みとして、自動車業界に特化した4億SKUもの商品を取り扱っているデータベースが強みです。

自動車業界のIT化を進めたい。

創立の経緯について聞いた。

前職はカー用品メーカーで働いていました。その中で周りに車好きな人がいましたが、欲しい商品があってもなかなかないといった声や、ヤフオクでカー用品買ったら使えなかったといった声を耳に、自動車業界のIT化の遅れを課題として感じておりました。そういった課題を無くすために自動車業界のIT化を進めていこうと思い、起業しました

そして起業後は、最初は情報部分の流通を変えていこうと思い、いろんなパーツメーカーさんや自動車業界の情報を取り扱うメディアからスタートしました。その後toC向けのECサイトを始め、ユーザーがメーカーから直接パーツを変えるようにし、toC向けのECサイトを運営していく中でtoB向けの販売も徐々に増え、toBの需要が高いことがわかってきました。そこで、BtoBにフォーカスしてみたところ、非効率的な業務がまだ行われていただけでなく、IT化の遅れを課題として感じ、そのような課題を解決するBtoB向けのプラットフォームを作ろうと思い、モタガレPackに至りました。

全てプラットフォームで一元化へ。

将来の展望を聞いた。

今後1年間ではBtoBプラットフォームを拡大していきたいと思います。私たちのプラットフォームには売り手側も買い手側もメリットがあります。売り手側は7割くらいファックスで作業している現状を改善できるだけでなく、業界の高齢化も進んでいるので私たちのプラットフォームで効率の向上をサポートしていきたいです。また、中古車屋さんの売り上げは現在落ちてきています。そこでモタガレPackからカー用品の販売で買い、新たな可能性を創れるところが買い手側のメリットです。

今後5年では整備や車検やローンや保険など自動車のライフサイクルの全てのプラットフォーム化したいと考えております。車検も整備もパーツも保険も全部私たちのプラットフォーム1つで行えるようにしたいです。

サイトへ

編集後記

取材担当阿部

自動車が好きな阿部です。自動車のパーツで内装も外装もたくさんあるので、探すのはなかなか難しいですよね…。4億SKUも取り扱っているのには驚きました。これからも応援しています!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK