スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /気軽な撮影体験を!カメラマン版Uber「PHOTTE」3月リリース決定!
ニュース 2020.02.21

気軽な撮影体験を!カメラマン版Uber「PHOTTE」3月リリース決定!

気軽な撮影体験を!カメラマン版Uber「PHOTTE」3月リリース決定!

3行で言うと…写真を撮って欲しい時にカメラマンを呼べるサービスができました。マッチングから撮影あったで10分で完結し、データ共有もアプリ内で行うことができます。記者の皆さんコンタクト待ってます!
新しい旅のツール『PHOTTE』3月リリース!
〜写真をとって欲しい時にカメラマンを呼べるアプリ誕生〜
Fiveon株式会社は写真を撮って欲しい人とカメラマンを繋げる マッチングアプリ「PHOTTE」を3月にリリースします。 ユーザー付近にいるトルー(サービス内カメラマンの呼称)にPHOTTEを通じて 依頼することでスポット撮影を可能にするサービスです。

旅行先や観光地で誰かに写真を撮ってもらう経験は誰にでもあると思います。この経験に、 クオリティとおもてなしを加えたものがこの『PHOTTE』です。マッチングから撮影まで 10分で完結し、データ共有もアプリ内で行うことができます。

アプリ内サービスの流れ (アイコン/画像イメージ)
1. アプリを起動、近くにいるトルーを探す
2. トルーのポートフォリオを確認!「撮ってもらう」をPUSH!
トルーに依頼ができます
3. ユーザー間のやり取り、取引の管理、写真の共有、決済の全てがアプリ内で完結
4. サンキューレビュー!ありがとうの気持ちを伝えよう
※Thankyou review
点数ではなくリアルなレビュー!写真を通して人と人が繋がり、ありがとうが溢れるサービス。

“PHOTTE” の掲げるビジョン
『おもてなし溢れる世界に』 写真をおもてなしの手段とし、PHOTTE利用者間の感謝を伝え、受け取り、可視化 することがサービス最大の価値です。 人と人がリアルに繋がることで、優しさの連鎖が生まれ、おもてなしで溢れる世界 を目指します。

“PHOTTTE” 6つのVALUE <ユーザー側>
1. 手軽に依頼でき、データ共有もアプリ内で完結
2. 「ハイ!チーズ」では撮れない自然な写真で思い出を彩ることができる
3. トルーに撮ってもらう体験を通して何でもない日常を最高の日に
<トルー(=サービス内フォトグラファー呼称)側>
1. 趣味の撮影の合間や空き時間に気軽に撮影ができ、金銭対価を得ることができる
2. ユーザーからのリアルな感謝の声を受け取れる 3. 自分が撮った写真で“誰か”を幸せな気持ちに

Fiveon株式会社
代表者:中澤 嵐
設立:2019年6月
所在地:〒150-0044 東京都渋谷区円山町5番5号 Navi渋谷V3階
E-mail: info@fiveon.world
URL:https://photte.world
【本件に関するお問い合わせ先】
Fiveon株式会社(担当:遠山) E-Mail:info@fiveon.world

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

日本から中国の大学生をサポート。Jicooが時差があるオンライン面談の日程調整を効率化!

忙しいビジネスパーソンの味方! 会員数15,000人突破の日程調整サービス「スケコン」を運営する

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK