スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /AppsFlyer、世界のアプリインストール広告に関する3カ年市場予測を発表
ニュース 2020.02.21

AppsFlyer、世界のアプリインストール広告に関する3カ年市場予測を発表

AppsFlyer、世界のアプリインストール広告に関する3カ年市場予測を発表

3行で言うと…モバイルアトリビューションプラットフォームを提供するAppsFlyer Japanが「全世界のアプリインストール広告費に関する3カ年予測」を発表。
世界のアプリインストール広告費は2022年までに現在の2倍以上に拡大する見込みで成長している。
2019年、日本の市場規模は中国に次ぐアジア2位の2,943億円であった。
モバイルアトリビューションとマーケティングアナリティクスのプラットフォームを提供するイスラエル発企業のAppsFlyer Japanが「全世界のアプリインストール広告費に関する3カ年予測」を発表。「全世界のアプリインストール広告費に関する3カ年予測」は、AppsFlyerが保有する、2017年から2019年までの300億の非オーガニックインストール、480億ドルの広告費、7.2万のアプリについてのデータを基に、各国の動向をまとめたレポート。

2019年のモバイルアプリによる消費支出は約13兆円(1,200億ドル)と2016年に比べ2倍以上に伸びており、今後も拡大していく見込みである。企業が消費者とのコミュニケーションにモバイルアプリを活用する必要性が年々高まっているなか、現在世界的にモバイル広告の需要が急増。
AppsFlyerは、グローバルシェア72%を超える世界No.1のモバイルアトリビューションプラットフォームを提供しており、自社で保有するビッグデータを基にこの度の「全世界のアプリインストール広告費に関する3カ年予測」を発表した。

・【世界】2019年、世界のアプリインストール広告費は約6兆円(578億ドル)に。さらに2022年までには2倍以上となる約13兆円(1,180億ドル)にまで市場が急拡大

世界における2019年の年間アプリインストール広告費は、約6兆円(578億ドル)となった。またAppsFlyerの予測では、アプリインストール広告費は今後も堅調な増加を続け、2022年には、2019年の2倍以上となる約13兆円(1,180億ドル)に達する見込み。
2017年以降、スマートフォンの年間販売台数は減少しているものの、開発途上国では大部分の人がスマートフォンをまだ所有しておらず、2022年までには、インド、中国、インドネシア、およびアフリカの多数の国を中心に、数億人のユーザーが新しくスマートフォンを使ってインターネットを利用するようになり、アプリインストールを促すためのマーケティングがますます拡大する見込みとのこと。

・【APAC】中国がアジア全体を牽引し、2022年にはアジアの市場規模が世界の半分以上を占めるまでに拡大予定

中国、日本、インド、インドネシアの巨大市場を擁するAPAC(アジア太平洋地域)においては、アプリインストール広告費が2019年は約3.3兆円(300億ドル)となり、2020年は前年比32%の成長率で拡大、2022年までに世界でアプリインストール広告費にかけられる予算の半分以上がこの地域で消費されるほど巨大な市場規模に拡大する見込み。

メディアにかかるコストが1インストールあたり約349〜381円(3.2〜3.5ドル)と比較的高い日本は、LTV(顧客生涯価値)の高いインターネットユーザーベースがあり、APACにおけるアプリインストール広告費が中国に次いで2番目に高く、2019年には約2,943億円(27億ドル)に達している。

https://www.appsflyer.com/jp

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

M&Aで気を付けておくべき点について解説した資料「【永久保存版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開版】5つのポイントで掴むM&Aの完全成功マニュアル」を公開

好きな食べ物から毎日のコーヒーを決める!オーダーメイドコーヒー『Omame』誕生

自社にパーソナライズされた献立を届ける「献立AI」サービス

2/10(水)ESG経営をリードする各界の先駆者が集結!「ESG/SDGs」の最前線にフォーカスしたフォーラム「The Future of ESG/SDGs」開催

“超効率型デリバリー”で飲食店とランチ難民を救う フードデリバリーのチェンジメーカー「ミノージャパン」 株式投資型クラウドファンディングを開始

チームをつなげるオンラインオフィス構築プラットフォーム「Parafice(パラフィス)」を、"サテライトオフィス2.0"にーー株式会社Divide

患者が自宅にいる間もリハビリをサポートできる病院・接骨院向けの顧客管理システムで、患者もセラピストも幸せにーー株式会社リハサク

ミノージャパン、#FUNDINNO 様で株式投資型クラウドファンディングに挑戦!

採用候補者の性格を可視化し、社員の性格傾向と照合して採用活動のミスマッチを防ぐ適性検査クラウド「Jobgram(ジョブグラム)」ーーグラム株式会社

効率的なガバナンスとオープン性を両立!ブロックチェーン開発プラットフォーム「Tapyrus(タピルス)」で、安全な分散型データ社会の実現へーー株式会社chaintope

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK