スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /QVCジャパンが「ELLE」ブランドのライセンス契約を締結。テレビ通販から、ショッピング体験のデジタルシフトを実現
ニュース 2020.02.27

QVCジャパンが「ELLE」ブランドのライセンス契約を締結。テレビ通販から、ショッピング体験のデジタルシフトを実現

QVCジャパンが「ELLE」ブランドのライセンス契約を締結。テレビ通販から、ショッピング体験のデジタルシフトを実現

3行で言うと…テレビを中心としたマルチメディア通販企業の株式会社QVCジャパンが、日本におけるELLEブランドの統括・開発を行う株式会社ラガルデール アクティブエンタープライズ ジャパンとライセンス契約を締結。
フランス発ライフスタイルブランド「ELLE(エル)」から新たにデビューするファッションアパレルブランド『ELLE PARIS(エル パリ)』の企画製造・独占販売を開始する。
QVCジャパンは、『ELLE PARIS』の独占により、既存のテレビ通販の客層のみならず、トレンドに敏感な層の女性のニーズにも応えられるショッピング体験として、デジタルシフトを推進する。
テレビを中心としたマルチメディア通販企業の株式会社QVCジャパンが、この度、日本におけるELLEブランド商品の統括及び開発を行う株式会社LAGARDÈRE ACTIVE ENTERPRISES JAPAN(ラガルデール アクティブエンタープライズ ジャパン)とライセンス契約を締結し、フランス発ライフスタイルブランド「ELLE(エル)」から新たにデビューするファッションアパレルブランド『ELLE PARIS(エル パリ)』を新たにスタートする。

◆マルチメディアで展開するQVCジャパンがブランドの企画製造、独占販売ライセンスを取得

この度、『ELLE PARIS』のデビューにあたり、近年、急速に変化するアパレル市場とそのニーズに対応すべくELLEおよびブランドライセンス事業を行うラガルデール社と、テレビショッピングを主体に通販事業を行うQVCジャパンのライセンス契約が実現。
QVCジャパンのアパレル事業では初めての試みになるSPA型の自社企画による商品調達を行う。また、そのリソースを最大限活用し新たな客層の開拓を目指す。新ブランド 『ELLE PARIS』を通して、既存のテレビ通販の客層のみならず、トレンドに敏感な層の女性のニーズにも応えられる快適で楽しいショッピング体験を創造し、デジタルシフトへの移行・拡充を進めていく。

ブランドサイトURL:https://qvc.jp/elle

株式会社QVCジャパンについて
株式会社QVCジャパンは、2000年にQVC社(アメリカ)と、三井物産株式会社が60対40の合弁で設立したテレビショッピングを主体とするマルチメディア通販企業。社名のQVCは企業理念であるQuality(品質)、Value(価値)、Convenience(利便性)の頭文字を取ったもの。2001年4月1日から放送を開始し、24時間365日、番組やウェブサイトでファッション、ビューティ、食品、家電やジュエリーなどの幅広い商品を紹介。
ウェブサイト:https://qvc.jp

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ニュース記事に特化した文章要約AI「タンテキ」β版(無料)リリース

【第1弾にJR東海】 上質なコーヒーを無人で提供。AIカフェロボット「root C」正式リリース 5月6日(木)より東京駅丸の内中央ビルに設置

自分らしく働くヒントがここに!『働くこと』に悩む双極性障害の方に向けたWebメディア「双極はたらくラボ」ーー株式会社リヴァ

産官学金38機関で構成する大学発ベンチャー創出支援プラットフォーム JSTのSCORE事業で研究開発課題の募集開始 総額予算3億円規模で起業推進

公開記事数は約800!就活生のあらゆる悩みを解決する就活専門ブログ「就活攻略論」ーー株式会社L100

睡眠の質を向上させるブランド寝具のサブスクリプションサービス「SLEEPX(スリープエックス)」ーー株式会社レアリスタ

ミートキャリア、法人向けサービスを拡充 オンボーディング(定着・離職防止)・女性管理職育成を支援

日本のキャリアSNS「YOUTRUST」がiOSアプリを正式リリース

参加者の募集から購入品の分配までを一括で行えるグループオーダーアプリ「comono」で、特別な購入体験を分かち合える世界にーーcomono株式会社

SONAR ATS、4月27日(火)に採用担当者向けオンラインイベント「どこよりも早い23採用~求める応募者を採用するためのKPI&フロー設計~」を開催

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK