スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /エイシングがシリーズB投資ラウンドで総額7億円の資金調達
ニュース 2020.03.25

エイシングがシリーズB投資ラウンドで総額7億円の資金調達

エイシングがシリーズB投資ラウンドで総額7億円の資金調達

3行で言うと…エッジAIスタートアップのエイシングは、「第一生命保険株式会社」およびスパークス・グループ株式会社を運営者とする「未来創生2号ファンド」の2社を引受先とする第三者割当増資により、4億円の資金調達を実施。
三井住友海上キャピタル株式会社を運営者とする「MSIVC2018V投資事業有限責任組合」を引受先とした2019年11月の調達と合わせて、シリーズB投資ラウンドにおいて計7億円の資金調達に。
2017年に実施したシリーズAにおける約2億円の資金調達と合わせて、これまでの累計調達金額は約9億円となる。
■資金調達の背景・目的
近年、これまでクラウド上で実行されることが一般的であったAIの情報処理をエッジ側で実行する「エッジAI」の具体的な導入ニーズが高まりを見せている。特に“自動運転”や“第4次産業革命”といった、より注目を集めている分野でその需要が高まっている。エイシングでは、エッジAI業界において、導入機器単体がクラウドを介することなくリアルタイムに自律学習・予測することが可能な独自のエッジAIアルゴリズム「AiiR」シリーズを開発・提供。

昨年11月に実施した資金調達後、 「AiiR」技術の研究開発への投資や、エッジAIアルゴリズムの専門開発チーム「Algorithm Development Group(ADG)」の設立など、エッジAIの領域において、アルゴリズムの開発から顧客のシステムへの実装までをワンストップで提供する技術的な体制づくりに注力してきた。
そして、この度調達した資金は、「ADG」をはじめとするエイシングの強み“組み込み技術”を活かした開発体制の強化や開発人材の育成、これまでにない新たなエッジAIアルゴリズムの商用化に向けた活動へさらなる投資を加速。

■株式会社エイシング 代表取締役CEO 出澤 純一のコメント
“昨今では世界的にエッジAIへの期待が高まっており、弊社はこのニーズに応えるべく、更に技術力と組織体制に磨きをかけていくステージに入りました。
この度、第一生命保険株式会社様、未来創生2号ファンド様、並びに昨年11月にMSIVC2018V投資事業有限責任組合様からご出資いただきました資金を最大限に活用し、より一層の事業強化・拡大を推進して参ります。特に、エッジAI市場において他に類を見ない新アルゴリズムの研究開発に注力し、顧客提案力を強化するとともに、グローバル展開に向けて人材の育成及び優秀な人材の確保にも注力して参ります。
世界に誇れる技術を生み出し続けるエッジAIのグローバル・カンパニーを目指して、事業を展開していく所存でございます。”

エイシングコーポレートサイト:https://aising.jp/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

加入保険情報を一元管理できるアプリ「保険簿」で、保険の請求もれを0にーー株式会社IB

外国人労働者の採用管理から労務管理までを一貫してサポートする「JOB&WORK」で、Japanese Dreamの実現を応援するーータブソリューション株式会社

ファンとクリエイターの距離をもっと近くに。投げ銭付きのソーシャルメディア『fanfare』ー株式会社GATHER

世界にたった一つの保育園で子どもの主体性を育む『Edulead(エデュリー)』

オーダー情報と配達を集約し、デリバリーとランチの環境を激変させるフードテックーーミノージャパン株式会社

アパレル店員とのコミュニケーションを通じた購買体験を提供するアプリ「FACY」で、オフラインの生活を豊かにーースタイラー株式会社

AI/RPAの技術で社会の生産性向上に貢献するプロダクトを、ハイスピードで開発し続けるーー株式会社QuickWork

同じ話題に興味のある話し相手を見つけて語り合えるトークプラットフォーム「Talkstand」で境界線の向こう側へーーthe Babels, Inc

複数人でのメール対応を効率化するサービス「yaritori(ヤリトリ)」で、Eメールを中心としたコミュニケーションを促進するーーOnebox株式会社

闘病者が企画開発した<擬人化臓器>戦う臓器シリーズTシャツの販売を行います

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK