スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /AppsFlyer、2019年後半のモバイル広告メディアソースランキングを発表
ニュース 2020.04.09

AppsFlyer、2019年後半のモバイル広告メディアソースランキングを発表

AppsFlyer、2019年後半のモバイル広告メディアソースランキングを発表

3行で言うと…モバイルアトリビューションプラットフォームを提供するAppsFlyer Japanが、2019年下半期における世界のモバイル広告のメディアソースランキング「パフォーマンスインデックス」第10版を発表。
本インデックスは、AppsFlyerが年2回発行しているモバイル広告業界に関する最新の調査レポート。
最新のレポートでは、モバイル広告はGoogleとFacebookが市場を専有する2強時代に。
モバイルアトリビューションとマーケティングアナリティクスのプラットフォームを提供するAppsFlyer Japanは、2019年下半期(7〜12月)における世界のモバイル広告のメディアソースランキング「パフォーマンスインデックス」第10版を発表。本インデックスは、当社が年2回発行しているモバイル広告業界に関する最新の調査レポート。

本インデックスでは、490のメディアネットワークを活用し、210億件のアプリインストール、1万6000個以上のアプリ、および520億回のアプリ起動データを収集・分析することで調査。2019年下半期の活動を調査した第10版では、地域別、プラットフォーム別、アプリストアに基づくカテゴリ別に、計252のランキングを集計。
※パフォーマンスインデックス第10版では2019年下半期のデータを利用しているため、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の世界的流行による影響は受けていないもの。

<2019年下半期 サマリー>
● モバイル広告はGoogleとFacebookが市場を専有する2強時代に
● リターゲティング王者を守るFacebook、成長速度で上回るGoogle
● ゲーム業界で頭角を現す、Unity Ads、IronSource、AppLovinの3社
● TikTokが2019年最も急速に成長しているモバイル広告のメディアソースに
● 非ゲームアプリでは、Apple Search Ads、Snapが好調
● “アドフラウド(不正広告)”の認識拡大により不正率が20%以上低減も

2019年下半期(第10版)「パフォーマンスインデックス」完全版はこちら:
https://www.appsflyer.com/jp/performance-index/edition-x/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

ダイハツ工業スタッフ職へのAI教育が本格的に開始​

アイデアカベウチ フューチャーコンビニエント株式会社 法人設立

日本初の障害者雇用専門の企業口コミサービス「アンブレ(Umbre)」ーーネクストワン合同会社

空気からミネラルウォーターを作り続ける!次世代のハイブリッド型ウォーターサーバー「無限水」ーーENELL株式会社

業界初「移籍金」システムで実現するプロ人材のオープンな転職「HR TRADE(エイチアールトレード)」ーー株式会社プロフィフティーン

クライアントに寄り添う分析で間接経費を削減する「COSTON」ーー株式会社アイキューブ

AIでオンラインゲームや経費申請の不正を見抜く!不正検知プラットフォーム「Stena(ステナ)」ーー株式会社ChillStack

G検定直前対策セミナー 法律・社会編 開催

【医療従事者に調査】 コロナ禍で生活「変わった」は84.6%、収入「変わらず」は47.1% コロナワクチン接種希望は48.1%

〜コロナ禍で創業60年の老舗管工事会社が後継者不在で事業承継〜 M&A総合研究所を介して東海管工株式会社と株式会社イシイ設備工業のM&Aが7ヶ月で成約 M

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK