スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /横浜で活動するアーティストやクリエイターを支援 2020年度 アーツコミッション・ヨコハマの助成募集開始!
ニュース 2020.04.13

横浜で活動するアーティストやクリエイターを支援 2020年度 アーツコミッション・ヨコハマの助成募集開始!

横浜で活動するアーティストやクリエイターを支援 2020年度 アーツコミッション・ヨコハマの助成募集開始!

3行で言うと…2020年度 アーツコミッション・ヨコハマの助成募集が開始されました。
4つの助成プログラムのうち、3つの締切は2020年4月20日、他1つの締切は2021年1月15日です。
申請に関してのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい。
現在、当財団ではアーティスト・クリエイターのための助成募集をしております。

助成募集情報

内容は、下記の通りです。

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は、
文化芸術のもつ創造性を生かしたまちづくり
「文化芸術創造都市・横浜」の推進のため、
アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)の一環として、
アーティスト、クリエイターを支援するプログラムを行っています。
この度、2020年度の助成募集を開始しました。

横浜から世界へ羽ばたく、次世代アーティストを支援
【U39アーティスト・フェローシップ助成】2020年4月20日(月)締め切り
詳細はこちら。 http://acy.yafjp.org/grants/raise/fellow2020.html

芸術と社会の関係から生まれる創作活動を支援
【クリエイティブ・インクルージョン活動助成】2020年4月20日(月)締め切り
詳細はこちら。 http://acy.yafjp.org/grants/raise/inclusion2020.html

クリエイターが企業や大学等と連携して新たな商品やサービスなどを開発する取組を支援
【ヨコハマ創造産業振興助成】2020年4月20日(月)締め切り
詳細はこちら。 http://acy.yafjp.org/grants/raise/industry2020.html

革新的な取組を行うクリエイティブ企業の関内・関外地区での拠点開設を支援
【クリエイターのための事務所等開設支援助成】
詳細はこちら。 http://acy.yafjp.org/grants/raise/jimusyo2020.html
※他と異なり、こちらのみ2021年1月15日(金)まで随時受付。

下記のページでも、本助成内容についてご紹介しています。
※創造都市横浜WEBマガジン
「ACYが横浜でアーティスト、クリエイターなどに向けた助成募集を開始。4月20日締切。」

ACYが横浜でアーティスト、クリエイターなどに向けた助成募集を開始。4月20日締切。

問合せ:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 アーツコミッション・ヨコハマ
〒231-0023 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル1階
TEL:045-221-0212 FAX:045-221-0216
メール:http://acy.yafjp.org/contact
受付時間 9:00~17:00 ※平日のみ

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

初開催「ミートキャリアアワード2020」受賞者発表! 自分らしい働き方を叶えた20~40代のユーザー5名を表彰

プロジェクトの詳細に沿ってAIが開発工数や金額を算出。ITエンジニア向けの見積もり支援サービス「Engineerforce」ーー株式会社Engineerforce

スマホで1口1万円から始める柔軟な不動産投資。次世代不動産投資サービス『みんなで資産運用』ーー大和財託株式会社

アプリのダウンロード数が業界最大!誰でも自分に合った施術と美容クリニックに出会えるサービス「トリビュー」ーー株式会社トリビュー

バーチャルオフィスのワンストップビジネスセンター 当日バイク便受取開始のお知らせ

採用管理システム「SONAR ATS」、 クラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」とAPI連携機能の提供を開始 ~入社予定者の情報を「SONAR ATS」から「カオナビ」へ連携可能に~

ビジネスパーソンの悩みや課題をプロのコンサルトと共に解決する、パーソナル・コンサルティング「YouSoL(ユーソル)」を提供開始

エイシングが新たにAIの統合学習技術を開発し、“集合知モデル”の構築を可能に

現場の営業マンひとりひとりのDXを支援するサービス「マーケロボ」ーーMarketing-Robotics株式会社

第1回 AI・人工知能EXPO【秋】に出展いたしました

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK