スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /神戸発!コロナウイルス感染拡大で浮かび上がる社会課題への挑戦 スタートアップ育成プログラム「500 Startups Kobe Accelerator」の 参加企業を6月より募集開始
ニュース 2020.05.03

神戸発!コロナウイルス感染拡大で浮かび上がる社会課題への挑戦 スタートアップ育成プログラム「500 Startups Kobe Accelerator」の 参加企業を6月より募集開始

神戸発!コロナウイルス感染拡大で浮かび上がる社会課題への挑戦 スタートアップ育成プログラム「500 Startups Kobe Accelerator」の 参加企業を6月より募集開始

3行で言うと…神戸市は、米国のベンチャーキャピタル「500 Startups」と連携したスタートアップ育成プログラム「500 KOBE ACCELERATOR」の参加募集を6月から開始します。
5回目となる今年は「500 KOBE Accelerator 2020 for COVID-19 Emerging Technology」と題し、コロナウイルス感染拡大で浮かび上がった社会課題の解決を目指すスタートアップを対象としたプログラムをオンラインで実施します。
神戸市は、世界の未来に向けて新たなテクノロジーの開発やソリューションの提供を志すスタートアップ企業の成長を支援します!
神戸市は、米国のベンチャーキャピタル「500 Startups」と連携したスタートアップ育成プログラム「500 KOBE ACCELERATOR」の参加募集を6月から開始します。「500 KOBE ACCELERATOR」は、約6週間の短期集中型起業家支援プログラムで、日本発のスタートアップ・エコシステムを神戸から生み出すことをめざし、2016年から開催しています。
過去4回の開催では、第1回から第3回をデジタル領域全般、第4回をヘルステック領域に特化して、計71社のスタートアップを育成。これまでの資金調達額は100億円を超えています。昨年の申込数は174社に達し、そのうち半数以上が海外からの申し込みとなるなど、国内外から注目を集めています。

5回目となる今年は「500 KOBE Accelerator 2020 for COVID-19 Emerging Technology」と題し、コロナウイルス感染拡大で浮かび上がった社会課題の解決を目指すスタートアップを対象としたプログラムをオンラインで実施します。
コロナウイルスの感染拡大は、健康を脅かすだけではなく、経済活動や都市機能の停滞を招き、様々な課題を浮かび上がらせました。「AGAINST/WITH コロナ」の観点からの効果的な予防、感染状況に関する正確な情報発信、遠隔医療、安全かつ効率的な食品の物流網の構築に加え、「AFTER コロナ」の観点からのリモートでの仕事や学習など、多くの課題へ迅速に対応する必要があり、それらは新しい価値として次の時代の社会のスタンダードにもなり得ます。世界の未来に向けて新たなテクノロジーの開発やソリューションの提供を志すスタートアップ企業の成長を支援します。

500 Startupsマネージング・パートナーであるベジ・ヤン氏は「パンデミック後の世界に向けて準備していく中で、テクノロジーを駆使したソリューションは新たな経済成長の鍵となり得る」と話します。

1. プログラム概要
・ 正式名称:500 KOBE Accelerator 2020 for COVID-19 Emerging Technology
・ 募集期間:2020年6月から7月(予定)
・ プログラム期間:2020年8月から10月(予定)
・ 開催方法:オンライン(※デモデイの開催方法は社会状況に応じて今後検討)
・ 対象領域:ウイルス感染予防、公衆衛生などに関する正確な情報発信(デマ防止)、健康管理、リモートワーク・学習、食品物流、オンラインイベントなど
※コロナウイルス感染への治療、および創薬や一部の医療機器などの事業化までに数年を要するものは対象外
・ 参加資格:
 国内及び海外の起業家または起業家候補
 シード(最小限のプロダクト・モデルを開発済)・アーリー(製品開発済、顧客あり、第三者からの投資を獲得する段階)期にある
 既に製品やサービスを持っており、チーム活動しているスタートアップを推奨
・ 参加者枠:20チーム
・ プログラム内容
– メンタリング:シリコンバレーでのスタートアップ育成経験が豊富な500 Startupsのグローバルスタッフによる1対1形式のメンタリング
– 講義:マーケティング、マネタイズ手法、UX/UI、資金調達などに関する専門家による講義
– コミュニティ:選抜された優秀なスタートアップのコミュニティ形成支援
– 神戸医療産業都市のサポート
※プログラムは原則として英語で実施されます。講義ビデオには日本語字幕が付き、メンタリングは必要に応じて逐次通訳でサポートします。
※本プログラムは、500 Startupsによる投資プログラムではありません。

2.参加者受付、選考
2020年6月より専用ホームページで参加者募集し、500 Startupsと神戸市がオンライン上での書類審査と面談により選考します。

(参考1:500 Startupsについて)
500Startupsは、シリコンバレーを拠点に世界75カ国2,400社以上に出資する、世界で最もアクティブなアクセラレータおよびシード投資を行うベンチャーキャピタル。世界で最も才能ある起業家の発掘、世界で成功するスタートアップの創業支援、およびグローバルエコシステムの構築、をミッションに掲げている。主な投資先企業には、Grab、Twilio、Udemyなどが含まれる。世界中の大企業や政府とのパートナーシップやスタートアップ育成プログラムを通じてイノベーションエコシステムの構築にも取り組んでいる。

(参考2:関連URL)
・500 Kobe アクセラレーションプログラムサイト(英語)http://500kobe.com
(日本語)http://jp.500kobe.com
・500 Startups サイト(英語) http://500.co/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

業務内容と進捗を可視化できる 「チェックリスト部」β版が7月9日(木)より無償提供を開始

精神科医がテレワーク時代の企業理念浸透クラウドを開発ーーメンタルコンパス株式会社

プログラミング転職大陸のリリース|株式会社プルチーノ

ICTの力で先生たちの業務負担を軽減!保育業務支援システム「Hoisys」

飲食店の経営に役立つサービスを見つけられる情報比較メディア「CAROT(キャロット)」ーーキャロット株式会社

ホテルの客室、ラウンジや朝食会場などの遊休空間を活用し、スキマ時間に働く場所を提供するワークスペースサービス「Threes(スリーズ)」ーートーキョーサンマルナナ株式会社

イメージ通りの曲が作れるAI作曲クラウドサービス「SOUNDRAW」で楽曲制作の民主化を実現するーーSOUNDRAW株式会社

AppsFlyer、“永年無料”のアプリマーケティングツール利用サービス「Zero Plan」リリース

ベネフィット・ステーションの福利厚生サービスとして、 5月からミートキャリアのカウンセリングを提供開始!

Nishikaが新たなデータサイエンスコンペティション「日本絵画に描かれた人物の顔分類に機械学習で挑戦!」をスタート

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK