スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」公募開始!
ニュース 2020.05.18

芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」公募開始!

芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」公募開始!

3行で言うと…横浜ならではの芸術文化体験を生み出すプロジェクト「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」。
取り組んでいただける法人または法人が代表となる実行委員会を募集中です(6/1〆切)。
申請に関してのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい。
横浜市と公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は、各地域で市民の芸術文化体験を広め、深めていく
ために、芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」を実施します。
この取組みは、距離や時間、気持ちを理由に少し遠くに感じる“芸術文化”を「もっと身近に、もっと気軽に」に変えていくために、日常的にアートに参加する機会を増やすプログラムです。本活動の趣旨にあわせて、一緒にプロジェクトを実施してくださる団体(法人・実行委員会)を募集します。

1 事業名
 芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」

2 開催支援(助成)対象

(1)対象となる取組み
 横浜ならではの芸術文化体験を生み出すプロジェクト。特に、先進的なもの、もしくは将来的な地域への活動定着を狙った実験的なものを支援します。地域の方々に芸術文化体験を提供する内容であることは必須ですが、プロジェクトの内容、形態は自由です。

(2)提案に必要な考え方
 多様化する社会の中で、あらゆる市民が芸術文化活動に参加できるようにしていくために、戦略的なプロジェクトを構築してください。
 ①「移動が困難である、経済的に参加が厳しい、情報の入手が容易でないなど、何かしらの理由で芸術文化に触れたくても触れることが難しい人」、②「芸術文化に関心がなく芸術文化に触れていない人」がいることを想定します。その方々に芸術文化に触れやすい環境の形成(会場、料金、内容の選定等)、また、情報発信方法や多様な参加動機を生み出す工夫が必要です。

(3)想定する会場
横浜市内にある広場、公園、学校、歴史的建造物等、地域に住む方の身近に存在する地域ランドマ
ークを実施会場として想定しています。(地域ランドマークの詳しい説明は公募要項をご確認ください)

3 対象団体
  上記趣旨に取り組んでいただける法人または法人が代表となる実行委員会。

4 開催支援額(助成申請額)
① 継続申請 下限なし~上限 1,000 万円
② 新規申請 下限 500 万円~上限 1,000 万円

5 応募締切
  2020年6月1日(月)
6 相談会
  2020年5月13日(水)、5月15日(金)、5月20日(水)、オンラインで開催。

公募に係る詳細・相談会については、下記ホームページでご確認ください。
>>>https://yokohamartlife.yafjp.org

お問合せ
公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 広報・ACYグループ
〒231-0023 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル1階
電話:045-221-0212 ファックス:045-221-0216 メール:yal@yaf.or.jp
受付時間 9:00~17:00 ※平日のみ

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

Job総研『2021年 年収と貯金額調査』を実施 

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK