スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /紹介予定派遣の実態とは?派遣社員500人にヒアリングして分かった真実
ニュース 2020.06.02

紹介予定派遣の実態とは?派遣社員500人にヒアリングして分かった真実

紹介予定派遣の実態とは?派遣社員500人にヒアリングして分かった真実

3行で言うと…紹介予定派遣の求人数は少なく、非公開で話が進むケースもあるため、なかなか評判や口コミなどから実態を探ることが難しい側面がありますよね。

そこで、当サイトでは、クラウドワークス社を通じて、紹介予定派遣の経験がある方からアンケートに答えていただきました。
ここでは、テーマごとにその内容をシェアしていきます。

ここでは、紹介予定派遣で採用された方の中から、「男性」「女性」それぞれの数を調べたデータをシェアします。

その結果、紹介予定派遣へエントリーした数は女性の方が多いものの、採用率にはそれほど差がなく、男性の方が約3%高い結果となりました。

紹介予定派遣を利用した動機についてアンケートを集計したところ、「エントリーした求人がたまたま紹介予定派遣だった:24.8%」「安定した仕事をしたかった:23.6%」の2つの意見がほぼ半数を占めています。

紹介予定派遣は最長6ヵ月に設定するルールがありますが、何ヶ月間働くケースが多いのか、アンケートを集計してグラフ化しました。
すると、「6ヵ月」働いたケースがもっとも多く38.4%、次いで「3ヵ月」が31.4%となりました。

1~2ヵ月働いた割合もやや高いですが、派遣期間途中でリタイアした層が多いのが原因でしょう。

ここでは、紹介予定派遣にエントリーしたときの採用率について、年代別に調べたデータをシェアします。

まず、紹介予定派遣にエントリーした495名の派遣社員の内、採用されたのは203名とおよそ4割、5人に2人の割合となっています。

紹介予定派遣で採用されても、必ず派遣先で正社員として雇ってもらえる保証はありません。

では、紹介予定派遣から正社員となった方の割合はどれくらいなのか、見ていきましょう。
調査の結果、正社員として雇用された方が110名ともっとも多く、全体の47.8%を占めています。

紹介予定派遣の採用確率については、エントリーした派遣社員の採用・不採用の結果だけでなく、不採用となった理由が「派遣先から」か「自分から辞退」したかどうかによって、大きく変わってきますよね。

まず、511名の派遣社員を対象に、紹介予定派遣で採用されたかどうかを集計すると、「採用207名」「不採用304名」の結果が出ました。

次に、不採用となった304名の派遣社員に、不採用となった理由についてアンケートを取ると、「自分から辞退した:256名」「派遣先から不採用:48名」の結果になりました。

辞退した理由は、「希望の就業条件と違うため」がもっとも多く29.2%、続いて「人間関係が合わなかった 12.3%」「残業が多い・サービス残業がある 11.9%」「転職先が見つかったため 10.8%」などが多く見られます。

男性は女性と比べて「転職先が見つかったため」と回答した割合が高い傾向にあり、派遣期間中も転職活動に積極的な面が伺えます。

女性は、男性と比べて「残業が多い・サービス残業がある」「派遣の方が良い」「社内の雰囲気に馴染めない」「上司と合わなかった」などと回答した割合が高い傾向が見られます。

回答者数が少ないですが、派遣先から不採用通知を受け取った方の理由を集計した結果、「派遣先の業績が悪化したため:31.3%」「派遣期間中の業務についていけなかった:25.0%」「他の人に採用が決まったため:18.8%」など、さまざまな回答が見られました。

紹介予定派遣の面接が何回行われたか回答を集計した結果、「1回:72名」「2回:24名」「3回以上:4名」となりました。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

カベウチアイディアソン 1/30日 開催!!

世界初のバックグラウンド多要素認証「DZSecurity(ディーゼットセキュリティ)」ーー株式会社AnchorZ

ICTを活用し、保育園・幼稚園の先生と保護者を繋ぐWebサービス「note」ーー保育ICT株式会社

コロナ禍のドクターを応援したい!  いつでも匿名で先輩ドクターに相談・意見交換できるチャットサービス「ドクター to ドクター」の利用料無料キャンペーンを6月末まで延長!

採用管理システム「SONAR ATS」、導入社数が800社を突破!

ワンストップビジネスセンター 延べ利用社数が1.5 万社を突破!コロナ禍のリモートワーク普及で起業家にさらに浸透

コロナ禍で働く大切なスタッフに もっと”心のケア“ を 制服などの衣類やおしぼりなど身近な布製品を回収し 抗ウイルス・抗菌加工することに特化した日本初のサービス 「HUG(ハグ)」2021年1月サービス開始

コロナ禍の今を救い・次を担う!「観光事業者向けGoogleマップ行動分析&運用(MEO)支援」株式会社リーゴ

M&A総合研究所、最先端のアルゴリズム開発を手掛けるPKSHA Technologyと業務提携を開始 〜AIによるM&Aマッチングシステムの開発促進にPKSHA Algorhim Moduleを導入〜

世界の同年代の学生とリアルタイムで意見交換!オンライン授業から世界平和を目指すーー株式会社With The World

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK