スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /フリマアプリの出品が面倒な人と出品スキルを活かしたい人をつなぐ日本初の出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」6月2日より提供開始
ニュース 2020.07.02

フリマアプリの出品が面倒な人と出品スキルを活かしたい人をつなぐ日本初の出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」6月2日より提供開始

フリマアプリの出品が面倒な人と出品スキルを活かしたい人をつなぐ日本初の出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」6月2日より提供開始

3行で言うと…“面倒な出品作業を丸投げしたい人”と“出品スキルを活かした仕事をしたい人”をつなぐ日本初の出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」を2020年6月2日10:00より開始いたしました。
株式会社MONO Technologies(本社:東京都港区、代表取締役CEO:大迫泰成、以下「当社」)は、“面倒な出品作業を丸投げしたい人”と“出品スキルを活かした仕事をしたい人”をつなぐ日本初の出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」を2020年6月2日より開始いたします。

公式サイトURL: https://makasell.com/

■サービス開発の背景
 近年、フリマアプリの台頭により、リユース市場は拡大し続けており、今年は2兆6000億円、2022年には約3兆円規模(※1)にまで拡大すると予測されています。そんな中、新型コロナウイルスの影響により日本経済が不況に陥っていることを受け、個人消費においては、「良いものを少しでも安く買いたい人」や、一方で「不用品を高値で売りたい人」のさらなる増加が見込め、より一層リユース市場は注目を集めることが期待できます。さら昨年の働き方改革による企業の副業解禁が進む中、テレワークの急速な普及により自由な時間が増加することで、自宅でできる副業ニーズも高まりを見せております。
 こうした社会背景を受け、当社では、不用品売却のためのフリマアプリの活用に対して手間の割に高値で売れないという煩わしさを感じている方々とフリマアプリに精通しており、自宅時間を副業として有効活用したい方々、それぞれのニーズに答えるサービズを提供したいと考え、出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」の開発にいたりました。

■日本初の出品代行マッチングプラットフォーム「マカセル」について
 「マカセル」は日本初の個人間の出品代行サービスで、モノを売って欲しい依頼者とモノを代理で出品する代行者をマッチングするプラットフォームです。依頼者は商品撮影、質問対応、値段決めなどの面倒な作業をせずに、不用品を簡単に高値で売却してもらうことができ、代行者は「マカセラー」として登録後、隙間時間に副業として出品代行することでで収入を得ることができます。
 さらに買取業者と比較しても中間コストが発生しないため売値が高くなりやすく、依頼者と代行者をつなぐことで双方にメリットをもたらすことができる仕組みになっています。

■マカセルを活用するメリット
<面倒な出品作業を丸投げしたい人>
①買取業者などを介さない個人間でのやりとりのためリターンが高い
・店舗や倉庫のコストがかからない為、手数料が割安
・お客様の受取額<1商品あたりの売却額(*1)-マカセラーの手数料(*2)-運営の手数料(300円)>
・手数料は売れた時のみ発生
*1商品あたりの売却額=売上-フリマアプリの手数料-送料
*2マカセラー(出品のプロ)の手数料はマカセラーによって異なります。(平均:売上の30%)

②プロの出品者「マカセラー」を選んで簡単に出品可能
・評価、実績、商品カテゴリなどの条件を設定して出品のプロを検索可能
・出品時の商品撮影、質問対応、値段決めなどは「マカセラー」に任せるだけ

③安心のカスタマーサポートが充実
・評価、口コミ
・損害賠償サポート
・24時間のカスタマーサポート体制

【依頼方法】 *事前に会員登録が必要になります。
①評価、実績、商品カテゴリなどお好みの条件で出品のプロを検索
②選んだ出品のプロと条件等をチャットで相談
③商品を発送し、売れると取引完了

< 出品スキルを活かした仕事がしたい人「マカセラー」 >
①フリマアプリ出品の専門スキルが活かせる
・過去のフリマ出品経験がスキルとし評価される
・得意な出品物で勝負できる

②スキマ時間の有効活用で副業として稼げる
・空いた時間でに簡単に取り組める
・高く売れば収入も増加、副業としてお金が稼げる
*「マカセラー」側は、月額手数料や成約手数料などは全て無料

【マカセラー登録方法&出品までの流れ】
①公式サイト( https://makasell.com/ )にアクセスして得意なカテゴリーや取引条件などを入れ、出品者登録を行う
*審査通過後「マカセラー」として正式登録完了の連絡がきます。
②出品の依頼がきたら依頼主とメッセージでやりとり
③依頼主から出品物が到着後、フリマアプリ、オークションなどに出品
④商品が売れたらマカセルに売上登録
⑤マカセルから入金、取引完了

■代表取締役CEO大迫氏のコメント
この度、新たなマッチングプラットフォームである「マカセル」をローンチいたしました。
自分が大切にしてきた物を誰かに任せて、親身になって売ってもらえる、そしてまた必要とする誰かへという循環を通して、「モノを捨てる」ことを無くすことへ貢献できればと考えております。またこのサービスを通じて、主婦の方や地方の人々の雇用創出を担うことで、新たな経済圏の創造を目指してまいります。
今後、ユーザーの方々とコミュニケーションを取りながらサービスを改良することで「マカセルに任せればいい感じに売る事ができる」と言っていただけるプラットフォームに成長させたいと思っております。そして人々の生活の一部として長く使われるサービスを提供してまいります。

【「マカセル」サービス概要】
■サービス名:マカセル(URL:https://makasell.com/)
■プラットフォーム:Web
■サービス概要動画:(URL :https://www.youtube.com/watch?v=7NqG6824Nmo&feature=youtu.be)

【株式会社MONO Technologiesについて】
■会社名:株式会社MONO Technologies
■設立 :2018年7月10日
■所在地:東京都港区赤坂3-11-15 VORT赤坂見附4F
■資本金:17,002,500円
■事業内容:出品代行サービス「マカセル」

※1 出典元:リサイクル通信「データでみるリユース市場 最新版」2019

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

解体工事の施主と工事会社のマッチングサービス「くらそうね」で人々の暮らしを豊かにーー株式会社クラッソーネ

顧客のセルフオンボーディングを実現『Onboarding』ー株式会社STANDS

テレビ局の動画素材を観光プロモーション動画に有効活用できる「DOGADOZO」で、動画を通じて人と人が出会う世界へーーEXest株式会社

加入保険情報を一元管理できるアプリ「保険簿」で、保険の請求もれを0にーー株式会社IB

外国人労働者の採用管理から労務管理までを一貫してサポートする「JOB&WORK」で、Japanese Dreamの実現を応援するーータブソリューション株式会社

ファンとクリエイターの距離をもっと近くに。投げ銭付きのソーシャルメディア『fanfare』ー株式会社GATHER

世界にたった一つの保育園で子どもの主体性を育む『Edulead(エデュリー)』

オーダー情報と配達を集約し、デリバリーとランチの環境を激変させるフードテックーーミノージャパン株式会社

アパレル店員とのコミュニケーションを通じた購買体験を提供するアプリ「FACY」で、オフラインの生活を豊かにーースタイラー株式会社

AI/RPAの技術で社会の生産性向上に貢献するプロダクトを、ハイスピードで開発し続けるーー株式会社QuickWork

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK