スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ
ニュース 2020.07.21

システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ

システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ

3行で言うと…システム障害発生時のアラート対応の一元管理と自動化をする「OpsAid」に新機能が追加した。
監視機能や仮想サーバー自動再起動が可能になり、システム管理者が対応する案件を更に最小限化できる。
株式会社アンタス(本社:北海道札幌市、代表取締役 佐藤敏彦)が運営する、アラート対応自動化サービス「OpsAid(オプスエイド)」が、新機能を追加。AWS CLIコマンドの自動実行機能、WEBサーバーのモニタリング機能、Googleクラウド CLIコマンドの実行機能に対応した。

OpsAidとは、障害発生時に管理者に届くアラートを一元管理し、対応状況の可視化と対応の自動化するクラウドサービスで、システム管理者の対応案件を最小限にできる。

従来は、WEBサーバーの正常性を監視するには、別の監視ツールや他社の監視サービスと連携させる必要があったが、今回、OpsAidサービス内でWEBサーバーの正常性監視機能を実現した。

さらに、「Googleクラウド CLIコマンド実行機能」と「AWS CLIコマンド実行機能」も追加し、障害発生時は、各種コマンド実行による復旧作業の自動化も可能になった。自動実行内容は履歴としてOpsAidに記録される。復旧時に問題が発生した場合は、OpsAidから自動コールで担当者に電話連絡が入り、緊急時には担当者がすぐに対応できる。

リモートワークでの状況共有や、共同作業するための障害案件管理プラットフォームとしてOpsAidを使うことで、システム運用現場の「新しい働き方」をサポートする。

【本サービスの詳細】 
OpsAid(オプスエイド)https://www.opsaid.com/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK