スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ
ニュース 2020.07.21

システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ

システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ

3行で言うと…システム障害発生時のアラート対応の一元管理と自動化をする「OpsAid」に新機能が追加した。
監視機能や仮想サーバー自動再起動が可能になり、システム管理者が対応する案件を更に最小限化できる。
株式会社アンタス(本社:北海道札幌市、代表取締役 佐藤敏彦)が運営する、アラート対応自動化サービス「OpsAid(オプスエイド)」が、新機能を追加。AWS CLIコマンドの自動実行機能、WEBサーバーのモニタリング機能、Googleクラウド CLIコマンドの実行機能に対応した。

OpsAidとは、障害発生時に管理者に届くアラートを一元管理し、対応状況の可視化と対応の自動化するクラウドサービスで、システム管理者の対応案件を最小限にできる。

従来は、WEBサーバーの正常性を監視するには、別の監視ツールや他社の監視サービスと連携させる必要があったが、今回、OpsAidサービス内でWEBサーバーの正常性監視機能を実現した。

さらに、「Googleクラウド CLIコマンド実行機能」と「AWS CLIコマンド実行機能」も追加し、障害発生時は、各種コマンド実行による復旧作業の自動化も可能になった。自動実行内容は履歴としてOpsAidに記録される。復旧時に問題が発生した場合は、OpsAidから自動コールで担当者に電話連絡が入り、緊急時には担当者がすぐに対応できる。

リモートワークでの状況共有や、共同作業するための障害案件管理プラットフォームとしてOpsAidを使うことで、システム運用現場の「新しい働き方」をサポートする。

【本サービスの詳細】 
OpsAid(オプスエイド)https://www.opsaid.com/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK