スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ
ニュース 2020.07.21

システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ

システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ

3行で言うと…システム障害発生時のアラート対応の一元管理と自動化をする「OpsAid」に新機能が追加した。
監視機能や仮想サーバー自動再起動が可能になり、システム管理者が対応する案件を更に最小限化できる。
株式会社アンタス(本社:北海道札幌市、代表取締役 佐藤敏彦)が運営する、アラート対応自動化サービス「OpsAid(オプスエイド)」が、新機能を追加。AWS CLIコマンドの自動実行機能、WEBサーバーのモニタリング機能、Googleクラウド CLIコマンドの実行機能に対応した。

OpsAidとは、障害発生時に管理者に届くアラートを一元管理し、対応状況の可視化と対応の自動化するクラウドサービスで、システム管理者の対応案件を最小限にできる。

従来は、WEBサーバーの正常性を監視するには、別の監視ツールや他社の監視サービスと連携させる必要があったが、今回、OpsAidサービス内でWEBサーバーの正常性監視機能を実現した。

さらに、「Googleクラウド CLIコマンド実行機能」と「AWS CLIコマンド実行機能」も追加し、障害発生時は、各種コマンド実行による復旧作業の自動化も可能になった。自動実行内容は履歴としてOpsAidに記録される。復旧時に問題が発生した場合は、OpsAidから自動コールで担当者に電話連絡が入り、緊急時には担当者がすぐに対応できる。

リモートワークでの状況共有や、共同作業するための障害案件管理プラットフォームとしてOpsAidを使うことで、システム運用現場の「新しい働き方」をサポートする。

【本サービスの詳細】 
OpsAid(オプスエイド)https://www.opsaid.com/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

こわ~い不審着信表示がかわいいハロウィンデザインに変装 迷惑電話対策アプリ「Whoscall」 のHalloweenイベント開始

セーブポイントのないRPG(就活)に終止符を。

クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパスの生徒が学校紹介CM動画を制作。人気アニメ作品の劇場版上映前に公開されます

エイシングが製造業のエッジAI導入を支援するデータ解析ツールを提供開始

こわ~い不審着信表示がかわいいハロウィンデザインに変装 迷惑電話対策アプリ「Whoscall」 のHalloweenイベント開始

業界最安値のAI発熱検知システム「発熱ピッカー」の提供を11月より開始!

キャリアSNSのYOUTRUSTが登録ユーザー数20,000人を突破!〜オリジナルパーカーがもらえる「紹介コメントキャンペーン」も開催期間が11/2まで延長決定〜

副業に関する実態調査〜副業先への転職について〜

クラーク記念国際高等学校がカプセルジャパン株式会社と教育連携

M&A総合研究所、コロナ禍における会社売却ニーズの拡大を受けて無料の企業価値算定サービス「カンタン会社査定シミュレーター」を公開

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK