スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ
ニュース 2020.07.21

システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ

システム障害発生時のアラート対応を一元管理・自動化する 「OpsAid(オプスエイド)」がバージョンアップ

3行で言うと…システム障害発生時のアラート対応の一元管理と自動化をする「OpsAid」に新機能が追加した。
監視機能や仮想サーバー自動再起動が可能になり、システム管理者が対応する案件を更に最小限化できる。
株式会社アンタス(本社:北海道札幌市、代表取締役 佐藤敏彦)が運営する、アラート対応自動化サービス「OpsAid(オプスエイド)」が、新機能を追加。AWS CLIコマンドの自動実行機能、WEBサーバーのモニタリング機能、Googleクラウド CLIコマンドの実行機能に対応した。

OpsAidとは、障害発生時に管理者に届くアラートを一元管理し、対応状況の可視化と対応の自動化するクラウドサービスで、システム管理者の対応案件を最小限にできる。

従来は、WEBサーバーの正常性を監視するには、別の監視ツールや他社の監視サービスと連携させる必要があったが、今回、OpsAidサービス内でWEBサーバーの正常性監視機能を実現した。

さらに、「Googleクラウド CLIコマンド実行機能」と「AWS CLIコマンド実行機能」も追加し、障害発生時は、各種コマンド実行による復旧作業の自動化も可能になった。自動実行内容は履歴としてOpsAidに記録される。復旧時に問題が発生した場合は、OpsAidから自動コールで担当者に電話連絡が入り、緊急時には担当者がすぐに対応できる。

リモートワークでの状況共有や、共同作業するための障害案件管理プラットフォームとしてOpsAidを使うことで、システム運用現場の「新しい働き方」をサポートする。

【本サービスの詳細】 
OpsAid(オプスエイド)https://www.opsaid.com/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

【アップサイクルから日本のシルク産業再建へ「WOWフラッフィーソープ」伊勢丹新宿店での発売開始リリースのご送付】

ラピュタロボティクスとみずほリースが資本業務提携

Job総研『2022年 職場の上司に関する調査』を実施

部下タイプ別1on1シーンのAI分析による調査報告 〜適性検査×トーク構成分析で、SDGs「働きがい」を醸成できる職場づくりのためのウェビナーを開催〜

ウェビナー「中小企業のためのデータ分析導入ケーススタディ~鹿児島県曽於市小迫ストアーの挑戦~」を6/3(金)に開催します

更なる成長をめざすスタートアップの事業拡大を支援!「スタートアップ発展支援プロジェクト「RISING4.0!」」参加者募集

採用ベストマッチングへの取り組みを表彰する 「Best Recruit Matching Award 2022」、受賞企業10社を発表

Job総研『2022年 脱マスクに関する意識調査』を実施

プレスリリースタイトル ヘルスケア分野に特化したビジネス創出プログラム!【大阪公立大学ヘルステックスタートアップス2022】プログラム参加者募集開始

Jicoo(ジクー)、時間の使い方を分析できる統計機能を提供開始

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK