スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /営業フリーランス・副業人材が企業から 直接スカウトを受け取れる「カクトク scout」をリリース
ニュース 2020.09.14

営業フリーランス・副業人材が企業から 直接スカウトを受け取れる「カクトク scout」をリリース

営業フリーランス・副業人材が企業から 直接スカウトを受け取れる「カクトク scout」をリリース

3行で言うと…営業フリーランス・副業人材が企業から直接スカウトを受け取れるサービスをリリースしました。営業人材の皆様、ぜひご活用ください!
即戦力のフリーランス・副業の営業職と企業をつなぐマッチングプラットフォーム「kakutoku」を展開するカクトク株式会社(本社:大分県別府市、代表取締役:満田 聖也)は、登録人材が企業から直接案件支援のスカウトを受け取れる「カクトク scout」の提供を開始いたしました。

■概要

kakutokuへの登録者(社)数は年々増加しており、2020年9月現在、営業フリーランス・副業人材は7,600名、営業代行会社は500社を超え、国内最大級の営業人材データベースへと成長しています。

これまで当サービスでは、企業からの案件掲載を受け、営業人材が自ら営業提案を行い、応募する仕組みでした。新サービス「カクトク scout」ではご自身の経験やスキル、稼働可能な日数、曜日、時間等を入力しておくだけで、企業から直接スカウトを受け取ることができます。

企業側は自社の営業活動に必要な人材を、多様な検索条件によりピンポイントで探し出すことが可能となりました。また営業人材に直接案件の打診を行うことで、稼働開始までの時間を大幅に短縮できます。

■営業人材のメリット

営業フリーランス・副業人材の登録料は無料です。スカウト待ちのステータスにすることで、以下のメリットがあります。

・経験・スキルが活かせる企業から直接プロジェクトの打診が受けられる

・急成長企業からのアプローチが受けられる

・気づかなかった自身の強みを活かせる企業からのスカウトが期待できる

・稼働できる工数や希望時給、地域等、条件に合致する案件のスカウトが受けられる

■「カクトク scout」利用方法

kakutokuご登録後、プロフィール編集画面の「クライアントからのスカウト設定」の項目で「受け入れる」をご選択ください。プロフィールは必須部分を全てご入力後、クライアントに公開されます。

※デフォルトでは非表示設定になっており、プロフィールは許可しない限り公開されることはありません。

kakutokuへのご登録はこちら: https://kakutoku.jp/

■カクトク株式会社について

カクトク株式会社は、魅力的な商品やサービスを持ちながら営業に課題を抱える企業と、フリーランス・副業の営業職を繋ぐ、日本最大級の営業支援プラットフォーム「kakutoku」を運営しています。企業は自社の業界・商材に強い営業代行チームを短期間で構築できます。

【会社概要】

名称 :カクトク株式会社

代表者:代表取締役 満田 聖也

所在地:大分県別府市田の湯町3-7 アライアンスタワーZ 4階

設立 :2016年2月2日

資本金:1億170万円

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

産官学金38機関で構成する大学発ベンチャー創出支援プラットフォーム JSTのSCORE事業で研究開発課題の募集開始 総額予算3億円規模で起業推進

公開記事数は約800!就活生のあらゆる悩みを解決する就活専門ブログ「就活攻略論」ーー株式会社L100

睡眠の質を向上させるブランド寝具のサブスクリプションサービス「SLEEPX(スリープエックス)」ーー株式会社レアリスタ

ミートキャリア、法人向けサービスを拡充 オンボーディング(定着・離職防止)・女性管理職育成を支援

日本のキャリアSNS「YOUTRUST」がiOSアプリを正式リリース

参加者の募集から購入品の分配までを一括で行えるグループオーダーアプリ「comono」で、特別な購入体験を分かち合える世界にーーcomono株式会社

SONAR ATS、4月27日(火)に採用担当者向けオンラインイベント「どこよりも早い23採用~求める応募者を採用するためのKPI&フロー設計~」を開催

横浜で活動するアーティストやクリエイターを支援 2021年度アーツコミッション・ヨコハマの助成募集開始!

【アイデアカベウチ】新たな採用活動 オンラインバーチャル合同会社説明会を開催

24時間無人内見システム。ユーザーとオーナーを直接繋げるマッチングサイト「LEASE24」ーーショウタイム24株式会社

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK