スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /自然言語処理AIの開発などをおこなう株式会社バズグラフが第三者割当増資を実施
ニュース 2020.10.09

自然言語処理AIの開発などをおこなう株式会社バズグラフが第三者割当増資を実施

自然言語処理AIの開発などをおこなう株式会社バズグラフが第三者割当増資を実施

3行で言うと…自然言語処理AIの独自開発など手がける株式会社バズグラフが第三者割当増資により、7600万円の資金調達を実施した。
自社開発の自然言語処理AIをベースに、文章要約システムやビッグデータ分析ソリューションを展開している株式会社バズグラフ(本社:福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目1-33 はかた近代ビル7F、代表取締役社長:西本 光治)は合同会社UNITEDベンチャーキャピタル及び個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、7,600万円の資金調達を実施し、資本金9,100万円(資本準備金含む)となりました。

今回の資金調達によって、自社開発の自然言語処理AIをベースにした、文章要約システム、ビッグデータ分析ソリューション、オンラインミーティング議事録要約システムなど、各ソリューションの精度向上、機能拡張、ユーザビリティ向上に向けた追加開発に投資いたします。

<株式会社バズグラフについて>
会社名: 株式会社バズグラフ
代表者: 西本 光治
設立 : 2014年11月
URL  : https://buzzgraph.co.jp/

<合同会社UNITEDベンチャーキャピタルについて>
会社名: 合同会社UNITEDベンチャーキャピタル
代表者: 成瀬 美希
設立 : 2019年2月
URL  : http://united-vc.com/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

将来有望な若手起業家7名の登壇が決定! SIO連続講座【成果発表会2022】

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」が、株式会社才流にて導入

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK