スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /エイシングが製造業のエッジAI導入を支援するデータ解析ツールを提供開始
ニュース 2020.10.29

エイシングが製造業のエッジAI導入を支援するデータ解析ツールを提供開始

エイシングが製造業のエッジAI導入を支援するデータ解析ツールを提供開始

3行で言うと…エッジAIスタートアップの株式会社エイシングが、この度、製造業のエッジAI導入を支援するデータ解析ツールを開発。本ツールは、導入機器単体がリアルタイムに自律学習・予測可能なエイシング独自のエッジAIアルゴリズム「AiiR(AI in Real-time)」シリーズの導入時におけるデータの解析・前処理で活用を開始。
AIの活用において、これまでクラウド上で実行されることが一般的であったAIの情報処理をエッジ側で実行する「エッジAI」の実装への取り組みが近年進んでいる。特に、即時性や高いセキュリティが求められる環境、「自動運転」や「工場の自動化(Factory Automation:FA)」といった注目を集めている分野において、その必要性が高まっており、新型コロナウイルスの影響で推奨される人的リソースの削減、自動化の推進にも寄与できるため、よりエッジAI導入に向けた引き合いが増加している。

■迅速かつ正確なデータ解析や前処理により、製造業のエッジAI導入を一層加速

AIを導入するプロジェクトにおいては、まず膨大なデータの適切な解析や、AIで最適な予測成果を出すためデータを学習させる前に行う専門的なデータの前処理などを行う必要がある。またこれまで、データ解析を行うには、事前の環境設定やプログラミング知識が必要であったため、専門のAIエンジニアやデータサイエンティストのみが実行可能な専門的な業務領域であった。

この度エイシングが開発した製造業のエッジAI導入を支援するデータ解析ツールは、エッジAI導入における環境設定やデータ解析にかかっていたリソースやコストを大幅に短縮することが可能に。
非エンジニア人材でも簡単にデータ解析や前処理を行うことができ、これにより、エッジAI導入に向けて取り組むメーカーに対して、エイシングのエッジAIソリューションの最適な導入プロセスを提供する。
本ツール開発の成果は、2018年10月1日より実施してきた地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターとの共同研究によるもの。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK