スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /第1回 AI・人工知能EXPO【秋】に出展いたしました
ニュース 2020.11.11

第1回 AI・人工知能EXPO【秋】に出展いたしました

第1回 AI・人工知能EXPO【秋】に出展いたしました

3行で言うと…自然言語処理AIの独自開発など手がける株式会社バズグラフが、第1回 AI・人工知能EXPO【秋】にて「バースト検知システム」と「文章要約システム」を紹介
株式会社バズグラフ(福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:西本光治)は、10月28日(水)~30日(金)に幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)で開催されました『第1回 AI・人工知能EXPO【秋】』に出展いたしました。

 新型コロナウィルス感染症の影響もあり、来場者数の減少が懸念される中での開催でしたが、連日多くのご来場様に弊社ブースへお立ち寄りいただきましたことを、この場を借りて御礼申し上げます。

 

 今回、弊社は「因果関係を可視化するAI」と題して、「バースト検知システム」と「文章要約システム」の2つをご紹介させていただきました。

 デモンストレーションが始まるとブースから溢れるほどのご来場者様にお集まり頂き、弊社サービスに対する関心の高さを実感することができました。また、実際にデモ機を操作していただくなかでは、貴重なご意見を頂戴し今後のサービス展開への大きな足がかりとなりました。

■バースト検知システムについて
インターネットに溢れるSNS、ニュース、ブログなどの記事から、社内に眠る議事録、報告書、問合せデータなどあらゆるデータを対象に、「いつ」「どんなキーワード」が「どのように」変化したかをわかりやすく可視化することができます。
また、特定のキーワードとつながりが深い語句にどのようなものがあるか等を、瞬時に捉えることができます。
例えば、SNSから自社製品の評価をスピーディーにモニタリングし、市場ニーズに沿った新商品の開発や販売予測を立てたり、コールセンターの問合せデータのユーザークレームから問題点の原因を突き止めるなど、幅広い用途でご活用頂けます。

■文章要約システムについて
バズグラフ独自の文章解析技術により、今までのAIでは不可能だったレベルの文章読解が可能です。
日本語特有の揺らぎやルーズな文法までも正確に解析し、語句と語句のつながりを判断することで、文の構造を正確に把握した状態で要約できます。
また、APIにて外部アプリと連携させることで、音声データをテキスト化したり、それらを分析することも可能です。

■株式会社バズグラフについて
株式会社バズグラフ(福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目1-33 はかた近代ビル7F、代表取締役社長:西本 光治)は、自社開発の自然言語処理AIをベースに、文章要約システムやビッグデータ分析ソリューションを展開。各ソリューションの精度向上、機能拡張、ユーザビリティ向上を目指した開発を展開しています。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK