スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /第1回 AI・人工知能EXPO【秋】に出展いたしました
ニュース 2020.11.11

第1回 AI・人工知能EXPO【秋】に出展いたしました

第1回 AI・人工知能EXPO【秋】に出展いたしました

3行で言うと…自然言語処理AIの独自開発など手がける株式会社バズグラフが、第1回 AI・人工知能EXPO【秋】にて「バースト検知システム」と「文章要約システム」を紹介
株式会社バズグラフ(福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:西本光治)は、10月28日(水)~30日(金)に幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)で開催されました『第1回 AI・人工知能EXPO【秋】』に出展いたしました。

 新型コロナウィルス感染症の影響もあり、来場者数の減少が懸念される中での開催でしたが、連日多くのご来場様に弊社ブースへお立ち寄りいただきましたことを、この場を借りて御礼申し上げます。

 

 今回、弊社は「因果関係を可視化するAI」と題して、「バースト検知システム」と「文章要約システム」の2つをご紹介させていただきました。

 デモンストレーションが始まるとブースから溢れるほどのご来場者様にお集まり頂き、弊社サービスに対する関心の高さを実感することができました。また、実際にデモ機を操作していただくなかでは、貴重なご意見を頂戴し今後のサービス展開への大きな足がかりとなりました。

■バースト検知システムについて
インターネットに溢れるSNS、ニュース、ブログなどの記事から、社内に眠る議事録、報告書、問合せデータなどあらゆるデータを対象に、「いつ」「どんなキーワード」が「どのように」変化したかをわかりやすく可視化することができます。
また、特定のキーワードとつながりが深い語句にどのようなものがあるか等を、瞬時に捉えることができます。
例えば、SNSから自社製品の評価をスピーディーにモニタリングし、市場ニーズに沿った新商品の開発や販売予測を立てたり、コールセンターの問合せデータのユーザークレームから問題点の原因を突き止めるなど、幅広い用途でご活用頂けます。

■文章要約システムについて
バズグラフ独自の文章解析技術により、今までのAIでは不可能だったレベルの文章読解が可能です。
日本語特有の揺らぎやルーズな文法までも正確に解析し、語句と語句のつながりを判断することで、文の構造を正確に把握した状態で要約できます。
また、APIにて外部アプリと連携させることで、音声データをテキスト化したり、それらを分析することも可能です。

■株式会社バズグラフについて
株式会社バズグラフ(福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目1-33 はかた近代ビル7F、代表取締役社長:西本 光治)は、自社開発の自然言語処理AIをベースに、文章要約システムやビッグデータ分析ソリューションを展開。各ソリューションの精度向上、機能拡張、ユーザビリティ向上を目指した開発を展開しています。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

米調査会社Startup Genome発行「The Global Startup Ecosystem Report 2022」に大阪が掲載

Job総研『転職と年収に関する実態調査』を実施

フルカイテン、事業拡大を見据えたオフィス移転と採用強化のお知らせ事業成長には社員が「幸せ」を感じることが必要不可欠

AIによる表情解析などを手掛ける「リモートウェル」、総額約2.4億円の資金調達を実施 ビデオ接客ツールのユーザー拡大とAI解析に関する開発を加速

支援対象者決定!令和4年度「スタートアップ・イニシャルプログラムOSAKA(SIO)」

Job総研『2022年 転職年齢に関する意識調査』を実施

sonar ATS主催、第二回「採用あるある川柳2022」 応募総数900句から大賞作品決定! 【大賞:本当は 自分も悩む キャリアプラン】 佳作5作品ほか受賞作品も発表。今と未来の採用市場が垣間見える川柳が多数

Job総研『2022年 夏ボーナス実態調査』を実施

Repro、カスタマージャーニーに沿った コミュニケーションを実現する シナリオ機能(β版)の提供を開始

「すべての人に、ロボットの応援を。」  一般社団法人 ロボット応援団設立のお知らせ

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK