スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /株式会社M&A総合研究所 大阪・名古屋オフィス新設
ニュース 2020.11.18

株式会社M&A総合研究所 大阪・名古屋オフィス新設

株式会社M&A総合研究所 大阪・名古屋オフィス新設

3行で言うと…株式会社M&A総合研究所(https://masouken.com/ )(本社:東京都港区、代表取締役 佐上峻作)が事業拡大に伴い、11月9日(月)より「大阪オフィス」「名古屋オフィス」を新設しました。
株式会社M&A総合研究所(https://masouken.com/ )(本社:東京都港区、代表取締役 佐上峻作)が事業拡大に伴い、11月9日(月)より「大阪オフィス」「名古屋オフィス」を新設しました。

【オフィス開設の目的】
M&A総合研究所は2018年10月の設立以降、M&A仲介業務にテクノロジーを取り入れた「M&A×TECH」のリーディングカンパニーとして、AIの活用、DXによる業務効率化を通じてコストを削減し、案件のスピーディな成約、完全成功報酬制のM&Aサービスの提供をしてきました。
大阪・名古屋オフィスの新設は、地域に根ざし、より効率的にM&Aのサポートをすることを目的としています。

【大阪オフィス概要】
名 称:株式会社M&A総合研究所 大阪オフィス
所在地:〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町8−47 阪急グランドビル 20階
開設日:2020年11月9日

【名古屋オフィス概要】
名 称:株式会社M&A総合研究所 名古屋オフィス
所在地:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 名古屋第三堀内ビル 9F
開設日:2020年11月9日

※大阪・名古屋オフィスでは、M&Aアドバイザー(大阪または名古屋勤務)を募集しております。
採用HP:https://recruits.masouken.com/

オフィスの新設に伴い、今後もお客様に最適なM&Aサービスの提供を目指すとともに、深刻化する事業承継問題の解決に尽力してまいります。

【会社概要】
株式会社M&A総合研究所
事業内容:M&A仲介事業
資本金:4.1億円(資本準備金含む)
本社:東京都港区六本木5-2-5 鳥勝ビル3F
代表者:代表取締役CEO 佐上 峻作
HP: https://masouken.com/

【代表プロフィール】
代表取締役CEO 佐上 峻作(さがみ しゅんさく)
神戸大学卒。
2015年に創業した株式会社メディコマをわずか1年で株式会社ベクトルに9.5億円で株式譲渡。
その後、計10回以上の企業・事業買収を実施。自らのM&A経験を活かし、M&A総合研究所を創業。
M&A Tech(データとテクノロジーでM&Aマーケットを変革する)領域で譲渡企業や譲受企業のマッチングを加速させることで、日本の課題である事業承継問題の解決を促進し、日本企業と社会の発展を目指す。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

米調査会社Startup Genome発行「The Global Startup Ecosystem Report 2022」に大阪が掲載

Job総研『転職と年収に関する実態調査』を実施

フルカイテン、事業拡大を見据えたオフィス移転と採用強化のお知らせ事業成長には社員が「幸せ」を感じることが必要不可欠

AIによる表情解析などを手掛ける「リモートウェル」、総額約2.4億円の資金調達を実施 ビデオ接客ツールのユーザー拡大とAI解析に関する開発を加速

支援対象者決定!令和4年度「スタートアップ・イニシャルプログラムOSAKA(SIO)」

Job総研『2022年 転職年齢に関する意識調査』を実施

sonar ATS主催、第二回「採用あるある川柳2022」 応募総数900句から大賞作品決定! 【大賞:本当は 自分も悩む キャリアプラン】 佳作5作品ほか受賞作品も発表。今と未来の採用市場が垣間見える川柳が多数

Job総研『2022年 夏ボーナス実態調査』を実施

Repro、カスタマージャーニーに沿った コミュニケーションを実現する シナリオ機能(β版)の提供を開始

「すべての人に、ロボットの応援を。」  一般社団法人 ロボット応援団設立のお知らせ

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK