スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /株式会社M&A総合研究所 大阪・名古屋オフィス新設
ニュース 2020.11.18

株式会社M&A総合研究所 大阪・名古屋オフィス新設

株式会社M&A総合研究所 大阪・名古屋オフィス新設

3行で言うと…株式会社M&A総合研究所(https://masouken.com/ )(本社:東京都港区、代表取締役 佐上峻作)が事業拡大に伴い、11月9日(月)より「大阪オフィス」「名古屋オフィス」を新設しました。
株式会社M&A総合研究所(https://masouken.com/ )(本社:東京都港区、代表取締役 佐上峻作)が事業拡大に伴い、11月9日(月)より「大阪オフィス」「名古屋オフィス」を新設しました。

【オフィス開設の目的】
M&A総合研究所は2018年10月の設立以降、M&A仲介業務にテクノロジーを取り入れた「M&A×TECH」のリーディングカンパニーとして、AIの活用、DXによる業務効率化を通じてコストを削減し、案件のスピーディな成約、完全成功報酬制のM&Aサービスの提供をしてきました。
大阪・名古屋オフィスの新設は、地域に根ざし、より効率的にM&Aのサポートをすることを目的としています。

【大阪オフィス概要】
名 称:株式会社M&A総合研究所 大阪オフィス
所在地:〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町8−47 阪急グランドビル 20階
開設日:2020年11月9日

【名古屋オフィス概要】
名 称:株式会社M&A総合研究所 名古屋オフィス
所在地:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 名古屋第三堀内ビル 9F
開設日:2020年11月9日

※大阪・名古屋オフィスでは、M&Aアドバイザー(大阪または名古屋勤務)を募集しております。
採用HP:https://recruits.masouken.com/

オフィスの新設に伴い、今後もお客様に最適なM&Aサービスの提供を目指すとともに、深刻化する事業承継問題の解決に尽力してまいります。

【会社概要】
株式会社M&A総合研究所
事業内容:M&A仲介事業
資本金:4.1億円(資本準備金含む)
本社:東京都港区六本木5-2-5 鳥勝ビル3F
代表者:代表取締役CEO 佐上 峻作
HP: https://masouken.com/

【代表プロフィール】
代表取締役CEO 佐上 峻作(さがみ しゅんさく)
神戸大学卒。
2015年に創業した株式会社メディコマをわずか1年で株式会社ベクトルに9.5億円で株式譲渡。
その後、計10回以上の企業・事業買収を実施。自らのM&A経験を活かし、M&A総合研究所を創業。
M&A Tech(データとテクノロジーでM&Aマーケットを変革する)領域で譲渡企業や譲受企業のマッチングを加速させることで、日本の課題である事業承継問題の解決を促進し、日本企業と社会の発展を目指す。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK