スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /フードロス削減に貢献しながら、お惣菜・お弁当を食べる度に最大約5円節約できるポイ活アプリ「DELIPO!」がリリース
ニュース 2020.11.18

フードロス削減に貢献しながら、お惣菜・お弁当を食べる度に最大約5円節約できるポイ活アプリ「DELIPO!」がリリース

フードロス削減に貢献しながら、お惣菜・お弁当を食べる度に最大約5円節約できるポイ活アプリ「DELIPO!」がリリース

3行で言うと…フードロス削減に貢献しながら、お惣菜・お弁当を食べる度に最大約5円節約できるポイ活アプリ「DELIPO!」をリリースしました!手軽に社会貢献しながら、話題のポイ活を始めませんか!?
ADAPTER INC.(本社:東京都港区、代表取締役:元木賢一)は、お弁当・お惣菜の消費データを消費者から直接収集するアプリ「DELIPO!」をリリースしました。

収集されたデータは、主に食品業界の小売業者及びメーカーに提供します。データは業務改善及びフードロス削減等に役立てていただくことが可能です。

■フードロス(食品ロス)削減に貢献しながら、ポイ活できるアプリ「DELIPO!」をリリースしました

当社(ADAPTER INC.)は、食品業界に特化したデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進しております。当社は、食品業界の大きな課題である「フードロス」削減に消費者の視点から貢献できるスマートフォンアプリ「DELIPO!」を本日、2020年11月16日にリリースしたことを発表いたします。

■「DELIPO!」について

スマートフォンアプリ「DELIPO!」は、お惣菜・お弁当を中心とした中食商品が、家庭内でどのように消費されたのかといった定性データを消費者から直接収集するアプリです。

一般消費者の皆様に「DELIPO!」をご使用いただき、普段購入しているスーパーのお惣菜やお弁当の商品ラベル・購入時のレシート・商品自体を撮影し、食後のアンケートに答えていただくことで、中食商品が、実際に家庭内でどのように消費されたのかといった定性データを収集します。一般消費者の皆様は、データを提供していただくことで、アマゾンギフト券等に交換可能な「DELIPO!」内のポイントを貯めていただくことができます。

アプリ内で収集されたデータは、食品業界に従事する方々が自社の課題解決に素早く利用できる形に加工され、食品業界の小売業者及びメーカーに提供されます。提供されたデータは企業の商品開発・業務改善及びフードロス削減に役立てられます。

■「DELIPO!」の3つの特徴

有効期限のないポイントで上手に節約
ライフログとしてのコレクション機能
お弁当・お惣菜を買ったついでに社会貢献

1. 有効期限のないポイントで上手に節約
商品とレシート撮影・アンケート回答で最大50ポイント(5円相当)が貯まります。貯めたポイントはAmazonギフト券交換(100円・200円・500円相当)またはフードロス削減活動への募金ができます。ポイントの有効期限はないので、お弁当・お惣菜を購入する度にコツコツ貯まり、上手に節約できます。

2. ライフログとしてのコレクション機能
「DELIPO!」はお弁当・お惣菜の記録用アプリとしても使えます。送信したデータはコレクション一覧に自動保管。アンケートに回答した評価はレーダーチャートで表示されるので、お気に入りの傾向や商品が一目瞭然。オリジナルなタグ付けもでき「今日何食べようかな」「今日はあれ買って帰ろう」と考えた時に見返せる便利な機能です。

3. お弁当・お惣菜を買ったついでに社会貢献
「DELIPO!」はお弁当・お惣菜を買ったついでにポイントを貯めつつ、フードロス解消へも貢献できるアプリ。「DELIPO!」に蓄積されたデータは、サスティナブルな生産と消費を目指すために活用されます。あなたの食べた記録やリアルな感想が、スーパーや食品メーカーでの味の改良や最適な内容量・販売量・販売時刻を導きだしフードロス削減につながります。

■「DELIPO!」誕生の背景

従来、食品業界では、POSなどによって「何が売れたのか」といった購買の定量データは取得してきたものの、「なぜそれが売れたのか」・「実際にそれは美味しく食べてもらえたのか」といった定性データは入手しづらいことが課題でした。今なお、定性データを補う手段は少なく、KKD(勘・経験・度胸)に頼った商品開発にならざるを得ない状況を抱えています。その結果、商品開発の無駄打ちが生じやすく、さらに、消費者ニーズを捉えきれなかった商品が売れ残ることで、フードロスの問題にも繋がっています。

「DELIPO!」は、購入時刻・消費時刻・購入理由に加え、味や容量、価格への感想というレジ通過後のリアルな消費データを、消費者から直接収集します。川下である消費者から収集したリアルな消費データを、川上の食品業界に提供し、活用していただくことで、業界全体がフードロスを発生させない体制にシフトしていくことができると考えております。

※データを提供して頂く消費者の皆様のデータ管理及び取扱いには十分配慮し、匿名化を行い個人が特定されない形で運用致します。

■アプリ紹介ページ
https://delipo.info/lp/delipo_rounder_point/

■アプリ概要
アプリ名:
DELIPO!

リリース日:
2020年11月16日

アプリ概要:
対象のスーパー等で購入したお惣菜・お弁当のラベル撮影や食後のアンケートに答えるだけでポイントが獲得できるアプリ

AppStore :
https://apps.apple.com/jp/app/id1529981940

Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.adapter.delipo

■会社概要
商号:
ADAPTER INC. (和名 株式会社アダプター)

所在地:
〒105 – 0001 東京都港区⻁ノ門3丁目7番地5号

代表者:
代表取締役 元木 賢一

設立:
2020年3月

事業内容:
食品業界のマーケティングリサーチ効率化アプリ「フードデータ・コンテナ」の企画・開発・運営
お弁当・お惣菜を買ったついでにポイントを貯めつつ、フードロス解消へも貢献できるアプリ「DELIPO!」の企画・開発・運営

資本金:
900万円

URL:

HOME

【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
《問い合わせフォーム》
URL: https://adapter-inc.com/contact/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK