スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /着弾で繋がる趣味コミュニティ・着弾.comβ版リリース
ニュース 2020.11.30

着弾で繋がる趣味コミュニティ・着弾.comβ版リリース

着弾で繋がる趣味コミュニティ・着弾.comβ版リリース

3行で言うと…着弾.com は購入したモノの到着報告 #着弾で繋がる、趣味とモノのSNSです
着弾.com ( https://chakudan.com/ )は、 #着弾 で繋がるDeepな趣味人達のSNSです。(「着弾」は購入したモノが到着した時に、使うネット用語です)

アーティストグッズやCD、ガジェットやスマホ、フィギュアやプラモなど、ちょっとこだわった趣味のものを買った時が手元に届いた喜びを、同じ価値観を持った人たちと共有出来ます。

隠すような趣味では無くとも、普段のSNSに投稿しても理解・共感がされなそうな着弾報告を、受け入れてくれるちょっとクローズドなSNSです。

β版では、日本最大の自作PCコミュニティ・自作.com ( https://jisaku.com/ )とスマホデータベース・Gajeota ( https://gajeota.com/ )の2サイトと提携し、それぞれのジャンルのユーザーさんからの投稿を集めています。

また、上記の「PCパーツ」、「ガジェット&スマホ」以外にも「アイドル」「ゲーム」「プラモ・フィギュア」「その他」といったジャンルも用意しています。

今後、ジャンルに関しては随時拡大していく予定です。

■ 着弾.com をリリースした背景

TwitterやInstagram、Youtubeなど、影響力を持つアカウントが増えてきたことは説明するまでもありません。SNSの場がパブリックな場へとなっていき、特に仕事や特定のテーマを中心に利用している場合には、ちょっとした趣味趣向やテーマから外れるの投稿などがしにくいと感じる場面が増えてきています。

「趣味アカ」として、別のアカウントを作成することも出来ますが、もっと気軽に投稿出来るの受け皿を作りたいと思い、「着弾.com」を開発しました。

今後、同じモノを買った人同士が気軽に繋がれる、などよりコミュニティ機能を充実させていく予定です。

■ 着弾.com の使い方

1. 「はじめる」をクリックするとSNSログイン画面へ
2. Twitter/Facebook/Googleから1クリックでログイン出来ます(アイコンはSNSのものがそのまま適用されます)
3. ログイン出来たら、「新規着弾」から着弾画像を投稿しましょう
4. コメント、カテゴリ選択、画像、購入価格等を入れると簡単に投稿出来ます
5. 投稿したら、他の人からのコメントや、おめでとう!を待ちましょう
6. マイページから、自分の投稿をコレクションで確認出来ます

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK