スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /迷惑電話対策アプリ「Whoscall」に迷惑SMS自動ブロック機能登場 ~12月は詐欺電話が増加傾向、コロナ禍でSMS被害も増加する中 新機能で万全対策を~
ニュース 2020.12.09

迷惑電話対策アプリ「Whoscall」に迷惑SMS自動ブロック機能登場 ~12月は詐欺電話が増加傾向、コロナ禍でSMS被害も増加する中 新機能で万全対策を~

迷惑電話対策アプリ「Whoscall」に迷惑SMS自動ブロック機能登場 ~12月は詐欺電話が増加傾向、コロナ禍でSMS被害も増加する中 新機能で万全対策を~

3行で言うと…迷惑電話対策アプリ「Whoscall」に迷惑SMS自動ブロック機能登場!
12月は詐欺電話が増加傾向です。
また、コロナ禍でSMS被害も増加しているので新機能で万全対策を。
2020年12月7日

報道関係各位
Gogolook Co., Ltd.
=====================================================================
迷惑電話対策アプリ「Whoscall」に迷惑SMS自動ブロック機能登場
~12月は詐欺電話が増加傾向、コロナ禍でSMS被害も増加する中新機能で万全対策を~
=====================================================================

台湾のGogolookが開発・提供する着信番号識別・迷惑電話対策アプリ「Whoscall(フーズコール)」において
SMSで届いた迷惑メールをブロックする機能「SMSアシスタント機能」が12月9日(水)よりプレミアム版に追加されます。
本機能は、海外発信や存在しない番号に偽装された番号などを含め、不審な着信に関して、
16億件以上の膨大なデータベース及びAI技術を用いて番号を検出し、
迷惑メッセージを自動で振り分けたり、任意のキーワードを自動振り分けに設定できるもので、
キーワード追加で迷惑メッセージに自動分類可能なのはWhoscallだけの機能です。

【SMSアシスタント機能とは】
・自動フィルタリング
「SMSアシスタント」は自動フィルタリングで迷惑SMSをブロックします。
迷惑メッセージのデータベースでは、
高い頻度で詐欺のキーワードに表示される「銀行振込」、「配達」、「荷物」と
フィッシングサイトのURLを含む、SMSに届く危険なメッセージを自動判別します。
自動フィルタを有効にすることで、特定のキーワードやURLを含むメッセージを受信した場合、
通知なしで自動的に「迷惑メッセージ」に移動されます。

・キーワードフィルタリング
受け取りたくない迷惑メッセージの中に表示されたキーワードを入力すると、
その追加したキーワードが含まれるメッセージを受信した場合、
通知はなしで自動的にメッセージアプリの「迷惑メッセージ」の受信フォルダに分類されます。
キーワード追加で迷惑メッセージに分類可能なのはWhoscallだけの機能です。

この度の迷惑SMSメッセージの対応により、「Whosacall」は電話だけでなく、
SMSにおいても、よりストレスフリーで快適な日常を提供できるようになりました。

【日本における詐欺電話事情】
Whoscall調べによると日本では年末年始にかけて詐欺電話が増加する傾向があります。
同じくWhoscallによると2020年は海外から日本にかかってくる詐欺電話が10月に25%と、
過去最高になりました。その中でも「+1833(実在しない国番号)」から
発信される中国語による海外からの詐欺電話についての報告がユーザーから多くありました。
11月には減少しましたが、中国語の詐欺電話は「+44(イギリス国番号)」、
「+86(中国国番号)」と形を変えてかけられるようになり、
引き続き日本は詐欺電話の脅威にさらされています。 
また、2020年3月以降、フィッシング詐欺が急増しています。
フィッシング対策協議会によると、2020年8月中に寄せられたフィッシング詐欺の報告件数は過去最多の2万814件でした。
「コロナ禍でネットショッピングの利用が増えたために、EC(電子商取引)サイトをかたる
フィッシングや宅配便の不在通知を装うスミッシング(SMSを使ったフィッシング)による
被害も増えていると考えられる」ともコメントしています。
一方、「Go Toトラベル」で利用者に発行される「地域共通クーポン」の
電子クーポンで不正受給が発生したことを受け、観光庁では11月25日から、
不正防止のためにSMS認証を使った対策を導入しており、
今後このシステムを悪用したSMS関連の詐欺増加が予想されます。

【台湾発の着信番号識別・迷惑電話対策アプリ「Whoscall」とは】
台湾のGogolookが開発・提供するスマートフォンアプリ「Whoscall」は、
現在、全世界で8,000万ダウンロードを超えており、2015年から5年連続で「APP Store」の
ベストアプリに選ばれています。台湾では二人に一人がダウンロードする実績を持ちます。
CEOのジェフ・クオは、台湾の総統・蔡英文氏(ツァイ・インウェン)から
2020年9月に台湾総統イノベーション賞を受賞しました。
2020年は1.4億件の迷惑電話と迷惑SMSを阻止しています。
2013、2015、2016年には、Google Playの「ベストアプリ」を受賞し、
Googleの元CEOであるエリック・シュミット氏も自身のスピーチでフーズコールについて称賛しました。

Whoscallでは、膨大なデータベース及びAI技術を用いて詐欺の電話番号を検出できます。
SMSを利用した詐欺の場合、Whoscallがハイパーリンクスキャンテクノロジーを用いて、
わずか0.5秒でアンドロイド対応端末に不審なSMS、及び悪意のあるリンクを検出します。
コロナ詐欺の急増などを受け、Whoscallはスタートアップ企業への支援が豊富な
福岡市に日本法人を設立しました。
今後も日本市場でのサービス拡大と消費者の安心・安全への貢献を目指します。  

Whoscall (iOS/Android版):https://general.onelink.me/3641113820/a0736524

【会社概要】
会社名: Gogolook 株式會社
代表者: 郭建甫(Jeff Kuo)
所在地: 福岡市
設立: 2020年 11月
資本金: 10億円
事業内容: 電話番号識別サービス「Whoscall(フーズコール)」の運営・開発
従業員数: 70 名
URL: https://whoscall.com/ja/

※本リリースのPDFデータおよび広報画像は下記よりダウンロードいただけます。
有効期限:{{添付ファイル有効期限}}
添付ファイル(SMS アシスタント資料一式.zip)
https://dl.nxlk.jp/15cdd8c8-9b92-48df-b144-280c60b83c4e

【本件に関する報道関係者お問い合わせ先】
Whoscall(フーズコール)広報事務局(共同PR内)
担当:樋口、小山
TEL:03-3571-5326 
MAIL: whoscall-pr@kyodo-pr.co.jp

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

フィンランド発Aiven、シリーズCのエクステンションを実施評価額は20億ドルを超えユニコーン企業評価額を達成

30代の「大人の自己分析」広がる

Job総研「2021年 秋の読書実態調査」を実施

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK