スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /【正式リリース】見積もり工数をAIで弾き出すシステム『Engineerforce』の提供開始!リリース記念に1ヶ月間、無償利用可能!
ニュース 2021.02.02

【正式リリース】見積もり工数をAIで弾き出すシステム『Engineerforce』の提供開始!リリース記念に1ヶ月間、無償利用可能!

【正式リリース】見積もり工数をAIで弾き出すシステム『Engineerforce』の提供開始!リリース記念に1ヶ月間、無償利用可能!

3行で言うと…AIで見積もり工数を算出する「Engineerforce」正式ローンチ!
ソフトウェアエンジニアの方にぜひ使っていただきたいです!
見積もり作成にお困りの方、必見です!
株式会社Engineerforce(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飯田 佳明)はITエンジニア向けに見積もり工数をAIで算出するSaaSシステム「Engineerforce」を2021年1月27日(水)より正式に提供開始いたしました。

URL:https://engineerforce.io/index.jp.html

■開発の背景
IT業界において見積もり工数を算出する場合、各タスクに応じてITエンジニアが経験則に基づき見積もり工数を算出し、エクセルにまとめるというフローが一般的な手法であり、ざっくりと丼勘定で開発工数を見積もってしまうケースも少なくありません。

エンジニアにとって見積もりを作ることは非常に手間であり、且つ経験則に依存してしまうため、想定と異なり開発工数を大幅にオーバーしてしまい、トラブル案件へ発展してしまう可能性も潜んでおります。

そこでEngineerforceでは独自AIを用いて、各タスク毎の難易度を弾き出し、客観的な見積もり工数を提示することに成功しました。

客観的な見積もり工数を提示することにより、開発工数を見積もるSIerだけでなく、RFPを作成してSIerに外注する発注元にも見積もり工数の妥当性を判断する指標としてご利用いただくことが可能です。

■「Engineerforce」のサービス概要
開発したい機能毎にタスクを入力いただいたあと、AIが入力された情報を基に見積もり工数を算出いたします。
現在ベンチマークとして8割と高い精度で実現できており、ソフトウェア業界において一石を投じるツールとなっております。

■今後の展開について
・プロジェクトマネージメントツールとの連携

見積もり作成から実際のプロジェクトがどのように推移したか予実管理を一緒に行うことにより、プロジェクトマネージメント層にとっても便利なツールへとブラッシュアップしていきたいと考えております。​

・Stripeとの連携
見積もり作成後、受発注を完結できるようにStripeと連携を行う予定です。お客様は受け取った見積書で問題なければ、その場でクレジット決済を行うことができるようになります。

その他にも多数機能を追加する予定でございます。

【会社概要】
会社名:株式会社Engineerforce
代表者:飯田佳明
所在地:東京都渋谷区宇田川町16-8 渋谷センタービル3F
URL:https://engineerforce.io/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

東京都主催・400文字から世界を変えるスタートアップコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY 2021」が開催!

独自開発したM&A仲介DXシステム「Digitalize M&A」の運用結果を発表 〜M&Aアドバイザーが一度に担当できるディール数増加に大きく寄与〜

M&A総合研究所、「M&A×テクノロジー」を解説する ブランドサイト新設、採用ページリニューアルに関するお知らせ 〜事業拡大に伴い各種クリエイティブを刷新〜

コロナ禍のテレワークでもスマートなプロジェクト管理をサポート!フリープラン2000社突破を記念して「Lychee Redmine」グレードアップ3ヶ月間無料キャンペーン実施!

【イベントレポート】カベウチ主催 オンライン合同企業説明会

思考とマインドを整えて仕事の成果を向上させるオンライン・コーチングサービス『myPecon(マイぺコン)』ーー株式会社スーペリア

企業文化を醸成するオリジナルパーカー全10色を制作

M&A総合研究所、マイナビAGENTとの業務提携を開始

未来の人材マーケットを変えるライボの採用動画を公開 コロナ禍で影響を受ける社会情勢の中 就活生へ向けたメッセージ

iCARE、CTOに荻野淳也(おぎのじゅんや)が就任 〜Carely開発チーム、今後はCTO・VPoEの2トップ体制へ〜

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK