スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /話題となった、あの cero のライブ配信から 1 年! 業界初の電子チケット制有料ライブ配信イベントから 1 周年を記念した、 「ZAIKO Live Streaming 1st Anniversary Big Up! Project」始動!
ニュース 2021.03.16

話題となった、あの cero のライブ配信から 1 年! 業界初の電子チケット制有料ライブ配信イベントから 1 周年を記念した、 「ZAIKO Live Streaming 1st Anniversary Big Up! Project」始動!

話題となった、あの cero のライブ配信から 1 年! 業界初の電子チケット制有料ライブ配信イベントから 1 周年を記念した、 「ZAIKO Live Streaming 1st Anniversary Big Up! Project」始動!

3行で言うと…電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」は、業界初の電子チケット制有料ライブ配信イベントから 1 周年を記念した
「ZAIKO Live Streaming 1st Anniversary Big Up! Project」を始動します。
電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」(https://zaiko.io/)を提供する ZAIKO 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:Malek Nasser)は、電子チケットを中心にアーティストとファンが直接繋がることができるプラットフォーム(Direct to Fan=D2Fモデル)をコンセプトに、アーティスト・イベント主催者ファーストのサービスを多角的に展開しております。この度、ZAIKO は 3 月 15 日(月) ~4 月 30 日(金)の間、業界で初めての電子チケット制有料ライブ配信が行われてから 1 年を記念した、「ZAIKO Live Streaming 1st Anniversary Big Up! Project」を実施いたします。
本プロジェクトは、ZAIKO(315)の日からスタートし、期間中に様々なキャンペーンや特別なコンテンツを通して、この 1 年で急激に変化したライブ・エンターテイメント業界とその変化に伴ってアーティスト・イベント主催者ファーストの理念の元にサービスを拡充してきたZAIKO の軌跡を振り返るとともに、今後の業界動向を占う施策を展開していく予定です。
プロジェクトの第一弾として、ZAIKO(315)の日から、Twitter 上にて「#ライブ配信の思い出 フォロー&ハッシュタグキャンペーン」を開始いたします。キャンペーン期間中に、ZAIKO のアカウント(https://twitter.com/zaikoio)をフォローし「#ライブ配信の思い出」、「#ZAIKO」、「#Direct2Fan」を付けてライブ配信の思い出やあるあるを投稿すると、抽選で 100 名様に「ZAIKO アンコール」(https://zaiko.io/encore/landing)を 1 ヶ月間無料視聴できるクーポンが当たります。ZAIKO では、1 年間で約 5000 本以上のライブ配信イベントが行われてきました。本キャンペーンを通して、そんな数多くの過去ライブ配信の中から選りすぐりのコンテンツをもう一度視聴することができる「ZAIKO アンコール」を、より多くの人に体験してほしいと考えています。
このキャンペーンを皮切りに 4 月 30 日まで、様々な施策を実施予定です。今後の施策は随時発表予定です。ZAIKO は、収束の見えないコロナ禍においても、デジタルプラットフォームを中心とした、アーティスト・主催者ファーストのサービスを多角的に展開しライブ・エンターテイメント業界のニューノーマルを今後も牽引してまいります。

【ZAIKO Live Streaming 1st Anniversary Big Up! Project 概要】
◆プロジェクト概要:
ZAIKO は、2020 年 3 月 13 日の cero の有料制ライブ配信を皮切りにオンラインライブのパイオニアとして、ライブ・エンターテイメント業界に大きなインパクトを与えました。そして、新型コロナウイルスの大きなインパクトによって変化した市場や社会のニーズに合わせて、ライブ配信付き電子チケットプラットフォームとしての形を日々変えながら多様性と革新性をもって成長してきました。
本プロジェクトは、そんな ZAIKO がライブ配信 1 年を記念し、様々なキャンペーン・特別コンテンツを約 1 ヶ月半の期間内に実施することで、今までの感謝を伝える他、アーティスト・イベント主催者ファーストの理念を体現する D2F プラットフォームとして今後、よりスピード感を持って成長していくためのビジョンを発表する予定です。

◆プロジェクト期間:
2021 年 3 月 15 日(月)~4 月 30 日(金)

◆施策:
①#ライブ配信の思い出 フォロー&ハッシュタグキャンペーン
②ZAIKO 公式キャラクター「ざい子ちゃん」イラストコンテスト
③新規紹介キャッシュバックキャンペーンetc…
※詳細は随時 note(https://zaiko.marketing/)にて公開予定

【#ライブ配信の思い出 フォロー&ハッシュタグキャンペーン 概要】
◆キャンペーン概要:
キャンペーン期間中に、ZAIKO の Twitter アカウントをフォローし「#ライブ配信の思い出」、「#ZAIKO」、「#Direct2Fan」を付けてライブ配信の思い出やあるあるを投稿すると、抽選で 100 名様に「ZAIKO アンコール」(https://zaiko.io/encore/landing)を1 ヶ月間無料視聴できるクーポンが当たります

◆フォロー対象アカウント:
@zaikoio https://twitter.com/zaikoio
◆ZAIKO アンコール:
https://zaiko.io/encore/landing

■ZAIKO COO Lauren Rose Kocher(ローレン・ローズ・コーカー)メッセージ
ZAIKO は、2020 年 3 月にライブ配信サービスをどこよりも早く導入し、配信チケットを購入いただいたユーザー含む、非常に多くの皆様のサポートのおかげでここまでビジネスを前に進めることができました。 そんな思い出深い、最初のライブ配信から早くも 1 年が経過しました。この記念すべきタイミングで、今まで私たちのビジネスを支えていただいたアーティスト・イベント主催者様、ユーザーの皆様への 1 年間の感謝を込めた、「ZAIKO Live Streaming 1st Anniversary Big Up! Project」を実施します。今後も引き続きアーティスト・イベント主催者に寄り添ったサービスの展開を続けていくことで、ライブ・エンタメ業界の発展に貢献し、さらにこのデジタルイベントという新たな市場をアーティスト・主催者の皆さんと広げていけることを楽しみにしています!

■ZAIKO について
「ZAIKO」(https://zaiko.io/)は、電子チケットを中心にアーティストとファンが直接繋がることができるプラットフォーム(Direct to Fan=D2F モデル)をコンセプトに、アーティスト・イベント主催者ファーストのサービスを多角的に展開している、リアルイベント/ライブ配信どちらにも対応した、今までにない次世代プラットフォームです。2020 年 3 月以降は、新型コロナウイルスにより多くのイベントの中止や延期が起こる中、アーティストなどのイベント事業者の支援を目的とした有料ライブ配信サービス(https://zaiko.io/livestreamin
g)や新機能の提供をいち早く開始し、エンターテイメント業界のニューノーマルを牽引しています。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

将来有望な若手起業家7名の登壇が決定! SIO連続講座【成果発表会2022】

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」が、株式会社才流にて導入

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK