スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /85%の回答者がAIの基礎力を若手社会人までに習得すべきと回答、AIは全社会人必須スキルの時代へ
ニュース 2021.03.20

85%の回答者がAIの基礎力を若手社会人までに習得すべきと回答、AIは全社会人必須スキルの時代へ

85%の回答者がAIの基礎力を若手社会人までに習得すべきと回答、AIは全社会人必須スキルの時代へ

3行で言うと…スキルアップAIが独自に行ったアンケート結果によると、AIの基礎力はすべての職種の人が身に着けるべきであり、若手社会人までに習得することが望ましいという回答結果に。
 スキルアップAI株式会社は、20日に実施される2021年第1回G検定試験(※)を前に、基礎的なAIの知識の習得について、アンケート調査を実施しました。アンケートの結果から、AIの基礎的な知識は今後職種を問わず必要とされ、学生や若手社会人のうちに習得すべきであると考えられていることがわかりました。
 ※一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA開催)

 本アンケート調査は3月10日に開催したスキルアップAIキャンプ(https://www.skillupai.com/skillupai-camp/)第9回「G検定直前対策セミナー 深層学習編」の受講者に対し任意でアンケートへの回答を依頼したものです。有効回答数は46でした。

 アンケートでは、「G検定の範囲の知見を有しているべきと思う人はどんな人ですか。(複数回答可)」との質問に対し、「研究・技術職」が28票と最も多いものの、「企画職」が24票、「経営者・役員」と「営業職」が22票で続き、「製造・販売職」が8票でした。また、「すべての職種」との回答も18票ありました(「一般事務職」としては0票でしたが、「すべての職種」に含まれていると考えられます)。

 G検定の勉強をしている人は、G検定で学ぶようなAIを活用するための基礎知識をエンジニアなどの研究・技術職など一部の人だけでなく、あらゆる職種の人が身に着けることが望ましいと考えていることがわかります。実際にAI活用のための勉強をしている人の見解として説得力があると言えるのでは無いでしょうか。

 また、「G検定を取得するとしたらどのタイミングが望ましいと思いますか。」との質問に対しては、「学生のうちに」(12票)と「若手社会人の間に」(27票)で全体の約85%となり、その他「中堅社会人の間に」(6票)、「管理職・経営者になった後」(1票)でした。

 今後AIを活用する場面が広がっていくことが想定されることから、早め早めの段階で知識を習得しておくことが望ましいと考えられているようです。

 自由記述の中では「AIは、今後はExcelのように普通に利用する技術になると思った」とAIの浸透を予想する声や、「AI無しに新しい技術やビジネスの議論が難しくなりつつある」という切実な声もあり、AIが必須のスキルとなる時代がすぐそこまで来ていることがわかります。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

Jicoo(ジクー)、セミナー・イベント対応予約機能の提供開始

企画生産からワンストップでP2Cをサポート「Brand-Box」

電話DXのIVRy、アルフレッサシステム社において出社率の低いコロナ禍での電話業務の効率化に成功

習慣化アプリ「みんチャレ」、資生堂とピアサポートによる健康美の実現

オンライン中古車フリマ"Cartree"事前登録スタート!

「提案型キャリアカウンセリングを学ぶ1日体験講座」 10月9日(土)開催

京阪神スタートアップアカデミア・コアリション キックオフ・カンファレンス ~未来をつくる~ 様々な分野で活躍する、未来をつくる人々が大集合!

AnyMind Group、株式会社プラリタウンとの業務提携に合意 国内法人のデジタル化推進へ

関西最大級スタートアップの祭典「Hack Osaka2022」開催!~今年で9回目の開催!関西最大級のスタートアップの祭典でピッチコンテストに参加しませんか?~

ライボ ワクチン接種特別休暇制を度導入しました

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK