スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /日本初【AIでジム運営が180°変わる「GYMDX」】5月6日(木)渋谷区のジムにてローンチ決定!当日取材申込の受付を開始!
ニュース 2021.03.31

日本初【AIでジム運営が180°変わる「GYMDX」】5月6日(木)渋谷区のジムにてローンチ決定!当日取材申込の受付を開始!

日本初【AIでジム運営が180°変わる「GYMDX」】5月6日(木)渋谷区のジムにてローンチ決定!当日取材申込の受付を開始!

3行で言うと…①、日本初【AIでジム運営が180°変わる「GYMDX」】5月6日(木)渋谷区のジムにてローンチ決定!
②、当日取材申込の受付を開始!
③、With&Afterコロナのジム運営に大いにお役立ちできます。
「AI×フィットネス」の株式会社Opt Fitは、1年以上の開発期間を経て、日本初となる、スポーツジム専用のAI化システム開発に成功しました。5月6日(木)Aー1スポーツクラブ笹塚店にて、正式にローンチいたします。それに伴い、当日取材申込の受付を開始いたします。AIでジム運営が180°変わる「GYMDX」。

「GYMDX」紹介サイト:https://gymdx.com/
「GYMDX」紹介動画:https://youtu.be/Gp0Q8mnfWSg

■5月6日(木)のローンチ日に関するご案内
日時:5月6日(木)10:00〜18:00
場所:A-1スポーツクラブ笹塚店(渋谷区笹塚1丁目50−1 Daiwa笹塚タワー 別館)
対応者:「株式会社Opt Fit代表取締役渡邉」「A-1スポーツクラブ笹塚店支配人高橋様」
内容:日本初【スポーツジム専用AI化システム】ローンチ(会員に向け案内開始)&革新的な機能の紹介。
※A-1スポーツクラブ笹塚店支配人高橋様の導入インタビューはこちら:https://gymdx.com/archives/88

■「GYMDX」とは
ジム内に専用カメラを設置し、ジム運営をAI化することで、運営コストを削減しつつ会員満足度を向上させるサービスです。With&Afterコロナのジム運営に大いにお役立ちできます。

■3つの革新的な機能と解決する課題
1、「AI監視」(自動危険検知)
会員に安心感を与えつつ監視業務コストの削減が可能に!

倒れている人や動かない人を検知しリアルタイムでスタッフへ通知します。施設外にいるスタッフにも通知できたり、検知した動向を映像でチェックすることも可能です。

2、「器具利用率分析」(顧客動向分析)
データに基づいた経営判断が可能に!(主観に任せた経営判断からの脱却)

1台ごとに器具の利用率を把握可能です。不要な器具や増台すべき器具の判断だけでなく、店舗間での器具の入替えや新店を出す際の参考データとしても活用可能です。

3、AIと連携した「会員専用アプリ」
スタッフに頼らず会員満足度の向上が可能に!

アプリからジムエリアの混雑状況を把握可能です。また、利用したい器具のQRコードを読み取るだけで対象器具のトレーニング記録を簡単に残せたり、おすすめのトレーニング方法を確認できます。トレーニング記録はスタッフ側でも把握でき、記録に基づいて会員へ声がけすることでさらに会員満足度向上させることが可能です。

■開発の背景・想い

コロナ禍において、スポーツジム運営は非常に厳しい局面を迎えており、従来の運営方法を続けてしまえば、会員数の減少と膨大な固定費により倒産のリスクは高まることが顕著なため、従来にない大きな変化を求めています。

そこで、2020年3月より、本質的にスポーツジム運営をDXすることが可能な「GYMDX」の開発に乗り出しました。約1年の開発期間を経て、スポーツジムに特化した独自のAIアルゴリズムの構築に成功しました。

このシステムのメリットは、AIが一部の業務を代替することで、人間が人間にしかできない業務に集中することを可能とする点です。そして、スポーツジム経営の円滑化を図ることで、一般消費者がフィットネスに触れる機会が創出されます。アメリカのフィットネス参加人口は20%に比べ、日本はたったの3%と言われています。

「当社のシステムを利用するスポーツジムが増える→スポーツジム経営が円滑化される→一般消費者がフィットネスに触れる機会が増える」このエコシステムの構築を早急に実現したいと考えております。

■今後の展望

現在、A-1スポーツクラブを含む3社にて先行モニター導入が決定しております。
2021年4月より本格的に営業活動を開始し、同年8月までに10店舗、12月までに30店舗以上の導入を目指します。(最初の10店舗までは、特別価格でご案内しますので詳しくはお問い合わせください。)

当社システムは、導入後も専用カメラからのデータ分析を継続的に行うことで、
AI精度を高めたり、新機能の開発を順次行っていきます。
また、事業者様のニーズに合わせたオリジナルのAI機能開発も可能とします。

民間のスポーツジムだけでなく、地方行政(地方自治体)の連携を強めることで、公営のスポーツジムでの導入も目指します。スポーツジム運営を明るくすることで、よりたくさんの人にフィットネスに触れてもらう機会を創出します。

■会社概要
会社名:株式会社Opt Fit
役員:渡邉昂希(わたなべこうき)、森田尚也(もりたなおや)、荒川準也(あらかわじゅんや)
従業員数:10名(アルバイト含む)
所在地:〒460-0014 愛知県名古屋市中区富士見町13-19富士見町八木ビル701
(東京営業所:渋谷区)
URL:https://optfit.jp
【経営理念】
<企業使命>
・テクノロジーの力でフィットネス業界に新たな可能性を生み出す
<経営姿勢>
・お客様・社会全体の「笑顔と健康」をサポートするソリューションを創出する
<企業文化>
・常に、目的に対して「行動・発言」ができる元気ハツラツとした個の集合体
【事業内容】
・AIでジム運営が180°変わる「GYMDX」
→https://gymdx.com
・ジム&スクール専用連絡アプリ「Linker Bell」
→https://linkerbell.jp
・AI発熱検知システム「発熱ピッカー」
→https://optfit.jp/hatsunetsu
【お問い合わせ】
担当:株式会社Opt Fit 広報担当 渡邉
メールアドレス:info@optfit.jp

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

将来有望な若手起業家7名の登壇が決定! SIO連続講座【成果発表会2022】

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」が、株式会社才流にて導入

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK