スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /「ウィークリー・マンスリーから2年以上まで、期間を選べる家具家電付き賃貸プラットフォーム「NOW ROOM」。不動産業界のDX化を実現。」
ニュース 2021.08.03

「ウィークリー・マンスリーから2年以上まで、期間を選べる家具家電付き賃貸プラットフォーム「NOW ROOM」。不動産業界のDX化を実現。」

「ウィークリー・マンスリーから2年以上まで、期間を選べる家具家電付き賃貸プラットフォーム「NOW ROOM」。不動産業界のDX化を実現。」

3行で言うと…ウィークリー・マンスリーから2年以上まで、期間を選べる家具家電付き賃貸プラットフォーム。テクノロジー利用。不動産業界のDX化を促進。
【NOWROOMとは】
「NOW ROOM」は不動産のDXを推し進めるスタートアップ企業である株式会社NOW ROOM(本社:東京都渋谷区、代表取締役:千葉史生)が運営するサービス。Webまたはアプリ上でお部屋探しから入居審査、契約手続き、家賃の支払いまで一気通貫でオンライン完結が可能なマンスリー賃貸のプラットフォームです。デジタルネイティブ世代から30代ビジネスマンを中心に高い評価をいただき、現在までの延べユーザー数は27万人まで成長しています。また、ユーザーだけでなく、ホスト(物件の所有者)や管理会社の方の課題もテクノロジーを用いることで解決し、不動産業界のDX化を実現しています。結果として、掲載物件数は2021年5月時点で100,000室を、そこからわずか2ヶ月で2.5倍の250,000室を超え、業界No.1の掲載物件数のプラットフォームとなっています。

【不動産業界の課題】
-管理会社・ホストにとっての課題
・膨大な管理業務
・高い空室率
・ゲストによる家賃滞納の多発

-ゲストの課題
・部屋探しの段階で空室状況が把握しづらい
・入居に伴う手続きに時間・手間を要する

これらの課題があります。さらにコロナの長期化によって、管理会社の業務効率化や空室物件の稼働率回復に向けたDX化の必要性が高まっています。また入国制限などでインバウンドの動きが停止する中、メガイベントに向けて拡充した管理物件や部屋の稼働率は著しく低下し、事業継続に向けた解決策が喫緊の課題となっています。

【NOW ROOMが行う課題解決】
・プラットフォームとしての役割
「NOW ROOM」はユーザーと管理会社・ホストを結ぶプラットフォームです。利用することにより、管理会社は物件を掲載しているだけで「NOW ROOM」からの送客を見込むことができます。さらに「NOW ROOM」はWEB・アプリ上で入居審査、契約手続き、家賃の支払いが可能です。そのため、管理会社の管理業務を増やすことなく顧客獲得を可能にしています。こうして、コロナ禍で管理会社の業務効率化や空室物件の稼働率回復を求められる管理会社の課題も解決に寄与しています。

・家賃保証機能の開発
家賃保証機能とは、ゲストが家賃滞納をした際の保証を貸主に提供し、かつ、そのためのゲストの身元確認をすべてWeb上で実現する機能です。身元確認といえばもともとは郵送や捺印などのプロセス踏む必要があったものを、Web画面上で一気通貫に、面倒な手続きなく行えることが特徴です。ホストからの声として、家賃滞納への懸念の声や、保証についての要望をいただいていました。私たち NOW ROOMとしても最近、仕事の都合などの理由から中長期的にマンスリー賃貸に住みたいという「住まい需要」を多くいただくようになり、徐々に普通賃貸サービスの展開を広げてきました。ホストとして家賃滞納リスクを減らしたいというニーズ、そしてお客様の中長期的な住まいを満たしたいというニーズが拡大する中、当社はステークホルダー全員が、より安心安全に「住まい需要」を満たすことができるように、家賃保証機能の開発を行ました。これにより、ゲストの家賃滞納リスクを削減しているのです。

・在庫連携(空室状況把握)により、部屋探しから入居までオンラインで完結。最短即日入居も可能に
「NOW ROOM」には在庫連携機能があります。従来、管理会社に問い合わせた上でしか把握できなかった空室状況を部屋探しの段階で把握できます。それにより両者の無駄なプロセスを無くしました。さらに、部屋探しから、入居まで一貫してオンラインで完結可能にしています。ですのでゲストの入居に伴う、入居審査や入居に伴う手続きの煩わしさをなくし、最短で即日入居可能にしているのです。

【今後の展望】
不動産業界のDX化を目指すNOW ROOMですが、不動産業界の課題解決に向かいサービスを展開してきました。例えば貸主は契約書を紙で保存する必要がありましたが、確認できるだけではなく、自動でPDF化しホストに送付することを「NOW ROOM」の管理システムは可能にしました。このように、従来の不動産業界の仕組みを大幅に変えることなく、業務効率を改善する形での開発も行いました。今後も「NOW ROOM」はホスト、ゲストの両者に寄り添う形で、不動産業界のDX化を推進して行きます。

【会社概要】
会社名:株式会社NOW ROOM
設立 :2019年7月1日
所在地:東京都渋谷区初台1-9-3
代表者:千葉 史生
理念 :One World, Live Anywhere 暮らすを自由に
URL :https://nowroom.jp/company
事業内容:NOW ROOMの開発・運営
NOW ROOMサービスサイト:https://nowroom.jp/

NOW ROOM Biz:https://biz.nowroom.jp/

公式note:https://note.com/now_official
– ホスト様インタビュー:https://note.com/now_official/m/m93862c8cb17b
– ゲスト様インタビュー:https://note.com/now_official/m/m129e9160ddfa
– ゲスト様インタビュー(法人編):https://note.com/now_official/n/ndb0c3509c57e?magazine_key=m129e9160ddfa
– NOW ROOMメンバー紹介:創業者兼CEO千葉史生https://note.com/now_official/n/n8b924f64e403
NOW ROOM公式SNSアカウント:
– Twitter:https://twitter.com/nowroom_jp?s=21
– Instagram:https://instagram.com/nowroom?igshid=2qcl5dkc2yuo
– Facebook:https://www.facebook.com/NOW-ROOM-122512786107876/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

誇りまみれで世界を変える2月1日、「おそうじ革命」がリブランディングをスタート!

関西圏の12大学の頂点を決めるピッチコンテスト【KANSAI STUDENTS PITCH Grand Prix 2022】開催!

採用管理システム「sonar ATS」、導入社数が1000社を突破!~1000社目の株式会社トリドールホールディングス様に記念クリスタルを贈呈~

スマートホームオフィスブランド『PAXTON』働く人のために開発された「仕事用ゲーミングチェア」を発売!

採用管理システム「sonar ATS」、12,000 社以上の導入実績を誇る 適性検査「CUBIC for WEB」と API の本格連携を開始

Job総研『2022年 バレンタイン実態調査』を実施

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【関西の若手起業家向け】IPO経験者に聞く、事業成長に向けた本気の少人数トーク会参加者募集のご案内

採用管理システム「sonar ATS」、Web 面接・録画面接システム 「インタビューメーカー」の「録画面接機能」との API 連携が決定

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK