スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /会費ペイがLINE公式アカウントと連携開始
ニュース 2021.08.28

会費ペイがLINE公式アカウントと連携開始

会費ペイがLINE公式アカウントと連携開始

3行で言うと…会員管理・決済サービスの「会費ペイ」はLINEと連携しました。メールアドレスを取得せずにLINE上で入会申込や決済、その他コミュニケーションが可能となります。
決済サービスを提供する株式会社メタップスペイメント(東京都港区、代表取締役社長 和田 洋一)は、会員管理・決済システム「会費ペイ」にて8月より「LINE連携」機能を提供開始します。非接触が求められるコロナ下において、店舗と会員は入会申込から請求、決済、日々の連絡までをLINE上で完結できるようになり、現金や紙の申込書などを取り扱う必要がなくなります。

近年、店舗-会員間のコミュニケーションをLINE上で行うフィットネスジムやスクールが増えており、「会費ペイ」でも多くの加盟店から、メールアドレスを取得せずにLINE上で入会申込や決済、その他コミュニケーションができないかとご相談をいただいていました。この度、そのご要望にお応えし「LINE連携」機能を開発し、8月より正式に提供開始します。

「会費ペイ」と店舗のLINE公式アカウントを連携することで、入会時はLINE公式アカウントと友だちになり「入会申込」とメッセージを送るだけで入会申込WEBフォームのURLが届きます。そこから入会申込と初期費用決済を行うと、入会完了や決済完了といったお知らせが自動でLINEに届きます。店舗が「会費ペイ」の管理画面から手動で一斉配信を行うことも可能で、イベントや大会の案内、臨時休校のお知らせなどで活用できます。

「会費ペイ」は今後、LINEを起点にマイページや予約システムといった機能を開発し、店舗-会員間のコミュニケーションをよりスムーズでストレスのないものにし、サービス運営者が本当に注力すべき業務に集中できる環境を作っていきます。

■「会費ペイ」について
サービス運営者向けの入会申込・会員管理・請求管理・決済システムです。フィットネスジムやスクール、コワーキングスペースのキャッシュレス化・ペーパーレス化を実現するシステムです。2021年4月でサービス開始3周年を迎え、3,000加盟店を突破しました。

サービスサイト:https://kaihipay.jp/

■株式会社メタップスペイメントについて
「テクノロジーでお金と経済のあり方を変える」を企業理念に掲げ、カード決済、コンビニ決済、店舗向け決済端末など多種多様な決済サービスを提供している決済代行会社です。近年は決済サービスだけでなく、WEBフォームや会員管理システム、チケット発券、参加者管理システム、予約システムなどを組み合わせたパッケージソリューションと、給与即時払いサービスも展開しています。

<会社概要>
会社名:株式会社メタップスペイメント
所在地:東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー7階
代表者:代表取締役社長 和田 洋一
設立日:1999年3月19日
資本金:11億3,478万円
URL :https://www.metaps-payment.com

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

Job総研『2021年 年収と貯金額調査』を実施 

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK