スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /脳と睡眠を科学するブレインスリープが企業向け「睡眠サポート制度」の提供を開始。ビジネスパーソンの睡眠課題の解決へ
ニュース 2021.10.06

脳と睡眠を科学するブレインスリープが企業向け「睡眠サポート制度」の提供を開始。ビジネスパーソンの睡眠課題の解決へ

脳と睡眠を科学するブレインスリープが企業向け「睡眠サポート制度」の提供を開始。ビジネスパーソンの睡眠課題の解決へ

3行で言うと…株式会社ブレインスリープが、多くのビジネスパーソンが抱える睡眠課題を解決するための支援として、10月5日(火)より、「睡眠サポート制度」を開始。企業に対してはブレインスリープの健康経営サービス「睡眠偏差値®for Biz」の特別プログラムを無償で提供し、睡眠の質を向上するプロダクトをサポート価格で提供。あわせて、個人向けに、睡眠時間や生活習慣をもとに睡眠タイプを診断し、結果に応じた特別クーポンをプレゼントする取り組みも開始。
株式会社ブレインスリープは、多くのビジネスパーソンが抱える睡眠課題を解決するための支援として、10月5日(火)より、「睡眠サポート制度」を開始。企業に対してはブレインスリープの健康経営サービス「睡眠偏差値®for Biz」(※1)の特別プログラムを無償で提供し、睡眠の質を向上するプロダクトをサポート価格で提供。あわせて、個人向けに、睡眠時間や生活習慣をもとに睡眠タイプを診断し、結果に応じた特別クーポンをプレゼントする取り組みも開始。これらは下記の特設サイトにて公開されている。
また、現在ブランド初のCM「枕に必要なこと」編が、民放キー局やデジタルプラットフォームにて放送中。

■「睡眠サポート制度」・・・日本のビジネスパーソンの睡眠課題を解決する企業・個人向けサービス

日本人の睡眠時間は深刻な状態にあり、ブレインスリープが今年実施した調査(※2)では、2018年のOECDの調査(※3)よりもさらに短く、平均睡眠時間が6時間43分と、OECD加盟国の平均8時間25分に比べて世界で最も短い睡眠時間であった。また、最低睡眠時間として推奨されている7時間以上の睡眠時間を確保している人は全体の40%に留まるなど、日本の睡眠課題が浮き彫りとなっている。

ブレインスリープは、世界と比べて「日本の睡眠」が不足し、質も低いことを大きな社会的課題と捉えている。その中でも、特にビジネスパーソンにおける睡眠の課題に対して企業レベルで対策を講じることが重要と考え、これまで企業向けの「睡眠偏差値®for Biz」提供をはじめ、数々の健康経営支援の取り組みを展開してきた。
そしてこの度、新たに企業・個人の両面から日本のビジネスパーソンが抱える睡眠課題を解決することを目的に、企業向けサービスとしては、「睡眠偏差値®for Biz」を含むパッケージプラン「睡眠サポート制度」を提供、さらにビジネスパーソン個人に対して「睡眠タイプ診断」を無償で提供をする。

■「睡眠偏差値」の測定や「オンライン睡眠セミナー」などを通じて企業の“睡眠の質”を高める

「睡眠サポート制度」では、「睡眠偏差値®for Biz」を活用した睡眠状態の可視化や睡眠に関する実用的な知識を学べる「オンライン睡眠セミナー」(動画配信)の実施を通じて、企業に所属するビジネスパーソンたちの睡眠の質を高めることを目指している。現在、クラウドファンディングサービスの株式会社マクアケや、電動キックボードのシェアリングサービスを展開するLuup、定額制宿泊サービス「HafH(ハフ)」を提供する株式会社KabuK Styleなど6社の導入が決定。引き続き、スタートアップやIT、広告、メディア業界をはじめとする睡眠時間に課題を抱えるさまざまな企業に対して、「睡眠サポート制度」参画企業としての募集および支援を行っていくとしている。

また、個人のビジネスパーソンには「睡眠タイプ診断」として、睡眠時間や生活習慣をもとに睡眠タイプを診断し、結果に応じた特別クーポンをプレゼント。個人単位でも日本のビジネスパーソンが自身の睡眠の質について考え、改善するきっかけを提供することで、日本社会のビジネスにおける睡眠課題の解決を支援し、日本の睡眠の質を高める取り組みを進めていく。

※1:睡眠偏差値®:睡眠に関する自覚症状や睡眠習慣を含む幅広い視点で睡眠の主観的評価を定量化する質問群を作成し、さらに日本人に馴染みのある「偏差値」として数値化することで、日本人全体の中での相対的な睡眠状態を把握することを可能にするシステム。現在は、NTT東日本をイノベーションパートナーとして、企業向け健康経営サービス「睡眠偏差値for Biz」を展開。従業員の「睡眠」から企業との「エンゲージメント」を可視化し、さらに、全国の睡眠偏差値と比較することで、自社だけでは表面化されていない課題に新たに気づくことができ、プレゼンティズムを改善することができるサービス。
※2:調査手法:web調査、対象地域:全国、対象者条件:男女、サンプル数:n=10,000ss、調査実施期間:2021年1月
※3:OECD 2018 Time use across the world Porta

【睡眠サポート制度について】
スタート日:10月5日(火)10:00~

▼参加企業(6社)
・株式会社EXx
・株式会社KabuK Style
・The Breakthrough Company GO
・株式会社マクアケ
・株式会社リチカ
・株式会社Luup
(五十音順)

▼提供内容
・睡眠偏差値®for Bizの特別プログラムの提供
・希望企業に対してオンライン睡眠セミナー(動画配信)の提供
・睡眠タイプ診断の導入及び特別クーポンの配布

お問合せ・お申込み先:brainsleep.zzz@gmail.com

【睡眠タイプ診断について】
睡眠時間や生活習慣から、あなたの睡眠タイプを導き出し、診断結果に応じてクーポンをプレゼントする睡眠のパーソナル診断。

▼睡眠タイプ診断の流れ
STEP1.睡眠時間やライフスタイルに関する設問に回答
STEP2.あなたの睡眠タイプを診断
STEP3.オンラインストアで使用可能なお得なクーポンをゲット
URL:https://www.zzz-land.com/shop/pages/sleep_diagnosis_off.aspx

【企業ブランドCMについて】
▼配信の背景
ブレインスリープは、ウェブ上での販売だけではなく、プロダクトを実際に体験したいといったお客様の要望もあり、リアル店舗への展開などD2Cブランドの枠を超えた新たな付加価値の提供として睡眠課題を解決する新たなライフスタイルの提案を目指している。この度公開となった同社初となる企業ブランドCMでは、「枕に必要なのは頭を支えることだけではない」「本当に必要なことは脳を冷やすこと」と問いかけるコピーを用いて、商品を通じて睡眠を見直すきっかけを問う企業姿勢を表現。

▼企業ブランドCM概要
『枕に必要なこと篇』(30秒)
YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=BJDfLgaHboY

【会社概要】
ブレインスリープは、スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長の西野精治と道端孝助によって「最高の睡眠で、最幸の人生を。」をミッションに、2019年に設立。主に最先端の睡眠研究を基に作られたオリジナルプロダクトの開発や睡眠に特化した企業への睡眠コンサルティングやITを活用したサービス、医学的根拠がある睡眠情報の発信などを行う。

【株式会社ブレインスリープ】
設立: 2019年5月
代表取締役:道端 孝助
所在地: 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー26F
HP:https://brain-sleep.com/
ブランドサイト:https://brain-sleep.zzz-land.com/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

sonar ATS、11月2日(火)に採用担当者向けオンラインイベントを開催 「オンライン面接攻略、多様化する人材獲得に効果大『構造化面接』を徹底解説!」

自動運用実績累計6,000サイト、平均ROAS424%の実績!広告運用者の時間を削減し、生産性向上を実現!広告運用サポートツール「AdSIST plus」9月13日より提供開始 AdSIST plusサービスサイト:https://plus.adsist.ai/

AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より安全性の高い対モバイルアプリ動画広告を実現。

就活生や20代のビジネスパーソンなどのキャリア支援メディア・サービス

採用管理システム「sonar ATS」、業界最多の測定項目を誇る適性検査「eF-1G」とAPIの本格連携を開始 ~「eF-1G」の受検情報を「sonar ATS」へリアルタイムに連携可能に~

ZAIKOのNFT「Digitama」にて アメフトXリーグ オービックシーガルズ所属バイロン・ビーティ―Jr.選手のNFT発行・販売が決定!

習慣化のコツや「みんチャレ」の活用法を紹介するメディア「みんチャレブログ」をオープン! ユーザー90万人突破のNo.1習慣化アプリがノウハウを伝授!

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

Job総研『2021年 年収と貯金額調査』を実施 

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK