スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始
ニュース 2021.10.10

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

コロナ渦における社会不安や健康リスク低減のためにデジタルヘルスケアの分野で健康促進プログラムの実証検証を開始

3行で言うと… CNS領域(中枢神経系領域)を中心に事業展開する共和薬品、Garmin、エーテンラボ、グッドクリエイトは協働し、デジタルヘルス技術を活用した健康促進プログラム 『健やか安らかライフチャレンジ』 を開始します。コロナ渦における生活習慣病予防、メンタルヘルス対策、そして運動不足解消のための実証検証となり、2021年11月より鳥取市にて開始予定です。
共和薬品は鳥取市の協力のもと、デジタルへルス技術を活用した健康促進プログラム『健やか安らかライフチャレンジ』 を開始します。社会実装を目指したパイロットプログラムです。
 CNS領域(中枢神経系領域)を中心に事業展開する共和薬品は、Garmin、エーテンラボ、グッドクリエイトと協働し、デジタルヘルス技術を活用した健康促進プログラム 『健やか安らかライフチャレンジ』 を開始します。コロナ渦における生活習慣病予防、メンタルヘルス対策、そして運動不足解消のための実証検証となり、2021年11月より鳥取市にて開始予定です。

プロジェクトの背景
 私たちの生活は新型コロナウイルスによって一変しました。その心理的影響は大きく、世代に関係なく、不安や恐怖、偏見や差別など社会不安にさらされています。さらに、行動自粛や生活様式の変化に伴って起こる運動不足による健康リスクの増大を抑制することは喫緊の課題です。デジタルヘルス技術により行動変容を促し、習慣化する仕組みを提供することで、健康リスク低減に貢献します。

プロジェクトの概要
 共和薬品のCNS領域における知見、Garminのストレス値が測定可能なスマートウォッチ(VENU SQ)、エーテンラボのデジタルピアサポートアプリ 「みんチャレ」 (5人1組で続ける「習慣化アプリ」)、グッドクリエイトの特許技術である 「@POP」 システム(個人情報のユーザー端末への暗号化保管を可能とし、ユーザー側から主体的に自分に最適な情報を取集・提供・活用するシステム基盤)とを組み合わせることによる、社会へのデジタルウェルビーイング(テクノロジーを用いた健全な関係の構築)の実現を目指します。

 ユーザーはGarminのスマートウォッチ(VENU SQ)を装着することで健康指標データのモニタリングが可能です。それらのデータは 「みんチャレ」 を通してチームで共有し、改善のための試みなどもチャットで発信し合います。運動を取り入れたり、食事を見直したり、質の高い睡眠を意識するなど、さまざまな角度から生活習慣の改善に取り組み、ユーザー自身の行動変容と仲間同士の支え合いにより習慣化することを目標としています。 本プロジェクト 『健やか安らかライフチャレンジ』 は各社の知見と独自技術を集結し、以下4つの要素でユーザーを支援します。
ストレス・睡眠・運動・食事など生活習慣予防・改善のための啓発
ストレス・睡眠・運動・食事などのヘルスケアデータの見える化による意識変革
習慣化アプリによる行動変容の促進
個人情報のユーザー端末への暗号化保管によるポータブル化

共和薬品工業株式会社について
https://www.kyowayakuhin.co.jp/
共和薬品工業株式会社は、CNS領域(中枢神経領域)を中心としたジェネリック医薬品の開発、製造および販売を
行っており、新薬や長期収載品も扱っています。また、医薬品にとどまらず、デジタルヘルステクノロジーの分野にも注力しており、「CNSトータルソリューションカンパニー」として、患者さんとそのご家族、医療従事者の皆さん、そして社会に貢献できる企業を目指しさまざまな挑戦を続けています。

Garminについて
http://www.garmin.co.jp/
Garmin (ガーミン) はアメリカ合衆国で創業されたGPS機器のパイオニアです。2020年秋、ヘルスプロモーション、ソリューション事業、研究などのニーズに合わせ、独自のソリューションをサポートするグローバルプロジェクト「Garmin Health(ガーミンヘルス)」を日本でもスタートさせました。Garminならではの使いやすさと多彩な機能性を有するウェアラブルデバイスを活用し、スポーツ&アクティビティシーンだけでなく日常生活における健康管理・健康増進をサポートします。https://www.garmin.com/ja-JP/health/

エーテンラボ株式会社について
https://a10lab.com/
エーテンラボは、5人1組のデジタルピアサポートアプリ「みんチャレ」の開発、運営を行っています。ユーザー同士励まし合うことで楽しく習慣化でき、生活習慣改善にも貢献します。神奈川県で行った実証事業では糖尿病と予備群のウォーキングの目標歩数の達成率で2倍の有意差が認められた実績があり、ピアサポートを通してユーザーが幸せになる社会を目指しています。

株式会社グッドクリエイトについて
https://gc-c.co.jp/
株式会社グッドクリエイトは、特許技術である「@POP」を活用したソフトウェア、アプリの開発、販売等を行っております。情報技術を用いて、Face to Faceのコミュニケーションと人々のつながりを創造し、あらゆる人が豊かな人生を送るための仕組みを構築し、新しいマーケットを創造することにより、社会に貢献できる企業を目指しております。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

将来有望な若手起業家7名の登壇が決定! SIO連続講座【成果発表会2022】

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」が、株式会社才流にて導入

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK