スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /エアトランク、11月1日より、家族全員で受けられる「大片付け 訪問/オンラインサービス」を提供開始
ニュース 2021.10.30

エアトランク、11月1日より、家族全員で受けられる「大片付け 訪問/オンラインサービス」を提供開始

エアトランク、11月1日より、家族全員で受けられる「大片付け 訪問/オンラインサービス」を提供開始

3行で言うと…循環収納*でおうちを広げる宅配型トランクルームを提供する株式会社エアトランクは、2021年11月1日(月)より、年末の大掃除の前に、整理収納クリエイターと共に家族全員でおうちの片付けに取り組む「大片付け訪問サービス」「大片付けオンラインサービス」の提供を開始いたします。
2021年はコロナ禍による外出自粛期間も長く、おうち時間が増えたことで、モノが増えてしまったというご家庭も多いのではないでしょうか。今年も残りわずかとなり、しっかり大掃除をして気持ちよく新年を迎えたい方も多いはず。

大掃除はもともと神事の「煤払い(すすはらい)」に由来しています。昔は囲炉裏やかまどの煤を払い、新年を司る年神様を迎えるための清めの行事として行われていました。しかし、おうちのモノが増えた現代では、実は“大掃除”ならぬ、その前段階の“大片付け”が非常に重要です。

「お客様のおうちを訪れた時、私たちが感じることの一つに“家の中で良い空気が流れているかどうか”ということがあります。家にモノが溢れていると、まるで空気が循環していないように感じるのです。片付けとは、おうちに置くものを必要なものだけに整理し、使いやすく戻しやすい収納方法に改善することです。大掃除の前に、まず“大片付け”を行って、新年を迎えていただ
ければと思います」(エアトランク 整理収納事業部 ゼネラルマネージャー 鈴木尚子)

エアトランクが提唱する“大片付け”では、家族全員でサービスを受けていただくことができます。年末のこの機会に、納戸や倉庫など、家族で共有するスペースを片付けていただくのに最適です。
新年を迎える前に、来年はどんなおうちで暮らしをしたいか、家族のみなさんで話し合い、大片付けに取り組んでみてはいかがでしょうか。

*循環収納とは、シーズンごとに使わないモノをトランクルームに預け、使うモノだけ家の中にしまっておくこと
で、一年中部屋の中をすっきりさせる、エアトランクが提案する新しい収納の考え方です。

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK