スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /採用管理システム「sonar ATS」、対話型AI面接サービス「SHaiN」とAPI連携を開始 ~「SHaiN」の面接情報を「sonar ATS」で確認・管理が可能に~
ニュース 2022.01.15

採用管理システム「sonar ATS」、対話型AI面接サービス「SHaiN」とAPI連携を開始 ~「SHaiN」の面接情報を「sonar ATS」で確認・管理が可能に~

採用管理システム「sonar ATS」、対話型AI面接サービス「SHaiN」とAPI連携を開始 ~「SHaiN」の面接情報を「sonar ATS」で確認・管理が可能に~

3行で言うと…採用管理システム「sonar ATS」は、株式会社タレントアンドアセスメントが提供する対話型AI面接サービス「SHaiN」とのAPI連携を開始しました。
Thinkings株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉田 崇)が提供する採用管理システム「sonar ATS」は、株式会社タレントアンドアセスメント(所在地:東京都港区、代表取締役:山﨑 俊明)が提供する対話型AI面接サービス「SHaiN」とのAPI連携を開始しました。これにより「SHaiN」で実施した面接の進捗や結果を、「sonar ATS」上でリアルタイムに確認・管理ができるようになります。

■「sonar ATS」と「SHaiN」のAPI連携 概要
「sonar ATS」と「SHaiN」のAPI連携は、「sonar ATS Developers」第2弾として公開したWeb検査ツール向けAPIを利用したシステム連携です。
「SHaiN」はスマートフォンを利用し、24時間365日いつでもどこでも面接を可能にする対話型AI面接サービスです。今回のAPI連携により、採用担当者は「SHaiN」の受検案内メール、応募者のステータス確認、面接評価レポートの確認およびダウンロードを「sonar ATS」の管理画面上で完結できるようになります※1。また、面接を受けていない応募者へのリマインドを、「sonar ATS」から適切なタイミングで自動連絡できます。

これまで応募者は「SHaiN」から受検案内を受け取っていましたが、今回のAPI連携によって「sonar ATS」マイページ内から直接「SHaiN」の面接ができるようになるため※2、受検のハードルが下がり、歩留まりの向上につながります。

※1 SHaiN受検時の動画・音声データは、SHaiN受検者管理システムからの確認のみとなります。
※2「sonar ATS」で案内した各適性検査の受検用URLからアクセスすることで、応募者は各適性検査ツールへのログイン作業を省略することが可能です。

■API連携の背景:オンラインの採用活動において、定量的に可視化できる面接を数多く実施したい
コロナ禍を背景としたオンライン採用活動により、「エントリー者が増えた」という現象が起きた一方で、選考・内定辞退者も増加する傾向が見られています。辞退者を少なくするためには、応募者のことを様々な方法で「知り」「見極め」「グリップする」ことがより重要となります。企業側は一人ひとりの応募者としっかり向き合いたいとの思いがあるものの、現実的には、物理的に評価者(=面接官)を増やせない、増やしても面接スキルなどの違いによる評価のバラつきが起きてしまい、面接の質が低下してしまう、という声も上がっています。

「SHaiN」は面接で統一された基準に基づく評価ができる、客観的かつ定量的な視点で応募者を可視化できるツールです。企業毎に設定できる質問、対話型AIとの問答から得られた面接時の回答内容もテキスト化され、採用担当者・応募者ともに負担が少なく、必要な情報を複数の評価者と共有することができます。また、採用後の人事配置やアセスメントなどのピープルアナリティクスにも活用できます。今回、「sonar ATS」および「SHaiN」ユーザーからのシステム連携要望の声もあったことからAPI連携が実現しました。

 当社が掲げる「採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。」というビジョンの実現に向けて、今後も多くの企業の採用課題を解決できるよう、サービス向上に努めてまいります。

■API情報をまとめた開発者向けサービス「sonar ATS Developers」
現在、「sonar ATS」は求人媒体、Web検査ツールを対象にAPIを公開しており、各サービスは「sonar ATS」へ応募者情報を連携する機能を開発できます。今後も採用業務に関わるツールを対象にしたAPI公開を予定しています。
2020年12月22日:採用管理システム「sonar ATS」、Web検査ツールを対象にAPIを公開
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000055762.html
「sonar ATS」連携サービス一覧:https://sonar-ats.jp/function/cooperation/

■対話型AI面接サービス「SHaiN」について
対話型AI面接サービス「SHaiN」は、タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに人間の代わりにAIが採用面接を行うことで、人間が行う面接で課題視されてきた評価のばらつきが改善され、採用基準の統一、先入観のない公平公正な選考を実現します。これまでも「遠隔地受検者への面接機会の提供」「面接評価レポートの有効活用」「採用担当者や面接官の面接工数の削減」といった部分が評価され、2021年11月末日時点で330社以上の企業様にご利用いただいております。
タレントアンドアセスメントではSHaiNを通じて、学歴や性別、国籍に関係なく公平公正に評価される時代への一歩として、持続可能な開発目標SDGsの「ジェンダー平等を実現しよう」「人や国の不平等をなくそう」を推進しています。
対話型AI面接サービス「SHaiN」サービスサイト:https://shain-ai.jp/

■採用管理システム「sonar ATS」について
採用管理システム「sonar ATS」は 、ソフトバンク、ニトリ、NTTデータなど900社以上※に利用されている採用の成功のために開発された採用管理システムです。各就職ナビやイベントなど、全ての応募経路からのデータを一元管理し、直感的なユーザーインターフェースにより、応募者へのLINE連絡や状況の分析、さらに応募者への効果的な動機形成を図ることができます。通年採用化に伴う、年度に縛られない採用管理にも活用可能です。「採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。」というビジョンのもと、採用担当者を支援しています。※2021年8月時点
「sonar ATS」サービスサイト:https://sonar-ats.jp/
「sonar」ブランドサイト:https://brand.sonar-ats.jp/

■株式会社タレントアンドアセスメントについて
会社名 :株式会社タレントアンドアセスメント
代表者 :代表取締役 山﨑 俊明
創業   :2014年10月
所在地 :東京都港区虎ノ門 4-1-1神谷町トラストタワー23F
URL   :https://www.taleasse.co.jp/
事業内容:AI面接サービスSHaiNを主軸とした戦略採用コンサルティング事業の展開

■Thinkings株式会社について
会社名 : Thinkings株式会社
代表者 : 代表取締役社長 吉田 崇
設立   : 2020年1月
所在地 : 東京都中央区日本橋本町4-8-16 KDX新日本橋駅前ビル5階
URL   : https://www.thinkings.co.jp
事業内容:新卒・中途採用向け採用管理システムを主軸とするHRTech事業、及び、多様なHRサービスを総合的に購買・導入支援するマーケットプレイス事業

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

誇りまみれで世界を変える2月1日、「おそうじ革命」がリブランディングをスタート!

関西圏の12大学の頂点を決めるピッチコンテスト【KANSAI STUDENTS PITCH Grand Prix 2022】開催!

採用管理システム「sonar ATS」、導入社数が1000社を突破!~1000社目の株式会社トリドールホールディングス様に記念クリスタルを贈呈~

スマートホームオフィスブランド『PAXTON』働く人のために開発された「仕事用ゲーミングチェア」を発売!

採用管理システム「sonar ATS」、12,000 社以上の導入実績を誇る 適性検査「CUBIC for WEB」と API の本格連携を開始

Job総研『2022年 バレンタイン実態調査』を実施

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【関西の若手起業家向け】IPO経験者に聞く、事業成長に向けた本気の少人数トーク会参加者募集のご案内

採用管理システム「sonar ATS」、Web 面接・録画面接システム 「インタビューメーカー」の「録画面接機能」との API 連携が決定

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK