スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /大阪・関西のスタートアップ・エコシステム形成加速に向けてウェブサイトをリニューアル
ニュース 2022.03.24

大阪・関西のスタートアップ・エコシステム形成加速に向けてウェブサイトをリニューアル

大阪・関西のスタートアップ・エコシステム形成加速に向けてウェブサイトをリニューアル

3行で言うと…大阪イノベーションハブは、大阪のスタートアップ・エコシステムの形成加速にむけてウェブサイトをリニューアルし、スタートアップビジネス関係者の「知」を体系的に網羅した情報発信ポータルを開設しました。
大阪・関西におけるグローバルイノベーション創出支援と、スタートアップ・エコシステムの構築をミッションとする大阪イノベーションハブ(OIH)は、2022年2月28日、大阪のスタートアップ・エコシステムの形成加速に向けて、ウェブサイトをリニューアルしました。

■「大阪スタートアップ支援ポータルサイト」URL

TOPページ


※サイトリニューアルに伴い、ご利用のブラウザ上に以前のサイト情報が残っていると、旧サイトのデザインで表示されたり、表示崩れが発生する場合がございます。その場合キャッシュ情報を削除いただきますようお願いいたします。

■「大阪スタートアップ支援ポータルサイト」開設の背景
2013年に大阪市が、大阪・関西から起業家を育て、その起業家たちが次の成功者を生む好循環(イノベーション・エコシステム)の構築を目的に「大阪イノベーションハブ(OIH)」を開設しました。そして2019年には、大阪府、大阪市、堺市、大阪産業局、経済団体、大学等が連携し、大阪にグローバルに展開するスタートアップが継続的に輩出される環境(スタートアップ・エコシステム)の構築を目的に「大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム」を設立しました。

この「大阪スタートアップ支援ポータルサイト」は、大阪、京都、ひょうご・神戸の各コンソーシアムが、2020年に内閣府が進める「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」のグローバル拠点都市のひとつとして選定されたことを受けて、上述の2つの組織による発信情報を体系的に集約しリニューアルオープンするものです。

大阪では、2024年のうめきた2期地区開発の先行まちびらきや、2025年の大阪・関西万博に向けて、世界から人・モノ・投資・技術が集まり、これらが有機的につながることで、スタートアップにビジネスチャンスをもたらし始めています。大阪・関西のスタートアップに関係する皆さま(国内外の起業家・投資家・アカデミア・メディア等)が、ビジネスチャンスを掴むためのポータルとして本サイトを活用いただけますと幸いです。引き続きコンテンツの充実に取り組むとともに積極的な情報発信をおこなってまいります。

■サイトのポイント
・情報の探しやすさ
目的の情報にスムーズにたどり着けるよう、サポート機能を設けています。具体的には、トップページのプルダウンメニューから、ご自身の立場と知りたい内容を選択いただくと、関連性の高いコンテンツが表示され、必要な情報にアクセスしやすい仕組みとなっています。
・体系的により充実させたコンテンツ
スタートアップビジネス関係者の「知」を広く深く網羅するための情報を掲載しています。具体的には、大阪スタートアップ・エコシステムの活動をはじめ、今後大阪で予定されているビッグプロジェクトの最新情報など。そして、スタートアップの支援施策や支援施設マップ。さらには、経済団体や大企業との連携に関する情報に至るまで、イノベーションの創出やスタートアップ支援に必要な最新情報を掲載しています。

■大阪イノベーションハブ(OIH) について※1
大阪イノベーションハブは、世界に挑戦する起業家や技術者が集まるイノベーション創出拠点です。「大阪から世界へ」をテーマに、新事業の創出やスケールアップにつながるイベントを開催しています。また多様な人、企業、アイデアの交流のハブとなり、コミュニティの形成やビジネスプランの事業化もサポートしています。京都・神戸とも連携しながら、大阪・関西において起業家を生み、育て、成功者にし、成功者が次の成功者を生む好循環(イノベーション・エコシステム)の構築を進めています。

■大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム※2
大阪・関西の中心部の集積を活かし、世界トップクラスのスタートアップ・エコシステム拠点都市の形成を目的として設立されました。大阪府、大阪市、企業、経済団体および大阪産業局が連携してスタートアップを支援し、グローバルに活躍するスタートアップが連続的に輩出される環境を構築していきます。2020年に、内閣府が進める「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」のグローバル拠点都市のひとつとして、大阪が、京都、ひょうご・神戸の各コンソーシアムとともに選定されたことを受けて、今後は国の支援も得ながらライフサイエンス分野をはじめ、幅広くスタートアップ・エコシステムの構築を進めていきます。

※1、※2 大阪イノベーションハブ(OIH)に関連する事業と、大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアムの事務局運営は、ともに公益財団法人大阪産業局が実施しています。

■公益財団法人大阪産業局について
2019年4月、公益財団法人大阪産業振興機構と公益財団法人大阪市都市型産業振興センターの合併により、公益財団法人大阪産業局が設立。大阪経済の発展をめざし、大阪の中小企業などの経営力強化や創業支援などの事業を通じて健全な事業創出や育成を図り、活力ある大阪経済の発展に寄与することを目的にしています。大阪産業局では「大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム」事務局を担っており、大阪・関西の中心部の集積を活かして、シーズからレイター時期までのシームレスな支援環境の構築・強化に取り組んでいます。また、未来を創造する起業家や技術者があつまるイノベーション拠点である「大阪イノベーションハブ(OIH)」の運営も行ない、起業家の支援、新事業の創出、スケールアップにつながる数多くのイベントやセミナーを開催しています。

大阪産業局 ホームページ:https://www.obda.or.jp/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

誇りまみれで世界を変える2月1日、「おそうじ革命」がリブランディングをスタート!

関西圏の12大学の頂点を決めるピッチコンテスト【KANSAI STUDENTS PITCH Grand Prix 2022】開催!

採用管理システム「sonar ATS」、導入社数が1000社を突破!~1000社目の株式会社トリドールホールディングス様に記念クリスタルを贈呈~

スマートホームオフィスブランド『PAXTON』働く人のために開発された「仕事用ゲーミングチェア」を発売!

Job総研『2022年 バレンタイン実態調査』を実施

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【News Release】2022年度『ベストベンチャー100』に初選出!オンラインスクール「デイトラ」SNSでの影響力や幅広い商品力、利用者への効率的な フォロー力を組み合わせるビジネス展開が評価~

【関西の若手起業家向け】IPO経験者に聞く、事業成長に向けた本気の少人数トーク会参加者募集のご案内

採用管理システム「sonar ATS」、Web 面接・録画面接システム 「インタビューメーカー」の「録画面接機能」との API 連携が決定

キャリア相談・転職エージェント最前線の3人が語る 「ワーママ転職成功のカギ」 2/24(木)21:30~

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK