スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /動画・CG・VR等の映像クリエイターを支援するVook、2億円の資金調達を実施
ニュース 2022.03.24

動画・CG・VR等の映像クリエイターを支援するVook、2億円の資金調達を実施

動画・CG・VR等の映像クリエイターを支援するVook、2億円の資金調達を実施

3行で言うと…動画・CG・VR等の映像クリエイターを支援するVook、2億円の資金調達を実施。メタバース等の新技術対応人材の増加・強化に向け事業展開を加速
 映像クリエイターの学び・仕事・繋がりをサポートする株式会社Vook(所在地:東京都渋谷区渋谷、代表取締役:岡本俊太郎、URL:https://vook.co.jp/)は、みずほキャピタル株式会社、フィンテック グローバル株式会社ほか個人投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額2億円の資金調達を実施したことをお知らせします。
 今回調達した資金は、映像スクール『Vook School』におけるメタバースコース等の新カリキュラム開発、Vook独自の映像クリエイターデータベースの構築、データ活用によるマーケティング強化、人材採用等に活用していく予定です。今後、メタバースをはじめとした新技術の映像制作に対応するサービス展開をさらに加速していきます。

■資金調達の背景/急拡大する映像産業と、映像制作者のニーズ

 近年、テクノロジーの進化により映像産業は急激な成長を続けており、既に大きな市場を持つインターネット動画広告は2021年の3,889億円から2024年には6,856億円にまで伸びる(※)と予測されています。テレビやCMなどを含む既存の市場のみでなく、Web動画やYouTube、TikTok等のSNS、Netflixなどの世界を市場としたオンラインコンテンツ、デジタルサイネージ、VRやAR、メタバースなど新たな市場も次々に生まれ、伸長しています。また、プレゼンテーション・IRにおける動画活用を背景にBtoB市場も堅調に伸びており、さまざまなジャンルにおける映像制作ニーズの急増に呼応して、映像制作者も新しい技術に迅速に対応することが求められています。

 一方、この現状に対し、制作を担う映像クリエイターの育成環境や制作環境には多くの課題があります。これらの課題を解決し、映像クリエイターが成長し活躍できる環境を整えてこそ本当の意味で良いコンテンツが生まれるという考えのもと、2016年に当社が運営を開始した国内最大級の映像制作Tipsサイト『Vook』は、今では月間30万人が利用する国内最大級のサービスに成長し、日本の映像クリエイターを支える基盤となっています。さらに2021年にはこの『Vook』をベースに、映像制作者に特化した人材紹介サービス『Vook キャリア』、映像スクール『Vook School』をスタートさせ、映像クリエイターの学び・仕事をサポートする事業を進めています。

 今回の資金調達により、今後は産業の成長スピードに合わせた人材育成を行うべく、『Vook School』を中心にメタバースをはじめとした新たな映像技術に対応する事業展開を加速していきます。具体的には『Vook School』において、2022年から2023年にかけてメタバース、CG、アニメーションコースの開講を予定しています。また、時代に即した映像クリエイターを数多く生み出すエコシステムの実現を目指し、Vookが展開する各事業横断で活用するVook独自の映像クリエイターデータベースの構築、既存事業のマーケティング強化、人材採用等を行い、体制を強化することでそれぞれの事業展開を加速させていきます。

※出典:株式会社サイバーエージェント 2020年国内動画広告の市場調査

■株式会社Vook 代表取締役CEO 岡本 俊太郎のコメント

2012年に創業し、Vookは今年で10周年を迎えました。各投資家の皆様からポテンシャルを評価され、今回の資金調達に至ったことを大変嬉しく思います。

2016年にスタートした『Vook』は、動画、CG、VRなどに特化した機能拡張とアップデートを重ね、今では月間30万人が利用する国内最大級の映像制作Tipsサイトに成長しました。最近ではAIを活用した動画制作サービスも話題になっていますが、現場ではユニークかつ新規性のあるコンテンツが求められていることが多く、撮影など人が介入する映像制作のニーズは今後さらに伸びることが予想されます。

Vookは、日本の映像クリエイターが世界で活躍できる環境を創出するために「人材育成」が重要だと考えています。映像制作者の多くは社会に出てから現場で学び、クリエイター同士が最新の知識やノウハウを共有する場も少なく、スキルアップは個々の独学に委ねられているのが現状です。また、映像制作やCG制作のデジタル化により、エントリーのハードルは下がりましたが、知識や情報の体系化が追いついているとは言えません。新しい技術や映像に関わる市場が次々に生まれていることから、既存の教育機関でも授業のカリキュラムや講師が一定の技術レベルに達していないと学ぶスピードも遅くなります。
そのような課題を解決するため、2021年11月に映像スクール『Vook School』を開校しました。第一弾として開講したビデオグラファーコースでは、既に全国から問い合わせがあり、首都圏以外の受講生も増えている状況です。あわせて、映像クリエイターのキャリア構築や多様な働き方に対応できるよう、映像制作者に特化した人材紹介事業『Vook キャリア』もサービス拡充を進めています。

今後はメタバース等の新技術に対応したコースを新設することに加え、企業と映像クリエイターをつなぐハブとなり、『Vook』の持つメディア機能を核として時代に即したクリエイターを生み育てるエコシステムを構築していく予定です。今回の資金調達を機に、映像クリエイターが育ち、日本のコンテンツ産業を活性化させていくためのさらなる事業加速を行っていきます。

■株式会社Vook(ヴック)について

 「映像クリエイターを無敵に。」をミッションに掲げ、映像クリエイターの学び・仕事・繋がりをサポートし、日本の映像クリエイターが育ち世界で活躍する環境の創出を目指しています。

代表者:代表取締役CEO 岡本俊太郎
所在地:東京都渋谷区渋谷2-22-6 幸和ビル5階
設⽴:2012年1⽉12⽇
事業概要:
国内最大級の映像制作Tipsサイト「Vook(https://vook.vc/)」の運営
映像制作者の人材紹介サービス「Vook キャリア(http://vook.vc/career)」の運営
映像スクール「Vook School(https://vook.vc/school)」の運営
URL:https://vook.co.jp/
採用情報:https://www.notion.so/vookinc/Vook-b9abe2bdf4f14dc39a8b5077ce1be29d

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK