スタートアップのインタビュー1000本以上「スタートアップタイムズ」

HOME/ ニュース /Job総研『23年卒 SNS就活実態調査』を実施
ニュース 2022.05.11

Job総研『23年卒 SNS就活実態調査』を実施

Job総研『23年卒 SNS就活実態調査』を実施

3行で言うと…Job総研による『23年卒 SNS就活実態調査』を実施
就活にSNS活用7割超 メリットとデメリットは?
最も活用されるSNSをランキングで公開
 キャリアや就職・転職全般に関する研究や各種調査を行う機関『Job総研』を運営する株式会社ライボ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:小谷匠 以下「ライボ」)は、2023年卒業の学生男女238人を対象に「SNS就活実態調査」を実施しました。同調査は23年卒就活生のSNS活用状況や、SNSで使用しているツールとその頻度及び就活にどのように活用しているかなどについて調査しました。

就活情報の解禁がされて2週間ほどが経過し23年卒学生の就活も本格始動しました。しかし未だコロナ禍にある日本では、就活のオンライン化が進みSNSを活用する学生も増加傾向にあります。
 Job総研では23年卒学生が就活にSNSをどの程度活用していて、何を目的にどのような情報を得ているのか、また最も活用しているSNSやその活用頻度とメリットデメリットを調査した「SNS就活実態調査」を実施しました。

【調査概要】
調査対象者     :全国 / 男女 
調査条件      :2023年卒業の学生
調査期間      :2022年3月2日~3月8日
サンプル数     :238人
調査方法      :インターネット調査

【TOPICS】
・75.2%が就活にSNSを活用していると回答
・就活で最も活用されているSNSはTwitterが最多
・43.3%が1日1〜3時間SNSを使用していると回答
・就活生の55.0%がSNS活用でデメリットを感じている

【SNS活用率とSNSからのエントリー】
 就活でのSNS活用有無については75.2%が「活用している」と回答し、活用していないと回答したいのは24.8%という回答結果になりました。
 また、34.9%の人がSNSの情報から企業エントリーした経験があると回答し、65.1%の人がないと回答しました。

【SNSを活用する理由】
 就活にSNSを活用する理由については「企業ページや公式アカウントを閲覧するため」が52.5%と最多回答で、次いで「就活仲間と情報交換をするため」が48.6%、「企業の最新情報を得るため」が46.9%と上位3つの回答結果になりました。

【就活で使用されるSNSは?】
 就活で使われているSNSの1位はTwitter(71.7%)、2位はLINE(66.1%)、3位はYouTube(47.2%)、4位はInstagram(45.0%)、5位はnote(5.0%)という結果になりました。
 6位には、TikTok(3.9%)を利用している人もいるため、様々なSNSを利用して情報を収集していることが分かりました。

【1日の使用時間】
「1日にSNSをどのくらいの頻度で使用するか」については、「1〜3時間」が43.3%と最多回答で、「4〜6時間」が23.5%という回答結果になりました。

【SNS活用の見直しについて】
 就活でSNS活用の見直しをしたこと経験」についてき聞くと、「見直したことがある」と答えた人が35.3%、「見直したことがない・アカウントも持っていない」と答えた人が64.7%という結果になりました。「ある」と回答した方は、「見られたくないアカウントに鍵をかけた」が15.1%、「特定されないように別のアカウントを作成した」が12.2%、「SNSのアカウント名を実名から仮名に変えた」が3.8%という結果になりました。

【SNS活用のデメリット】
 SNS活用についてデメリットを感じていると回答したのは55.0%で半数以上が占めました。またその理由については、「就活情報の偏りがあるため」が51.6%で最多回答になり、次いで、「情報過多で意思決定が難しくなるため」が39.1%、「する必要がないまたは利益がないと考える」が28.1%といった回答結果になりました。

■詳細は下記にまとめていますのでご確認ください
「就活生の75.2%がSNSを活用!活用しているSNSランキングも」
https://job-q.me/articles/13460

【SNS就活実態調査 報告書】
報告書では回答者の属性や回答結果の詳細および回答者コメントなどもより詳細にご確認いただけます。
https://job-q.me/articles/13462

【(※1)Job総研について】
 Job総研は就職・転職やキャリア全般に関する研究や各種調査の実施により、市場の現状と未来を分析し、社会へ発信することで就転職関連市場に貢献する事を目的とし立ち上げられました。
 就職・転職・働き方・ランキング・働く女性など多数のジャンルで信頼できる情報を発信していくことにより、就転職活動に役立てていただくことや、キャリアに関する不安や悩みを解決する一助として”個が活躍する社会により良い選択の機会”を提供し就転職市場に貢献してまいります。

【JobQについて】
 「あなたが知りたい”働く”は誰かが知っている」をコンセプトに運営するJobQの累計登録者数は30万人を超え、キャリアや転職に関する情報交換と相談ができるサービスです。具体的な企業名を検索して、現役社員や元社員による口コミだけではなく、仕事全般に関する悩みや就職・転職への不安など漠然とした内容も含まれ、匿名によるユーザ同士でコミュニケーションを取りながら、より良い選択をつくる場になっています。

【会社概要】
会社名        :株式会社ライボ
設立         :2015年2月3日
代表取締役      :小谷 匠
所在地        :〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目19-9第一暁ビル3階
事業内容       :キャリアや転職に特化した匿名相談サービス「JobQ」の企画・開発・運営
グループ会社     :2019年3月1日 パーソルキャリア株式会社にグループイン
ホームページ     :https://laibo.jp/
JobQ        :https://job-q.me/

サイトへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新記事をお届けします
この記事をシェアする

あなたにおすすめの記事

収集品の共同保有プラットフォーム「alty(オルティ)」、 コレクター間取引機能やウォレット機能等をリリース

DX推進における統合管理ソリューション「INTEGRATION」をリリース

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

入札市場の発展、拡大に貢献した自治体を表彰する 「NJSS 入札Award 2022」が開催  大賞は、秋田県庁、京都市役所

「ミライノピッチ2022」予選通過者10名が決定!情報通信分野で輝くビジネスモデルをキャッチ

エビソル、飲食店向けインバウンドに関するアンケート調査結果を発表 インバウンド規制緩和から1ヶ月、飲食店の半数以上が客足が増加していると回答

M&A総合研究所が「上場企業M&A動向レポート【2021年6月〜9月版】」を発表 〜「メディア」関連企業を対象としたM&A(買収)が前期比2倍に増加〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」、HubSpot連携機能をリリース 〜申し込みから参加ログ、アンケートまでの全ての情報を自動で反映〜

HRサービスのマーケットプレイス「sonar store」運営のThinkingsと、 HRサービス企業17社が、“採用を、変えよう。プロジェクト”を始動!

さあ、
Startup Times から
発信しよう。

30分で取材

掲載無料

原稿確認OK